« 財宝 (九州・鹿児島の温泉水) | トップページ | 『レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード』 »

2005年1月31日 (月)

『ベルヴィル・ランデブー』を観る

最初はついていけなかったが・・・帰る頃にはドップリとハマってしまったフランス発のアニメーション作品!
ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
原題:LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE / 80分

2度目の鑑賞になるお友達から、「アニメはアニメでも宮崎作品と思っちゃダメだよ」と釘を刺されていたのに・・・観始めて暫くの間は、あの独特な不気味ワールドに、ついて行けないほど・・・何が何だか・・・私にとっては結構ショッキング映像だったので、少しパニック状態になりました。

だけどね、だけどですね・・・・・!
あの不気味ワールドに慣れたというか、理解したというか、見てくうちにどんどんどんどん・・・・・・すっごくハマってしまったのです!

観てヨカッターーー!!!

(ベルヴィルの街並や、大嵐の海のシーンとか、もー全部!)
あの映像がステキ。色合いが何とも言えません。お洒落!
音楽もいい!観る前は軽く「いいかも」なんて思ってたけど、いや、ホント良いんです。頭に残りますよ・・・
絵も音楽もさることながら、
(何をさて置き)あのおばあちゃんがヨカッタ!ひたすら・・・連れ去られた孫を探す彼女を見ると、何だかとても癒されます。

こそっと笑える所や笑うに笑えない所も色々あったけれども・・・
エンドロール後のアノ人の登場にはスゴク受けてしまいました。

私の好きなシーン
・3度ほどおばあちゃんがホイッスルを鳴らすシーン。
 とくに3度目のホイッスルはジーンとしました。
・三つ子のおばあさん&おばあちゃんのセッション・シーン 
 (ナゼ?と思った掃除機、新聞紙、冷蔵庫が・・・)

映像がステキでお洒落な映画でも、
ぽっちゃりな孫のビックリな成長ぶり(足がコワイ)、カエル映像(・・・)、三つ子のおばあさん(人食いオババかと思った)などなど見てしまったので、軌道修正するのに時間がかかり、ラストで涙してた周りの人やお友達と同様には到達出来なかったので、もう一度、最初からニュートラルな目で鑑賞したいです。(DVD、チェックします!)

2度観に行った人や、サントラに手が伸びた人、DVDの予約をしようと思ってる人の気持ちがよーーく分かる!
私も同じ気持ちになった・・・

してやられたり!・・・・・見る前→見てる途中→見た後、で、段々と良さが分かった作品でした!
そして、観終わって数日たってる今でも色々な余韻が残ってます。


今月の劇場鑑賞は、私にとって“大当り”ばかり・・・大変満足。


ところで、新宿テアトルタイムズスクエアで一番のベスト席って、どの辺になるんでしょう?
今回初めてコチラでみたのですが、定番的ナイス席(足が伸ばせるスペースのある中央真ん中あたり)で観ていたら、画面のすみを見る時見づらかったです。
後ろあたりがナイス席なのかな・・・?

(タイムズスクエアに行った事のある方、よく良く利用される方へ)
後学の為に、
オススメな座席位置があったら教えてくだされ。<(_ _)>


【ベルヴィル・ランデブー/オフィシャルサイト】
日本版 /   アメリカ版
イギリス版 / フランス版
***壁紙を沢山頂いちゃいました♪***




|

« 財宝 (九州・鹿児島の温泉水) | トップページ | 『レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード』 »

コメント

おはようございます!
この映画、私も気になってたんですよ。
ただ、私は大阪なんですが、今のところ、京都と神戸のみと見事に大阪を避けての上映で、
二の足踏んでます。
ajuさんの記事読んでたら、やっぱり見てみたいなあ・・と思います~
余韻の残る映画っていいですよね。

投稿: uki | 2005年2月 1日 (火) 07:33

>ukiさん
こんばんは!
公式サイトを確認しちゃったんですが、テアトル梅田って、もう終わっちゃってるんですかー?!
あらら・・・残念っ。(>_<)
越境は結構大変ですよね、DVDが出るのを待つとか・・・。
でも、全国色々と上映される劇場が増えてるようなので、もしかしたら大阪へUターンするかも?(勝手な想像ですが^^;)

投稿: aju | 2005年2月 1日 (火) 19:54

TB、ありがとうございます。
やはり自分は、「エンドロール後のアノ人」を観て、この作品は当たりだと思いました。
エンドロールに仕掛けを用意している作品は色々とありますが、「アノ人」を持ち出してくるとは・・・本当に忘れた頃に、というか・・・
ところで、新宿テアトルタイムズスクエアに限らず自分の場合、映画館では真ん中の席には滅多に座りません。大抵、両脇いずれかの通路側で足を投げ出して観ています。

投稿: 哲人30号 | 2005年2月 6日 (日) 00:16

>哲人30号さん
コメントありがとうございます。
アノ人の登場は、ビックリさせられました~
彼の存在も結構ポイントですよね。あの最後の最後で私の興奮度も更に大きくなりました。

結構、皆さん競争するようにど真ん中の席を取るので、真ん中が定番ベスト席かと思ってたんですが、両脇もいいかもしれませんね。(誰も座らないし)
今度、試してみたいと思います!

