« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月31日 (木)

1ヶ月まるまる・・・

カレンダー全て塗りつぶしました~
やったー!・・・という気分だけど、結構しんどかったです。(笑)
(料金払って、投稿予約できるようにすれば楽でしょうけど、そういう気にもなれなかった)

なんだか今月はまるまるブログばかりやってた感じも・・・。

何度となく思いましたが、毎日更新をされてる方を尊敬しちゃいますね。ホントに。

あーぁ、あと1時間ほどで全部埋まってたカレンダーが消えちゃうんだ・・・と思うと、何を頑張ってたんだろ?なんて思ったり。^^;
自己満足(スッキリ爽快感)の他に、何だか微妙な(不毛な?)感情がモゾモゾうごめいてます。

4月は、3日に1回とか・・・マイペースに更新をしていこうと思ってます。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

『キッチンストーリー』をレンタル

キッチン・ストーリー
原題 : KITCHEN STORIES / 91分 / 2003年

心が温かくなった映画。

ノルウェーの独身おじいさんの所にやってきたスウェーデン人の中年調査員。
家庭研究所の命令で、独身男性の台所での行動パターン(?)の調査の為にやってきます。
一日中台所に居座わり、おじいさんの行動パターンを調査していくんですが、規則により、調査対象と会話してはいけないんですね・・・最初、2人のぎこちなさが醸し出す少々異様な雰囲気をCMで観て、気になってた作品だったんですよね。

そんな感じで始まって、
「プッ」と笑っちゃうような笑いも織り交ぜて、
段々とおじいさんと調査員との間で会話が増えていき、自然と友情が芽生えていくのを見ていて、心が温かくなります。
癒し系な映画ですね・・・。

ただ、淡々としすぎていて、しかもゆっくり進んでいくお話なので、疲れている時に見るとウトウトしちゃいそうです。(笑)

1日中台所で見張っていて、それが何日も続いてく中、その調査相手と全く会話してはいけないという規則は・・・・・・無理がありますよね。
相手や人によるでしょうけど、誰だって同じ空間を共有してる相手だったら、何かしらの興味をもつはず!
それを上司に隠してる姿を見ていて、ちょっとハラハラに近いものを感じて、ラストはどうなるんだろうと心配したけれど、あったか~い感じで終わるので、ちょっと幸せを分けてもらっちゃった感じです。

それから、調査員に興味を持ったおじいさんの行動が可愛かった。
1Fの台所の上にある部屋の床に穴を開けて、調査員を上から観察しちゃうんですね。
最初は怖そうなおじいさんに見えたんですけど、その辺りからちょくちょく「可愛いおじいさんだなぁ~」と思うようになりました。(^^)

ほとんど冬の雪景色のシーンばかりなんですが、
ラストでは春なのか夏なのか・・・雪のないおじいさんの家と色々あっての調査員の姿を見て、微笑まずにはいられませんでした。
・・・ヨカッタ、ヨカッタ。

あ、音楽も良かったなぁ・・・。(^^)




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年3月30日 (水)

『ナショナル・トレジャー』を観る

ホントは『アビエイター』を観ようと思ってたんですが、2日前に上映スケジュールをチェックしていたら、ナント約3時間の長丁場。
次の予定を考えると・・・昼食抜きになってしまうのでツライ。

「アビ」は会社帰りに見る事にして、
代わりにナショナル・トレジャーを観ました。

・・・これも観たいと思っていました!
何てったって冒険モノ。
ハラハラ&ドキドキで楽しそうですもん!(~o~)

で、観てみると、意外や意外・・・インドの山奥やアマゾンの奥地へ行っての大冒険っていうワケではなく、身近な都会の中で、インディ・ジョーンズ的な世界が見れたことにカンドーしてしまいました!

「あぁ・・・私もトレジャーハントしてみたいわぁ」
と、やや本気で思ったり。(笑)

色々と次から次へと出てくる謎を解明していく所も面白かったです。
アメリカの歴史とか細かい所を説明する所は何だか良く分からなかったけれど、そんな事は気にせずアッサリとお気軽に(悩む事なく)観れます。

登場人物的に気に入ったのは、助手のライリー君
名のある宝を目にして言うセリフや、何より脱出用の出口が見つかった時に涙する彼。私も宝の事は何だか良く分からなかったので、一番共感できる役でした。(笑)
(他でも色々笑わせてくれたし)

それから、主人公ベンのお父サマも、すっとぼけていて可愛い。
お父サマも、何だかんだで「ゲイツ家」の一員な所が見れてヨカッタ。(笑)




| | コメント (10) | トラックバック (7)

2005年3月29日 (火)

ココログめ・・・

ここ最近、なんだか使い勝手が悪いんですけど・・・ココログ!!

記事を保存するまで数分かかるし、コメントもなんだかトロトロしてて不安定・・・もー何なのかしらっ、ココログ!!
(TBも出来ない模様・・・)

もぅもぅ・・・こんな状態は久しぶりすぎ。去年の7月以来かも・・・

今日のやるべき事が全然出来なかったわ・・・ココログ!!

今日は早寝しようと思ったのに・・・ココログ!!

もー、3月29日の記事は、こんな愚痴を残して、明日(今日)の晩はパソコンいじるのよしてDVD見ちゃおう。

もー・・・もー・・・ココログ!!
(ajuバイオリズムが悪い位置にある為、イライラ。ココログさんに八つ当たりしてます・・・)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月28日 (月)

『スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD』をレンタル

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD
一時期この作品がバンバン紹介されてた時、ありえないスキージャンプの数々を見て心トキめいたのを、何かの拍子に思い出したので、今さらながら借りてみました。

来年のトリノオリンピックで新競技が導入されたという設定での、この『スキージャンプ・ペア』

ありえないスキージャンプっぷりと、それを実況する茂木さんって方の解説&コメントが可笑しすぎてタマラン!のですっ。

技的には面白くないけれど、ロマンスジャンプを決めたピンク・ペアでの茂木さんのこの↓コメント。

「ロマンロマン・・・
ロイヤルミルクティーーー、ダージリン!!」

(確かこんなコメントでした)

これで一気に爆発して、私はこの世界にハマってしまいました。(笑)

進むごとに大技が色々出てきて、一番凄かったのは“甥っ子”が出てきた所。
これにより、スキージャンプの世界もルール改定されたという伝説の大技に一番ウケた!

