« 試写会当選にまつわるジンクス | トップページ | 『24シーズンⅡ 7・8・9巻』をレンタル »

2004年8月29日 (日)

『ターンレフト・ターンライト(向左走・向右走)』試写

雨の中、本日この試写会に参加してきました。

tltr

おっちょこちょいな女性翻訳家(ジジ・リョン)と
シャイなバイオリニスト(金城武)の恋愛コメディ。
何だか・・・とても可愛らしい映画でした。

頂いたチラシのキャッチフレーズなどを引用しながら、感想を・・・


 ■運命の二人なら僕らはもう、街のどこかですれ違ってる■

時にはむず痒くなるほど、すれ違いが沢山あります。
「ウォーリーを探せ」チックなすれ違いも・・・(笑)

ついに出会う事が出来た公園シーン、『ラブ・アクチュアリー』のあの作家とメイドのエピソードのような光景が・・・
彼女の慌てっぷりと、近くで見ている傍観者(親子)のセリフに「ウフッ」と笑みがこぼれてしまいました。

その後、運命のイタズラで互いを見つけられず、離れ離れがずっと続きます。
強くお互いを想いながらもまた、色々なすれ違いをしてしまうんですよね・・・

それにはイライラさせられたり、ちょっとせつなくなる所もあったり、お互いの「番号」を叫びながらお互いを探す姿にはウルウル気味になりました。


■ベストセラー絵本の映画化■

アジア各国からアメリカ、ヨーロッパ・・・世界12カ国でブームを巻き起こした大人の為の絵本「君のいる場所」を映画化。
「とても可愛らしい映画」と思ったのは、この絵本が元となってるからなんでしょうね。
台湾の絵本作家・ジミー(幾米)のこの絵本、チェックしたくなりました。

■キャスト■

主演は、金城武ジジ・リョン
この「運命の2人」に絡んでいくのが、結構強烈なキャラクターの2人
モロ師岡に似てる医者(エドマンド・チェン)が“彼女”を執拗に追いかけ、鼻っ柱の強い食堂の女の子(テリー・クワン)が“彼”を同じく執拗に追い掛け回します。

この邪魔者2人が余計、彼と彼女の距離を遠ざけたり、近づけたり・・・・・・この2人には色々と笑わせてもらいました!!

この医者、かなり濃ゆい役柄なんですが、とても笑えます。


■運命の不思議を信じる人へ■

このキャッチフレーズの、信じる・信じないはともかく・・・(笑)
ラストシーンに「何でこんな事が発生するの?!」と思いきや、
「あー!こうなるのね」とウマい具合な“運命の不思議”を見せてくれます。・・・笑っちゃったケド
すれ違いを含めて色々な運命の不思議?を見せてくれますが、(鼻で笑う人もいると思うけど)私は面白く観させてもらいましたよ。

------

えーっと、ワタクシ・・・
『恋する惑星』でドッカン!と衝撃走る程にホレてしまって以来、金城武が好きなんです。
が、しかし『不夜城』以来、映画は観てなかったので・・・久々の金城映画でした。

最初は彼目的で・・・・・・で、まったく内容に期待をしてなかったけど、意外にもなかなか楽しく&面白く、時にはちょっぴりホロリと観させてもらいました。

先日の『マレーナ』でのモヤモヤを払拭させてくれるような、ほのぼの&可愛い映画でした。

金城武目的だけでもお宝映像が沢山あったりして。
今回は可愛い彼が沢山見れます♪

------

「今秋 新宿シネマミラノにて ロードショー」 だそうです。
(え?新宿だけかいっ?!)

配給:ワーナーブラザース 
公式HPは コチラ です。

------

【2004.8.29 イイノホールにて試写】





|

« 試写会当選にまつわるジンクス | トップページ | 『24シーズンⅡ 7・8・9巻』をレンタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/1308788

この記事へのトラックバック一覧です: 『ターンレフト・ターンライト(向左走・向右走)』試写:

« 試写会当選にまつわるジンクス | トップページ | 『24シーズンⅡ 7・8・9巻』をレンタル »