投稿: aju | 2005年2月 6日 (日) 12:37

ミチミチのzattchiです
コメント、TBありがとうございました
サントラは、輸入盤と国内版があります
HMVに行くとありますよ!
もう、ほんとDVD楽しみです!

投稿: zattchi | 2005年2月11日 (金) 01:51

> zattchiさん
こちらこそTBありがとうございました。
エンディングの字幕で出てましたが、歌詞の意味を知りたかったので、国内盤を購入してしまいました。

投稿: aju | 2005年2月20日 (日) 15:37

ギリギリで間に合いまして(まさに終了一日前!)鑑賞できました。
ちょうど一年前に主題歌と出会ってからだから
本当に長い道のりでしたよ。
今のところ、今年観た作品では一番。
このセンスに脱帽です。
私もエンドロール後のあの人には
ある意味感動しました。
DVD出たら買っちゃいますね〜、絶対に。

投稿: FLUFFY | 2005年2月20日 (日) 23:22

ナントまぁ!
「ビハインド・ザ・サン」に続き、綱渡り的な鑑賞だったのですね。(笑)
でも、ホント見れて良かったですね。
観れなかったら・・・きっと後悔してた筈ですし!(ですよね?)

作品待ちの“1年”って結構長いですよね。
私はチラシを配ってた秋頃から、微かに興味を引いたんですけど、観るまでには至らず・・・友人の誘いと1月のFLUFFYさんのコメントのお陰で、俄然観る気が沸いたのでした。

あ、“あの人”!
全然ノーチェックだっただけに、見た時はホント興奮してしまいました。この人の存在がなかったら、観た後の印象もちょっと変わっていたカモ。

DVD、今から楽しみですよねぇ~。
パッケージも凝った物になりそうと、期待しちゃいます。(^^)

投稿: aju | 2005年2月22日 (火) 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/2762379

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベルヴィル・ランデブー』を観る:

» 【映画:感想】ベルヴィル・ランデブー [読書生活日々徒然。]
公式ページ(雰囲気など知りたい場合はこちらが便利かと) Yahooムービーの紹介 [続きを読む]

受信: 2005年2月 7日 (月) 01:54

» movie [ミチミチ]
「ベルヴィル・ランデブー」見てきました [続きを読む]

受信: 2005年2月 8日 (火) 00:05

» movie [ミチミチ]
「ベルヴィル・ランデブー」見てきました [続きを読む]

受信: 2005年2月 8日 (火) 00:08

» ベルヴィル・ランデブー [befounddead]
LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE (2004年フランス/ベルギー/カナダ) 2005/2/4@テアトルタイムズスクエア アニメ... [続きを読む]

受信: 2005年2月19日 (土) 02:00

» ベルヴィル・ランデブー [CINEMA e MUSICA di FLUFFY]
「ハウル」よりも元気なおばあちゃんの冒険 Le Triplettes de Be [続きを読む]

受信: 2005年2月20日 (日) 23:17

» ベルヴィル・ランデブー [Rohi-ta_site.com]
DVDで、声の出演:ジャン=クロード・ドンダ/ミシェル・ロバン/モニカ・ヴィエガ/製作:ディディエ・ブリュネール/音楽:ブノワ・シャレスト/グラフィックデザイン・絵コンテ・脚本・監督:シルヴァン・ショメ/作品『ベルヴィル・ランデブー』を観ました。 ●ストーリー 戦後間もないフランスの一軒やでマダム・スーザは両親を失った内気な孫のシャンピオンを喜ばせようと 色々な物を買い与えるのだが、シャンピオンはどれにも興味を示そうとしなかった。 そんなある日、マダム・スーザがシャンピオンの部屋..... [続きを読む]

受信: 2006年1月13日 (金) 16:28

» ベルヴィル・ランデブー [39☆SMASH]
今月は結構映画観れそうな気がします。 この作品で7本目。 この調子で映画三昧な生活を続けよう!! 『ベルヴィル・ランデブー』 あらすじ 『戦後まもないフランス。内気で友達のいない孫のシャンピオンに、三輪車を買い与えたおばあちゃん。シャンピオ...... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 16:36

« 財宝 (九州・鹿児島の温泉水) | トップページ | 『レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード』 »