ストレス溜まりまくりの現代人に、このDVDは必須アイテムだ!と、豪語しちゃったりして。(笑)

大いに笑って、私もストレス発散させてもらいました。

収録時間が正味20分ほどなので時間だけ見ると物足りないけど、色々と笑わせてくれたので満足です!
「2」も見たいなぁ・・・「2」も。(見るぞ!)

【追記】
・・・この前の記事「ソウ SAW」を見た後、あまりにも考え込みすぎちゃったので、このDVDをもう一回見て心和ませ(笑)ました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月27日 (日)

『SAW ソウ』をレンタル

いてもたってもいられなくなり、思わず立ち上がってしまった作品。^^;
SAW ソウ DTSエディション
原題 : SAW / 103分 / 2004年

ホントに立ち上がって、立ち見しちゃったんですよ。自分の部屋で。^^;;;
凄かったです・・・色々と。
音とか描写とか・・・凄かったし、
どんでん返しや設定なども・・・↑とは別の意味で凄かった。
とにかく色んな意味で凄かったです!

最後の最後まで目が離せないし、ラストを見終えても、また再び見たくなる(確認したくなる)作品です。
と、思いながらも、反面、個人的には劇場で見なくてヨカッタかも・・・と思っております。
(フツーに座ってなんて見てらんないもんね・・・)


感想の途中ですが、あらすじ等はこちらをご参照下さい
SAW ソウ 公式サイト


もぅ・・・最後の最後でドーンと出てきた犯人には、とても衝撃を受けました。
「アバヨ(劇中ではもっと意味アリな言葉)」
と言って去っていく犯人に、ホントにもぅドーン!ときてしまった

犯人の手がかりは、妙に引っかかったシーンで披露されているのに、全然気づかなかったし、「コイツだ!ちくしょー、ラストまで見終えたら、存分に愚痴ってやる!」と思ってたヒトが全然マト外れだったり・・・もー、ホント凄いっ!

犯人については、見終わって色々思った事があります。
作品のテーマ(?)の1つでもあった犯人が口にする「命の大切さ」以外にも思った事があるけれど・・・人の狂気というものは怖い・・・と痛烈に思いました。(ここんとこ、すごく個人的に思う事があるんですが、上手く表現できない・・・)

それはそうと、
この作品を監督したお人って・・・?と思ったら、レンタルDVDの特典に監督のお姿映像が!
なんつーヤング・マンなお人なの?!
と、彼を見てもビックリ。高校生でもありえそうなお姿で、あまりにもお若くてタマゲタ。

セルDVDだと、色々解説とかあるのかなぁ・・・?
細部まで色々と仰天ポイントが沢山ありそうなのが気になる・・・

購入したいと思うレベル(絶賛レベル)くらいなんですが、でも・・・見たその日だけ考えて追求するのは止めて終わらせとこうと思い直したので、こうして、見た後すぐにブログに残しとこうと思いました。(見てすぐブログに感想残したのって、すごく久しぶりかも・・・いや、初めてかも?)

見た直後だとドンドン文章が進むような・・・言いたい放題気味ですが、まだまだ物足りません。
でも、これで終わりにしとこ。。。
久々に映画の出来の凄さの他に、色々考えちゃいました。




| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年3月26日 (土)

『レーシング・ストライプス』を観る

大好き映画“ベイブ”のスタッフが再結集して作ったシマウマが主人公の作品!
racing

吹替版も上映されていますが、字幕版で観ました。

自分を馬だと思い込み、レース出場を夢見るシマウマのストライプス
そして、その彼を応援する農場の仲間たち・・・ちょっと流れが“ベイブ”と同じだったけれど、これはこれで、とても面白かったし、感動もしちゃいました!

私はてっきり、このストライプスの物語は子供シマウマとして進んで行くのかと思っていたら、どっこい違ってました。
青年シマウマが、爽やかな恋をしたり、挫折や試練を乗り越えて頑張る“青春映画”だったのデシタ。

ストライプスを囲む仲間たちが、これまたイイんです。
またもやトラブルメーカー役は鳥類なのか・・・と思ってしまったお調子者のペリカン「グース」、ストライプスの才能を見抜く彼のトレーナー役のお馬さん「タッカー」、お母さん的存在のヤギの「フラニー

タッカーが結構渋い役回りだったので、私は好きです。(ちょっと泣かせるんですな・・・)

観た後知ったんですが、ダスティン・ホフマンやウーピー・ゴールドバーグなど豪華な俳優さん達が声をあててるのでビックリでした。
音楽の方も、スティングやブライアン・アダムスの曲が流れてて、これまたビックリしてしまったのでした。(事前にそういうチェックをしないので、結構ビックリする事が多かったデス。^^;)

で、一番目立ってたのはラッパーのハエ「バズ&スカズ
このコンビ、色んなヒット曲を歌ったりして楽しませてくれる。
ストライプスの体の黒シマ白シマを行ったり来たりしながら歌う『エボニー&アイボリー』に、とてもウケてしまいました!(笑)

ストライプを否定するサラブレットの「サー・トレントン」。
とてもプライドが高いし、怖くって、嫌なヤツだけど、あのツヤツヤ黒毛の毛並みっぷりにはホレボレ・・・。さすがサラブレット・キングだ!

それから、人間サイドも良かったです。
置き去りにされたストライプスを拾う農場主ウォルシュさん・・・ちょいとステキなお父サマ
ウォルシュさんの娘チャニングも可愛い・・・と思ったら、『アリーmyラブ』でアリーの娘役をしていた子だったと後で知ってビックリ。
この2人の父子は、悲しい過去を引きずっており、ストライプスとの出会いで変わっていく・・・といった人間サイドでもドラマが見られます。

金券屋さんでレディースデー料金以下でチケットが売られていたし、興行ランキングにもパッと出で終わっちゃったような印象もあって、「人気ないのかな・・・」などと観る前に少々不安感がありましたが、この作品はこれで結構満足してしまいました!

