« お知らせ | トップページ | 『ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決』をレンタル »

2005年1月24日 (月)

『カンフーハッスル』を観る

目立つ所から事細かい所まで、「ありえねー!」の連続だったオモシロ可笑しい作品。
001


原題:功夫 (KungFu Hustle)

公式HP→カンフーハッスル

いやいや・・・笑わせてもらいました。
漫画チックで、少林サッカーのような不思議ワールドをまたまた見せてくれました。そして、「ありえねー」的アクションシーンも沢山。(笑)

あらすじを全く知らずに観たので、ちょっと最初は何だか良く分からなかった上、「間違えたか?」とさえ思ってしまったけれど、あの不思議ワールドにいつの間にか取り込まれ、飽きることなく観ちゃいました。

ただ、お下劣なシーンや、惨い&痛いシーンもあって、「うわ・・・」と思う所も沢山あります。
いつもそういうシーンには目をそらしたり、気分が急下降してしまう私なのに、それは片隅に置いといて、楽しんじゃいました!

だってだって・・・
「ありえねー!」づくしで可笑しいったらないんですもん

追いかけっこをして、壁に衝突したオバサンのブラジャー・・・
何でそれだけが宙にヒラヒラと舞ってるんでしょ。
ヘビに唇を奪われた主人公が超タラコ唇になるけれど、
すぐに回復しちゃったり。
空高く飛んだ先に見えたのは、お釈迦様の形をした白い雲・・・
などなど、めくるめく変テコな世界がてんこ盛りでした。

普段は周りの変な笑い声を気にする私が一緒になって笑ってしまうし・・・単純に楽しんでしまいました。

それから、「ありえねー」すぎる登場人物のクセのありすぎること!
私が気に入ったのは、
気弱なオカマっぽい仕立て屋のおじさん(実はカンフーの達人)と、
大家のおばさん(実は伝説の達人)。

フツーの・・・というか、出来れば近寄りたくない感じの疲れたヨレヨレのおじさん達(複数人)が、実はカンフーの達人だったっていう設定がすごくツボでした。
最強のガマ拳法のオジサンも変・・・だけど強すぎ!で、可笑しかったー。

あと、チャウ・シンチーってば、なんだかズルイ。
あのサラサラヘアっぷりと、最後に美味しい所を持っていってしまう
姿(←監督&主演ってことでしょうがないけれど)を見て、
私は惚れそうになりました

登場人物は、冴えないオジサンばかりが目立って、よさげな人がほとんどいない環境なんですもん・・・必要以上にカッコ良く見えちゃいましたよ。(笑)

たまにはこんな映画を見て、単純に「ありえねー」と思いながら、笑っちゃうってのもイイもんです。
人によっては逆にストレス溜まってしまうかもしれないけど・・・わたし的にはストレス解消出来ました。(笑)


|

« お知らせ | トップページ | 『ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決』をレンタル »

コメント

ajuさんこんにちはっ。
アハハ、このトップびっくりしましたよ~^^
でもステキ☆

あらら!?
ajuさんまだチャウ・シンチーに惚れていないんですか??
抵抗してもムダですよおお~

でもほんと彼ってズルイですよね!
かっこいい人出さないんだものー。

私、少林サッカーが大好きでDVDもほしいぐらいなんですけど、そういう人ならカンフーハッスルはまれそうですか?
「ありえねー!」って叫んでストレス発散したいです。

投稿: ピッピ | 2005年1月24日 (月) 23:15

す、すごい〜!!
いきなりチャウ・シンチーが・・・(曝)
ajuさんの気合いを感じましたよ〜!!
この映画は、何というか食べ物に例えると、
匂いが強いけどおいしいので、
1度食べると癖になるって感じでしょうか?(笑)
TB&コメントありがとうございます。

投稿: ルナ(cinema-can) | 2005年1月24日 (月) 23:47

毒蛇にやられて、唇がプルプルするシーンは大笑いしてしまいました(汗)あのシーンが私は一番好きです。
ちなみに斧頭会の手下の中にいい男がいました。
私は目を皿のようにして探しちゃいましたよっ!

投稿: chishi | 2005年1月24日 (月) 23:54

>ピッピさん
あーっ、ご無沙汰しております~
いきなり変えちゃったから、ビックリされたでしょ。(笑)
ナント!ピッピさんは既に彼のトリコだったんですかー
私はもう一つ何かきっかけがないと・・・完全には落ちなそうです~。
少林サッカーよりも描写がキツイ所が色々あるけれど、それ以外では楽しめると思いますよ。
モノは試し・・・映画の日などを利用して観てみてはいかがでしょ?


