« 『ラブ・アクチュアリー』をレンタル | トップページ | バナーの模様替え/バスケットボール »

2004年8月17日 (火)

『ドリーム・キャッチャー』をレンタル

なかなか手が出せなかった(=いつでもいいや的)作品だったんですが、夏休みだからかな・・・結構レンタル中の札が多く、選択肢に困った為、ついに手が伸びてしまいました。

大学助教授のジョーンジー、精神分析医のヘンリー、
車のセールスマンのピート、大工のビーヴァー の幼なじみ4人組は、年に一度、山小屋に集まって旧交を温めている。
思い出話に花を咲かせ、もう一人の幼なじみ・ダディッツに思いを馳せる4人だが、森の迷い人・リックによって事態が変わる。
雪降る山の中で迷っていた彼を介抱するジョーンジーとビーヴァーだが、様子がどうもおかしい。
具合が悪く、トイレにこもったリックを心配して見にいくと、そこには・・・

「うわっ」と声に出す程、怖くて嫌な映像が出てきたりします。(>_<)

以前、予告を見た限りの印象では、
ホラーっぽいサスペンスでしたが、見てみると・・・・・・違うんです!
サスペンスっていうか・・・なんと、あっち方面へ展開する作品だったのでした!!

「あっち方面」で済ませるべきか・・・・・・いや、言っちゃおう。

この前レンタルした『サイン』と同じく、宇宙人襲来のお話でした。
タイトルのイメージといい、まさか宇宙人が登場するとは思わなかったー!

(タイトルのドリーム・キャッチャーとは、悪夢除けのお守りだそうです。だから・・・まさか宇宙人が出てくるとは思わなかったなぁ。)
 
わたし的には、ここでガックリしてしまうところですが、
妙にハマってしまったのです。(=面白かった)

4人組が宇宙人に襲われる所からハマってしまったのですが、そこに至るまでに1時間ほど時間がありまして、それまでは・・・眠りを誘う流れでウトウトと寝てしまいました。
不思議な力を持つ幼なじみ4人組の事を少年時代から説明してるので、途中からだと話がハテナすぎ!
・・・巻き戻して、見ましたですよ。^^;)

宇宙人退治する為に、軍隊が出動するのですが、
色んな映画で役的に「良い」イメージの強いモーガン・フリーマンが大佐役(ちょっと悪役寄り)で登場します。

この大佐、25年も宇宙人退治に専念してきたということで、かなりお疲れのご様子・・・幼なじみ4人組の一人・ジョーンジーの身体が宇宙人に乗っ取られた事を知ってから、だんだん暴走してくるのです。

不気味な宇宙人ミスター・グレイ(と、そのペット)、軍隊サイド、幼なじみ4人組と、この物語のキーマンであるダディッツが絡み合って、ハラハラした展開になります。

最後の最後・・・あの“ちびっこいの”にまで興奮してしまいましたよ。
ラストを迎えた最後には両腕を上げ、

「アイ,ダディッツ!」

と(心の中で)叫んでしまいました。^^;
(見終わった後の伸び・・・ストレッチもしたかったので)

多分、ダメな人には強烈に「out」かもしれない・・・
でも私にとっては「in」的映画。

・・・雨降りの日に見るミミズで、この映画のこと、思い出すかもしれない。(>_<)

***************************

この感想を最後まで読んだ方は、チンプンカンプンになったかも。
(文才なくって、スミマセンです)

説明補足の為、以下のリンクをご参照下さい。

ドリーム・キャッチャー公式HP

 または・・・

作品をレンタルなどして見てみて下され。(笑)



|

« 『ラブ・アクチュアリー』をレンタル | トップページ | バナーの模様替え/バスケットボール »

コメント

スティーブン・キングの映像化は大抵ガックシなのですが
必ず観てしまいます(良いのもありますからね)。
当然コレも観たのですが「う~ん、やっぱり」な感想
でも、「アイ,ダディッツ!」で全て良しという感じ(笑)

投稿: だにい | 2004年8月18日 (水) 17:29

だにいさんは「out」寄りだったようですね。(笑)

振り返ってみると色々と「あれ?」と思ったりして、大事そうな部分がいくつか流されたまま終わってしまったかと思うんですが、、、それでも、わたし的には面白かったデス。(真剣に見なかったせいかな?(笑))

投稿: aju | 2004年8月18日 (水) 22:38

『サイン』もそうでしたが、確かに『ドリームキャッチャー』も観る前と後では全然印象の変わる作品ですよね。
事件の真相が明かされるまでは、単調でローカルなシナリオを
タップリと描写して。視聴者を完全にアットホームな雰囲気
に浸らせることで、あの“いきなりビックリ”効果が出るんだ
と思います。
個人的には、幼なじみ4人組の使う“変な力”がこの作品をB級に貶めていると思ってますが(笑)、原作もしっかりしているので、“作品”としては優等生ですね。
ちゃんと娯楽作品として勧められる映画だと思います♪
・・トイレが一番怖かった。。

投稿: さくぞう | 2004年8月19日 (木) 11:24

さくぞうさん、こんばんは!
ホント、トイレのシーンは怖かったですよね。

あの4人の“力”って、必要あったのかなぁ?と思ったりもしました。
これが無いと話が進まないでしょうけど、無くっても最後は最後でカタついてしまうし・・・
(原作は読んでないので、こんな風に思っちゃいました。)

2時間じゃまとまらなかったのかもしれませんが、ダディッツやミスター・グレイ&そのペット(?)の事も詳しく知りたかったなぁ・・・

投稿: aju | 2004年8月20日 (金) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/1214572

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドリーム・キャッチャー』をレンタル:

« 『ラブ・アクチュアリー』をレンタル | トップページ | バナーの模様替え/バスケットボール »