【参考】
レーシング・ストライプス公式HP
そして、オフィシャルブログ





| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005年3月25日 (金)

『LOVERS』をレンタル

LOVERS

原題 : 十面埋伏 / 120分 / 2004年

チャン・イーモウ監督作品の前作「HERO」の色彩に目を奪われたし、金城武が出演しているので、公開されるまでずっと楽しみにしていた作品でしたが、レンタルで見てしまうという失態を犯してしまいました。

・・・でも、レンタルで良かったかも。^^;;;

衣装や背景(自然)などの色彩が前作同様とてもキレイで目を奪われます。
盲目な踊り子役のチャン・ツィイーが舞いを披露した時の衣装も、ステキ。
でも、私がときめいたのは、その自然やきれいな衣装をうつした映像だけデシタ。

ストーリー的にもっとハラハラ&ドキドキ出来るのかと思っていましたが、特にそういった気は起きずに2時間過ぎてったカンジです。

あ、ヒュンヒュンと飛んでくる“飛刀”は凄かったなぁ。。。

「はかりごと」をめぐらしてはいるけれど、
(勝手に重要人物だと思ってた)政府の反対勢力・飛刀門の新頭目もチョロっと登場しただけだったのが、残念。
個人的にはもうちょっとその辺の所とか、見せてほしかったような・・・。

私は色彩がキレイな映画が好きなので飽きることはなかったけれど、ちょっと時間が経ったら、「あれ?どんな映画だったっけ?」なんて思っちゃいそうです。

私は金城武が好きなので、彼ウォッチングとしては最初の辺りは楽しめちゃいました。
最初スケベ笑いをして遊女をはべらす所あたりは、あんまり見ない姿なので面白かったデス。(笑)
(彼ウォッチングとしては、最近DVDリリースされてるターンレフト・ターンライトの方が個人的には楽しめちゃいますけど。。。)


[3/4]



| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年3月24日 (木)

ブレスパレット/ペパーミント&モンキーバナナを購入

3ヶ月ぶり・・・久々のブレスパレット記事です。
全32種類中5つトライ済み。今回で6種類目の新規トライです。

チョイスしたフレイバーは・・・
自宅用にNo.7 モンキーバナナ
会社用にNo.3 ペパーミントを使ってみました。

【感想】
モンキーバナナ
あっさりとしたバナナ風味。
(バナナっぽくないような気も・・・)

思った程のバナナっぷりではないので、これきりになることでしょう。 このシリーズの特徴として、どれもフレーバー臭がキツくないのが私にとって魅力なのですが、ちょいとコレはあっさりしすぎてつまらないです。

ペパーミント 
モンキーバナナではこのシリーズの魅力が悪い方に表れてしまったけれど、こちらのフレイバーでは良い方に転じてるかと思います。

どのフレイバーにも当てはまるんですが、刺激がないのが魅力のブレスパレット。こういう刺激の強いイメージの物でもキツイ感じがないので、いいですね。

===============

今までの記事では使った中でのフレイバーベスト3を載せていましたが、今回から、「リピートしたいフレイバー(=ベスト3)」と「2度は買わないと思う・・・的なフレイバー」で記録していこうと思います。

【リピートしたいフレイバー(ベスト3)】
ローズ、ラベンダー、ペパーミント
(トロピカル・パインに代わって、ペパーミントが浮上!)

【2度は買わないと思う・・・的なフレイバー】
ビターチョコ、モンキーバナナ

【予告】
次のブレスパレット記事は、買い溜めしてある「ストロベリー」の感想記事になると思います。
================

「雑記帳+」ブログ内リンク:情報求む!ブレスパレット
(全32種類のフレーバーリストが記載されています)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月23日 (水)

『猟奇的な彼女』をレンタル

韓国映画は暫く見るのをよしておこう・・・と思う日々の中、去年これだけは見ときたいと思ってた作品がコチラ。
ちょっと前にTV放映されちゃったりしたけれど、ようやっと見てみました。
猟奇的な彼女

確か最後まで名前が出てこなかったと思うんですが・・・この彼女、カワイイのに暴力的で、自分の気に入らない人がいると説教し始めたりして、スゴイ!
でも、そんな彼女を見てるのが楽しいし、可笑しいし、何て言うかスカッとする気分になります

120分の作品ですが、個人的にはもう少し時間を短くしたら、もっと見やすいだろうなぁと思いました。
シナリオ再現シーンや遊園地の騒動の時には私、トイレ休憩しちゃったりして、ちょいと見ていて中だるみしてシマイマシタ。。

が、結構ウルウル来てしまうシーンがあって、案の定、ラストでは涙が出てしまいました。
あー運命だったのだわぁ・・・と思うと、ポロッとしてしまう。
(反面、彼女あたりが気づいてもいいんじゃないの?とも思ったりしながらも、涙。(笑))

ぶっ飛んだ感じだけど魅力的な彼女や、
あくまでも耐えて彼女を見守る優しいキョヌ。そして、彼女の秘密とラスト。。。

涙まで流して感動はしたというかあったかい気分にさせられたんですけどね、
余分なトコが気になってしまったせいか、皆(=私の周り)ほどにはハマれませんでした。

去年見た韓国映画といい、私ってハン流とは相性が悪いのかしらん?とも思ったりして。。




[2/19]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月22日 (火)

『花咲ける騎士道』をレンタル

花咲ける騎士道 スペシャル・エディション

原題 : fanfan la tulip / 99分

リメイク(ジェラール・フィリップ主演のモノクロ)作品とのことらしいのですが、見た事がないので、勝手に「甲冑ゴツゴツの騎士がやぁやぁと登場するのか?」と想像していたら、全然違っていました。(笑)

“恋を忘れた全ての人に贈る 
ゴージャス・ラブ・アドベンチャー”
・・・だそうです。

えっとー、・・・面白かった!楽しいです!