>ルナさん
気合・・・入れてみました!
しかしながら、このテンプレートって文字とかナニゲに読みづらい気がするので、すぐ元に戻すつ
もりです。^^;
食べ物かぁ・・・と考え巡らしてみたけれど、ズバリな食べ物が浮かばなかったので、急に思いついたのは、「ガード下の小汚い一杯呑み屋」のイメージかな?なんて思ってしまいました。
女の子から見ると立ち寄りがたい雰囲気があるけど、いざ入ってみるとハマってしまった。…みたいな。(笑)
私もズバリ表現できないけれど、ルナさんの言いたい事は分かります~。

こちらこそコメント&TB、どうもありがとうございました!


>chishiさん
唇は凄かったですね。もーあれは、プルンプルンしすぎですっ!(笑)
一晩で回復しちゃう所もビックリでした。

斧グループの手下にそんな人いたんですか!!
うわー、気づかなかったー。残念っ。
これはDVD出たら再チェックしなきゃ。

投票結果、楽しみにしてますね!

投稿: aju | 2005年1月25日 (火) 20:46

こんにちは。TBありがとうございました☆
わたしにもシンチーはもちろん、冴えないおっちゃん達が妙にかっこよく見えてしまいましたよ~。
たまにはこういうおバカ映画もいいなと思いました(´▽`)

投稿: よしづき | 2005年1月28日 (金) 19:18

>よしづきさん
こちらこそ!コメント&TB、どうもありがとうございました。
もう一回観に行きたいくらい気に入ってます。
私もよしづきさんと同じく、おバカ映画ファンとして頑張ります!(笑)

投稿: aju | 2005年1月29日 (土) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/2682232

この記事へのトラックバック一覧です: 『カンフーハッスル』を観る:

» カンフーハッスル [ルナのシネマ缶]
今年最初の映画は、1月1日より公開の 「カンフーハッスル」です。 何なんでしょうねェ〜!! この絵図らの汚さは・・・!!(曝) ちょっとだけ出てくるアイ... [続きを読む]

受信: 2005年1月24日 (月) 23:28

» 映画『カンフーハッスル』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点だとすると何点つけますか? この映画は私が昨年のうちからメチャ楽しみにしていた作品のうちの一つです。 以前観た少林サッカーのお馬鹿さ加減が... [続きを読む]

受信: 2005年1月24日 (月) 23:52

» 映画「カンフーハッスル」 [RAKUGAKI]
面白い---んだけれども展開がベタベタのギトギトでちょっと最後には飽き気味になち [続きを読む]

受信: 2005年1月25日 (火) 20:55

» 「カンフーハッスル」観たんですよ。 [新・あんたの思った通りだよ、諸岡さん]
ちょっと当初の予定がポシャりまして、「カンフーハッスル」とか観てきました。 「少林サッカー」未見のワシが観に行くのはアレですけど。 ホントは「今年最初の... [続きを読む]

受信: 2005年1月26日 (水) 00:50

» カンフーハッスル [サプリメントざくざく。]
今年最初の映画ってことで、カンフーハッスル観てきました。 職場の人達に「観に行ってきますよっ」と言うと、「え〜。ああいうの嫌い」と白い目で見られました(泣 ... [続きを読む]

受信: 2005年1月28日 (金) 19:11

» 映画『カンフーハッスル』貴方は何点?結果報告! [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
いつも『この映画、貴方は何点?』にご協力いただきありがとうございます! 今回の作品、時期的に「2004年最後の映画!」という方や「これが2005年の1本目!」と... [続きを読む]

受信: 2005年3月15日 (火) 00:29

» カンフーハッスル [Dazzling M]
カンフーハッスルを衝動借り 斧持って唐突に踊りだすからなんじゃろな?と思っていたら、斧がシンボルのマフィアなのね エンタテイメントというか、結構笑えた 楽しめるって所でイイ感じの映画 「ありえね〜!」って叫びはワカルw それにしてもシャウシンチーが中途半端 初めっから、話にあまり絡んでない だからアイス屋の女性との話もイマイチに。 最後ムリヤリ綺麗にってとこが強引よぉ カマでマッチョな洋服屋の親父など、サクっとやられる3住人(達人)は もちっと見せ場あってもいいの... [続きを読む]

受信: 2005年9月26日 (月) 18:33

» DVD『カンフーハッスル』 [みかんのReading Diary♪]
カンフーハッスル コレクターズ・エディシ ョン(2004/中国/アメリカ)  生きるためには強くなり悪とならなければならないと信じる負け犬のチンピラ、シン。彼の夢は栄華を誇る冷酷非情なギャング団“斧頭会”に入ること。頼りにならない相棒とコソ泥を繰り返す日々。ある日、ひと仕事するべく貧民街の“豚小屋砦”というアパートに目を付けたシンは、そこで斧頭会の連中と住民たちとのモメ事に遭遇する。なんと住民たちは大勢いた斧頭会の面々を易々とかたづけてしまうのだった。驚いたことに、彼らはかつてカンフーを極め... [続きを読む]

受信: 2005年10月 4日 (火) 21:33

« お知らせ | トップページ | 『ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決』をレンタル »