特に壮大なテーマのようなものはなく(敢えて言えばラブ?)、内容もあまりナサゲなんですが、ほのぼのしているというか、登場人物がみな“すっとぼけた”ようなお笑い系で見やすい!
私はこういう深く考えないでサラリと見れちゃう作品・・・最近好きなんですよね~

何よりもファンファンのような愉快爽快なヤツが、大好きデス!
プレイボーイでもあるけど、子供にも、同性にも(色々な意味で)好かれている・・・約一名嫌ってる人はいましたが、憎めなくって、誰からも愛されてる男。

誰かが「ファンファン」と呼べば、私も一緒に(フレンチ口調で)「ファンファン」と呼びたくなってしまいます。

そのファンファンを演じたヴァンサン・ペレーズ
前髪の具合がちょっと怪しく思った私・・・。
良く知らぬ人なので、会社の友達に聞いてみると、“視線だけで女を妊娠させる男”と称されていると知り、結構ビックリしました。

もしかしたらコメディアン?とも思ってたので・・・・・・ホント、ビックリ。(この発言を見てしまったファンの方、ゴメンなさいです。)

いやいや、でもでも魅力的なお人ですよね。(←取り繕ってるワケでは無く)

ポンパドゥール夫人から授かったチューリップのブローチ(上の画像の真ん中にあるチューリップ)、可愛いなぁ・・・ステキですっ!
[2/19]

【当感想記事の補足として・・・】
公式サイト → http://pia.wdnet.jp/hanasake/
*ブローチの詳細なども紹介されています*




| | コメント (8) | トラックバック (3)

2005年3月21日 (月)

あと10日

今月は「毎日更新」を目標にブログの更新をしていました。

何の実にもならぬし、ご褒美が出るとか、そういうのは一切なく、ただの自己満足だけですけど、一度やってみたかったんですよねー。カレンダーの日付が全部同じ色ってのを。

私って、こういう下らない事(実にならない事)に情熱燃やしちゃうタチだったりする・・・

ズル(back date)も数回ありましたが、カレンダーが全部塗りつぶされるであろう今月の末日が楽しみだったりします。

ちょいと感想記事が追いつかないので、こんな独り言を記事にしちゃいました。しかも後日付投稿。^^;;;

ズルありでも、毎日更新っていうのは結構しんどい。
記事更新だけでも時間を費やしてしまうので、お気に入りブログものチェックもしなかったり、TB受けても返すだけだったり、結構アップアップだったりする・・・。

他のブログで毎日更新されてる上にコメントをしっかりされている方を発見してしまうと、「スゴイなぁ!」と圧倒されてしまいます。

きっと段取りというか手際が良いんだろうなぁ~と思って、尊敬しちゃいますね。
・・・もっと手際良くなりたいなぁ。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

タンタン –TIN TIN-

タンタンの冒険 DVD-BOX
色々な可愛いキャラクターが存在しますが、私のお気に入りのキャラクターのひとつが「タンタン」です。

10年前くらいにベルギーへ行った時に知りまして、それから絵本(漫画)とか、Tシャツとか、文具関係のグッズをちょこまか買ったりしています。

DVDが出ていたのを知ったのが、去年の9月頃・・・その時2枚ほど借りてみました。
(去年のうちに記事にするつもりでしたが、うっかり忘れました)

見てみた作品は、持っている本と同じものが収録されてるものを選んでみました。
タイトルは以下の通りです。

~タンタンの冒険~
・黒い島の秘密
・オトカル王の杖
・ふしぎな流れ星
・シドニー行き714便
・タンタン、アメリカへ

以上、DVD2枚で合わせて5話。
昔のアニメのせいか、ちょっと“ぶれ“あって、見づらい時もあるけれど・・・ほのぼのしててヨカッタです。

悪党をやっつけるのも、ソフト。
指鉄砲で何とかなっちゃうんですもん。(笑)

タンタンのお友達、犬のスノーウィが一番好き!
何年前だかの年賀状で戌年だった時、スノーウィを使ったりしました。

公式ホームページを見ると分かるのですが、ベルギーをはじめとして、主要各都市にタンタンショップが展開されています。
公式HP→ TINTIN JAPAN

日本にも東京(原宿)と京都にあります。
・・・と思っていたら、いつの間にかもっと店舗が増えてました!(笑)

現在では東京(原宿)店、代官山店、新潟店、前橋店、仙台店、京都店の6店舗。増えててビックリ!

コレを知って、久しぶりにショップの方へ行きたくなりました。(^^)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

『ヘヴン』をレンタル

ヘヴン 特別版
原題 : HEAVEN / 97分 / 2002年

特典の監督コメンタリを含めて複数回見てしまいました。
「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ監督がこだわった“スペースカム”で撮影されたイタリアのキレイな風景が印象深かったです。

夫を死に追いやった男への復讐の為、男のオフィスに爆弾をしかけたフィリッパ(ケイト・ブランシェット)。
運命のいたずらか・・・男ではなく、関係のない人々(子供含む)を爆弾で殺してしまいます。
その事実を知ったのは、逮捕されて取り調べを受けた時。
その場に記録係として居合わせたフィリッポ(ジョヴァンニ・リビージ)は、そんな彼女を見て恋をしてしまう・・・

そして、フィリッポはフィリッパを助け、一緒に逃亡してしまいます。

内容はシビアなんですけどね、それがオブラートに包まれるかのように、別の気持ちになって見てしまった作品でした。

取調べの最中に、若い記録係のフィリッポが恋をしてしまう所(しかも彼はこの時「運命」とまで言い切る)は、「ありえない」系の出来事で驚きでしたが、その後も、意表を付いた行動を取ったりして、何度か目が釘付けになってしまいました。

それでも警察は彼らを追い詰めていく・・・

何よりも、あんな状況で恋に落ち、そしてフィリッパの方も彼を受け入れ、交わす言葉は少ないけれど、一緒に過ごした時間があまりにも少ないのに、心がとても通じ合ってる2人を見てると、切なさが募ってきます。

2人の行きつく先は、見た者任せの終わり方をしてるので、「どうなったのか」というのはハッキリしてませんが、私は余計切なさが増して来ちゃいました。

それと・・・
この作品のケイト・ブランシェットが今まで見た中で一番美しく見えました。
化粧っけが、あんまりない普通っぽい感じの方がすごくキレイに見える。途中、バリカンで丸坊主にしてしまっても美しさは変わらず・・・ホレボレしてしまいました。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年3月18日 (金)

『コラテラル』をレンタル

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
原題 : COLLATERAL / 120分

この作品・・・・・・好きだわぁ。

銀髪のトム・クルーズは、ナニゲに魚河岸のおっちゃん(お兄ちゃん)風に見えてしまった時もあったけれど、使われていた音楽や、会話(台詞)や、作品の雰囲気など、色々な面でカッコいいなぁ~と思った作品でした!

タクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)が、仕事の為にロスに到着した殺し屋のヴィンセント(トム・クルーズ)を乗せてしまった為、彼の仕事に巻き込まれてしまう話です。

夜の都会の風景と、マックスが初めに乗せた女性検事とのタクシー内での会話、次に乗せた銀髪の男・ヴィンセントとの会話、そしてピアノ曲・・・序盤、とても静かな流れで始まります。(結構、この序盤が一番好きだったかも・・・)

ヴィンセントと一晩だけ専属運転手となる契約をし、最初の訪問先で急な場面展開。
上から死体が降ってきてマックスのタクシーに当たる!
ここから、ヴィンセントのペースで動きのある展開になります。

フツーの人が殺し屋の手伝いをさせられ、最初はビクビクしていたマックスですが、肝が据わり、急変しちゃう所はビックリ。
ヴィンセントの身代わりに(無理矢理)乗り込んだ依頼主のトコでの彼は、カッコ良すぎて、興奮!

ジェイミー・フォックスを見るのは、(多分)初めてだと思うんですが、初めて悪役に挑戦したというトム・クルーズよりも見入ってしまいました。
さすが、アカデミー主演男優賞のお人だ!

あ、それから忘れちゃいけないことが。
あの・・・オオカミですか?コヨーテ?動物がふっと登場する所なんか、絶妙チックでツボでした。
「こりゃ、カッコいい!」と興奮してしまいました。

「カッコいい」の連発ですが、ホント、ハマりました。

ただ・・・ひとつだけ考えちゃったことが。
女検事を守りながらの列車内での銃撃戦の結末は・・・
ちょっと「あれ?」と思ってしまいました。
プロのヴィンセントがどうしてあんな・・・?

段々とマックスの影響を受けてしまったのか・・・マックスに興味を持ったり、クラブで彼を救った時の表情を見ると、わざとそうしたの?と勝手な想像をしてしまうのだけど。
彼の生い立ち話など、ヴィンセント側のエピソードも、もうちょっと掘り下げて欲しかったかも・・・。

その辺がちょっと引っかかってしまいましたが、
序盤の流れから引き込まれっぱなしで、一気に見られた作品でした。
(最近、花粉の影響か・・・すぐ眠くなって、コックリきちゃうのに、それが全くなかったのでしたー。)



| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005年3月17日 (木)

『香港国際警察 /NEW POLICE STORY』を観る

ゲーム感覚で殺人や銀行強盗をするグループ5人組と、彼らに部下を全員殺されてしまったチャン警部(ジャッキー・チェン)ら香港警察の戦いを描いた作品。
newpolicestory
香港映画っぽさが沢山感じられ、気軽に見れた上、ツッコミ入れながら楽しんじゃいました!(^◇^)

最初は全くノーチェックの作品だったんですが、
何週か前の「王様のブランチ」の映画コーナーを見てたら、この「香港国際警察」が紹介されていて、私のハートに火を点けたイケメンがいらした!!
数ヶ月ぶりの胸キュン度合い・・・8割がた、彼を目当てに観に行っちゃいました。(笑)

(映画館を勘違いした為)上映開始20分後くらいに劇場に入って鑑賞・・・。^^;;;
平日の第一回目なのに、立ち見がズラッ!といるので、ギョッとしてしまいましたが、前の方が空いててホッ。。。

丁度、犯人グループとの“ゲーム”が始まった頃から見始めました。

ジャッキー・チェン主演の香港アクション映画・・・見せ場は色々テンコ盛りだったので、途中からの鑑賞でも満足。
私なんかでも沢山ツッコミ入れたくなっちゃうくらい楽しかったり、
立て続けに出てくるアクションシーンや格闘シーンにも目が釘付けになりつつ、所々何だか笑えちゃうの。

扱い方がハリウッドとは違う香港作品・・・いやぁ、娯楽作品として堪能しちゃいましたよ!

結構笑わせてくれたのが、あのイケメン君だったのである。
nps-1
←そのイケメン君が、ニコラス・ツェー。


ジャッキー扮するチャン警部の相棒で大活躍。
彼の着る衣装は「踊る・・・」の青島クンみたいな。
私の想像では熱血漢な真面目刑事役だと思ってたら・・・どっこい、違ってた。
作品自体がお笑い入ってるせいか、彼も結構オトボケ風。
何だか可愛いいのデス。
途中で意外な事が判明したりするけど、何故か飄々と犯人グループを追っていきます。(笑)


私は詳しく知らないので、後になってビックリしたんですが、香港スターが大集結しているそうです。

nps-2端役のようなひったくり犯の2人組も香港のトップアイドルと知ってビックリ。
←が、その彼ら。(Boy'z)

劇中では、どちらかが酔いどれジャッキーに風呂敷包みのようにされて倒されてしまったりします。(私的に好きシーンです。(笑))

で、・・・またまた意外にも涙しちゃいましたよ、まったく。
最後の「結婚してあげて下さい」のシーン・・・
結構お笑いがかったシーンだったけれど、
私は「顔は女の命なのよー!」と思いながら涙。
あのホーイーを見ちゃったら、ついつい・・・
(周りはクスクス笑ってる人が多かったんですけどね・・・多分涙したのは私だけかも。^^;)

声に出してツッコミ入れてる人がいたり、
クスクス&プッと噴出す音(声)の多かったこと・・・結構こういうことに神経質な私ですが、私も皆と同じような状態だったせいか、全く気にならずに楽しめてしまいました!

気軽に見れる作品として満足しましたが、
最初の20分を見れなかったので、レンタルが始まったら
絶対もう一度見るぞー!

『香港国際警察 / NEW POLICE STORY』公式サイト
  ↓
http://www.hongkong-police.com/




| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005年3月16日 (水)

『バリスティック』をレンタル

アントニオ・バンデラスと、ルーシー・リューが出演のアクション作品。
バリスティック スタンダード・エディション
原題 : BALLISTIC: ECKS VS. SERVER / 91分

「見なくてもいいような気もするけど、でもちょっと気になる・・・」
という気持ちがずっと続いていたので、91分という見やすい収録時間ということもあり、思い切って借りてみちゃいました。

派手な銃撃戦や、ドカーンとした炎上シーンも沢山あったりで、結構なアクションでしたが、特に興奮しないまま見終わってしまいました。

ひとつ目を引く事があったのですが、凄腕の女殺し屋(ルーシー・リュー)の設定。
一人っ子政策で男の子を望む家庭が多かった中国から、余った子供(女の子)を引き取り、厳しい訓練で作り上げたのが彼女・・・だそうです。
なんだかすごい設定だわーと興奮してしまいました。(笑)

中国の武器(?)を使ってのルーシーのアクション、ストレートロングがきれいになびいててホレボレ。。

[2/16]




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年3月15日 (火)

アメリカンカフェでお笑い映画/クライ・ベイビー

通院時のお昼を取る時、
ちょくちょく利用するアメリカン(オールディーズ)カフェがあります。

大きな病院が色々と点在しているし、
大学も近くにある環境のせいか、
学生やらお年寄りの方やサラリーマン&OLなど、
客層がバラエティに富んでいるけれど、とても居心地が良いんです。

いつもは、誰かが入れたジュークボックスのオールディーズを聴いたりしてるんですが、この前は2つほどあるTVモニタに、ある映画が流れていて目を引きました。

・・・なーんか、可愛らしい感じのジョニー・デップに似た人がリーゼント姿で青春を謳歌してるような内容の映画。

音声は聞こえないけれど、字幕を見ながら最後まで見ちゃいました。

これが何だかおバカちっくで、面白かった!

彼女に会えず、悲しみのあまり涙の刺青を入れる主人公
チキンレース中に車内でいきなりスポン!と赤ちゃんが生まれちゃったり、
歌って踊りながら、お笑い交えて描いておりました。
(笑える~・・・)

苦手だったコメディ調の映画に最近は慣れてしまったのか、この作品に興味津々!

ちょいとレンタルしてみようかな・・・と思って役名などで検索して調べたら、その映画のタイトルは『クライ・ベイビー』
クライ・ベイビー
1990年の作品で、やはりあのリーゼントのお兄ちゃんはジョニーでした。(この映画が何と初主演作とのこと)

私が利用している所ではレンタルされてなかったので、残念ながら再度見ることは出来ませんが、チャンスがあったら是非もう一度(音声込みでキチンと)鑑賞したいデス。。

[3/4]




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月14日 (月)

自分のブログには不釣合いなネタなんですが・・・・

友達の影響でに興味を示してマス。

イメージ的に手が出しづらい「株」

今までは全然興味を持たなかったんですが、「株主優待」という言葉で興味が湧いてきちゃったのでした。
会社によって色々な特典があるんですよね・・・
食品会社だったら、○千円相当の自社製品とか。
紙工業だったら、トイレットペーパー○○本支給とか。

私が興味を示したのは ここの株

友達の持ってる株主優待ポイントで映画を観に行ったりしてたんですけど、最近観たい映画が多くて、ポイントが間に合わない。(この優待ポイントだけでも、映画ファンとしては、かなりオイシイ。)

じゃ、私も・・・と思い、キリのいい今月に購入しようと思っていたら・・・3月になってグングン右肩上がりで、今日は東証の値上がり率のトップ1。(→本日のニュースへ

先週のニュースにもなっており、
因みに、色んな映画株がそれぞれ人気が高いとのこと。(→3月11日(金)の株式ニュース

あぁ・・・もうちょっと早く購入意欲が湧いてたらなぁ。
今の価格じゃちょっと手が出ないです。トホホ。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

『24シーズンⅢ 1・2巻』をレンタル

24 -TWENTY FOUR- シーズン3 DVDコレクターズ・ボックス
お正月休みに一気に見ようと待機させておりましたが、結局2月に入ってから1・2巻を見ただけ・・・
まとめて感想を書こうかなぁと思ってたのですが、シーズンⅡを見終えたともみんさんの檄で、見た分だけ記事にすることにしました。

去年、結構気合入れてたんだけどなぁ・・・手元にあるのに見ようとしないってのは、自分でも不思議デス。^^;

シーズンⅡでは、「あーっ、大統領―――っ!」で終わってしまいましたが、シーズンⅢはまだまだ大統領はご健在。なにやら恋をしてらっしゃる様子。
本気モードだけど、色々と何かありそうな予感・・・

トニー・アルメイダとミッシェル・・・彼らの関係に変化があったのは、私にとって吉報でした。(*^_^*)
ところがどっこい、アルメイダ!
酷い事になっちゃって・・・2巻の59分にはたまけた!!

1巻59分のジャックといい、アルメイダといい、
Ⅲでも、(相変わらず)最後の59分に「えーーっ!」とビックリ仰天。

今の所は大きなお騒がせはないけれど、「キム」も今後が心配・・・何かやらかしてしまうのか?
どうしても疑りマナコで見てしまいます。

いや、キムよりも何だか嵐を呼んできそうな女性を発見!
ジャックの秘書「クロエ」・・・私はブリジット・ジョーンズがそこにいるかと思いました。
ちょっとトロ子っぽいけど、仕事はキチンと出来るご様子・・・けど、何かニオイます。そのうち何かやってくれそうな予感が凄くします!
あぁ、決して“切れそうな私の24-Ⅲ鑑賞”にしないでね、クロエさん。

[2/15]



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月12日 (土)

『バイオハザードⅡアポカリプス』をレンタル

バイオハザード II アポカリプス デラックス・コレクターズ・エディション
原題 : RESIDENT EVIL:APOCALYPSE / 94分

~アクション映画を見て、腹筋しよう!という衝動にかられたら、このジャンルとしては(私的に)大満足な作品であるという証である。~

この作品を見ても腹筋し始めちゃったのですよー。
・・・しかし、1日で挫折しちゃいましたけど。^^;;;

でもでも、1日だってそう思わせてくれちゃったので、面白かったです。
ゲームをした事があるからっていうのもアリだと思います。
本作から登場のジル・バレンタインってば、
衣装やら髪型やら、そっくりーーー!。
と、興奮してしまいました。ヽ(^o^)丿

主人公のアリスが登場したあのバイクのシーンも興奮。
的確にゾンビ犬を倒す彼女ってば、クールでカッコいい・・・

あっという間に94分経っちゃったって感じ・・・早いなぁ、もう!
続きを早く見たいです!

・・・そうなんです。当然のことながら、また次回へ「続く」。
何だか『エイリアン』のリプリーみたいに扱われてしまってるアリス・・・次回の彼女はどんなんなっちゃうんだろう?
次回は「ラスト・エスケープ」となるのかなぁ。。ちょいと気になります。

[2/12]




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年3月11日 (金)

『食神』をレンタル

食神

原題 : 食神 / 92分 / 1996年
出演 : チャウ・シンチー / カレン・モク / ン・マンタ / ビンセント・コック

『カンフーハッスル』を観た時に、チャウ・シンチー作品をもっと見てみたいと思いまして、評判よさげなコチラをレンタルしてみました。

香港の料理界で“食神”と呼ばれ頂点に立つ周(チャウ・シンチー)は、部下から裏切られて料理界から追放される。
落ちぶれて出会った下町屋台の女主人たちと一致団結して、裏切られた部下と再度料理対決をする内容ですが・・・・・・これもまた漫画っぽくって、面白おかしく作られていました!

しかしまぁ、カレン・モクの姐御役はスバラシーです。(笑)
人情に厚く一本気な彼女、泣けそうな場面もあって、カッコいい・・・んだけど、恋する女の場面(チューの所)とかはちょっと引いたりもして。
でもでもナイスなキャラクターしてて、好きでした!

料理の仕方も拳法チックな技が入ったり、
審査員のオバさんが強烈なリアクションしたりと、ホント漫画っぽくて笑っちゃいます。

劇中、香港で大ブレイクするスープ(?)のネーミングがちょっときちゃない名前なのが気に入らないけど、あのスープ・・・美味しそう~!

最初からインパクトのある始まりではなかったので、ちょっとボーッとしてしまったけれど、気軽に見れて、
最後には興奮とともに大笑いしてしまった作品でした。

こちらのDVDの日本語字幕が、普通のに加えて、もっと詳しい完全翻訳というのがありました。
普通字幕の2倍・3倍の長さの字幕、(全部は確認出来なかったけど)詳しい意味が分かる字幕なので、結構興味深かったです。



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月10日 (木)

確定申告

確定申告書の締切が3月15日。
受付開始が2月16日からだったのに、今になって慌てて準備をしています。^^;

あ、私は一応会社員なんですが、
去年1年で結構「医療費」を支払っているので、初めて「確定申告書A」を手にしました。

最初、医療費の領収書と源泉徴収書だけ用意すればいいのかと思ったら、仰々しい「申告書」なんて書かなきゃいかんのか・・・と今更ながら怯んじゃってます。

手引きを開いて読んでみると、詳しく手引きをしてくれているけど、ますます訳ワカラン状態になったりして。^^;;;

結構面倒くさくて、申告しない人が多いらしいと耳にしてますが、「なるほどなぁ・・・」と納得。
でも、幾ら位戻ってくるのかという興味も大いにあるので、これから頑張って申告書を作成するぞ!

・・・臨時収入、いくらくらいになるんだろ。
千円単位?万単位??・・・無知なだけあって、金額に妙な期待をしてしまいます。(笑)


【1時間後に・・・追記】
別に添付されていた「記載例」を真似て記入していくと、簡単に作成出来ました!
ひとつひとつ解説読まなくても、コレがあれば全然OKでした・・・もっと早く気づけば良かった。

で、臨時収入ですが・・・万単位までは行きませんでした。
夢破れたり。。。(~_~;)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月 9日 (水)

『ガタカ』をレンタル

ガタカ
原題 : GATTACA / 106分

アルファベットで見ると分かりやすいケド、カタカナで見ると少々覚えにくかったです。
(最初、"カダカ"だと思ってしまった・・・)

そんなに遠くない未来の世界のお話。
近未来的な映像がシンプルで、何だか洒落た感じもして好きでした。

「遺伝子の良し悪し」が差別の対象となってた時代、
主人公のビンセント(イーサン・ホーク)は、近眼で心臓が弱く、寿命が30年と言われる「不適正者」。
叶えられるはずのない宇宙飛行士になるという夢を諦めきれずに、エリートのジェローム(ジュード・ロウ)との裏取引でIDを買取り、“ガタカ”へ乗り込む。。。

ジェロームの血液や毛髪を使って身体検査をパスし、念願の宇宙飛行士になれるかなれないか・・・途中で殺人事件が起こり、警察の捜査も入ったりで、ドキドキしたりもするんですが、私は、不適格者であろうと宇宙飛行士になってやる!っていうビンセントの静かなる強い意志に惹かれてしまいました。

世捨て人状態だったジェロームが、ビンセントに協力をしていくうちに芽生える物もあって、「ラストのこの人はどうなるんだろ?」と思ってたら・・・・・・衝撃的な行動を取るわけで、かなりショッキングでした。

静かで淡々とストーリーが進んでいくけれど、色々なシーンで何だかアツいものを感じてしまった・・・

イーサン・ホークにジュード・ロウ、そしてユマ・サーマン・・・登場人物がキレイな人ばかりなので、この『ガタカ』の世界が更にキレイに見えちゃったりもして。

それから・・・
24シリーズのメイソン役でお馴染みのザンダー・バークレーがちょこっとした脇役で出演していて、ビックリ。
(彼がピンポイントで、いい味を醸し出してました。)

アンドリュー・ニコル監督作品・・・・・・去年レンタルして見た『シモーヌ』と同じ監督。この作品といい、なんか映像に独特の雰囲気を感じるのですが、こういった映像って好きみたいです。。

[2/12]




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 8日 (火)

『マッチスティック・メン』をレンタル

マッチスティック・メン 特別版
原題 : MATCHSTICK MEN / 116分

ニコラス・ケイジ・・・外見的には好きじゃないけど、何か気になるんだ・・・この人ってば。
そして、サム・ロックウェル・・・
キャメロット・ガーデンの少女を見た時に、彼の出演作をもうちょっと見たいと思ったので、ケイジが主役のこちらの作品をレンタルしてみました。

ストーリーよりもビックリだったのが、娘役の子。
劇中の設定年齢が14歳。
が、実年齢が21~2歳ってことにビックリ。
衣装や髪型のせいもあるかもしれないけれど、どうつくろってもそんな真似は到底できない私にとっては憧れさえ感じてしまいました。(笑)

主人公の極度の潔癖症っぷりを見て、ケイジってば、合ってる合ってる・・・などと思ったり、
弟分を演じたサム・ロックウェルにも、軽いおちゃらけ気味な雰囲気が彼にピッタリかも・・・などと思ったりして。
人物的にも楽しめちゃいました。

父と娘の交流シーンも私は好きだったかな・・・。
14年経って初めて自分に娘がいると分かり、ぎこちなく交流が始まって、ついには(しょうがなく)詐欺の手ほどきをする所が好き。
お騙しが成功して、喜ぶ娘に「お金は返してきなさい」と諭す父親を見て、ほのぼのとしたものを感じたりして。

弟分が持ってきたあの大仕事だけで終わるまいとは思ったものの、途中で主人公の行く末を予感してしまうシーンがあって、どんな終わり方をするのか心配になった(笑)んですが、ラストで“ある物”に頬を寄せる主人公を見て気持ちが安らぎました。(^^)

騙し、騙されを見せた後、あの安らぎで締めくくるこの作品の流れ、ヨカッタです。

[2/12]



| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年3月 7日 (月)

『インファナル・アフェア2 無間序曲』をレンタル

先週DVDレンタルが開始されました。
開始日当日、ハエを狙うカメレオンのように待ち構えてレンタルしましたよ・・・(笑)

去年、もう一回観に行こうと思ったくらい大好きな作品の2作目。
9月の記事に(まとまりのない)感想を載せてるので、感想は控えておきます。^^;

ただこれだけ・・・2度目で見ると、
“某・潜入”のお方のショットが、結構多用されていることに気づく。
いやいや・・・前作同様、2度でも3度でも楽しめる作品ですなぁ。(好きだー!)


infanal3-bレンタル用DVDの特典は、『インファナル・アフェア3 終極無間』の予告だけですが、
もー興奮!(たまらーん!)

「2」では若手陣(ショーン・ユーとエディソン・チャン)が頑張ってくれましたが、やっぱりトニー・レオンとアンディ・ラウの2人が出ないと・・・彼らの再登場で興奮度が何倍にも倍増!!

すべての謎が明らかになるそうで、予告の中でも色んな映像がパッパッと映り、一番目を引いたのはヤンのギプス。
何かもっと深い意味があるの・・・。気になる~!!!

「早く観たいよー!」と思いながら、
去年買っておいたプレミアムチケットに向かって合掌し、興奮を鎮めた私でした。

あ~~・・・・少し忘れていた情熱が復活。
GWの公開が待ち遠しすぎるっ!!!

そして・・・・・・公開から数ヵ月後に必ずリリースされるであろう
「インファナル・アフェア/トリロジーBOX」も楽しみすぎるのです!
楽しみ気分を継続させる為、(DVD購入用に)毎日50円or100円貯金しようかなぁ。。。


毎回リンクを貼ってしまってしつこいですが↓
インファナル・アフェア/公式ホームページ
数ヶ月ぶりにチェックしたら・・・すっかり終極無間モードに模様替えされてました。^^;



| | コメント (2) | トラックバック (6)

2005年3月 6日 (日)

スター・ウォーズでフィーバー

金曜日『オペラ座の怪人』を観終えた後、友達と待ち合わせてご飯を食べに行きました。

その帰り、「ちょっとやってこう」ってことでパチンコ屋さんへ・・・
映画『スターウォーズ』のパチンコ台が出てるらしく、それをやってみました。

何だか訳分からん内に、ハリソン・フォードの"ハンソロ”の確率変動絵柄で大当たり。
その後、7連チャンしちゃいまいした!(^。^)

ダースベイダーがあのテーマ曲とともにドーンと出てくると、ボタンを押して絵柄を当てるゲームのようなものもあって、面白かった~
(いや、当たんなければ面白いとは思わないでしょうケド)
今どきのパチンコ台って、何かスゴイんです。
盤面横には、R2-D2(白いロボット)がチョコンと鎮座してたり・・・

大当たり中に、スター・ウォーズのあらすじが流れるんですが、それを見ていたら何だか久しぶりに見たくなったり・・・。(笑)

スターウォーズの他にも、ロード・オブ・ザ・リングのパチンコ台もあったりで、これからも色んな映画作品とのタイアップ台が出るのかなぁ・・・?(ロード・オブ・ザ・リングのパチンコ台も興味深々・・・(笑))

タバコ臭くなければ、もっと遊んでみたいケド。
「オペラ座」で思いっきり涙してしまった後だったので、煙が目にしみたりして、結構疲れました。^^;;;

:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*;*:*:*:*:*:*:*:*:*:
スター・ウォーズやロード・オブ・ザ・リングの
パチンコ台のメーカーさん↓
SANKYOのホームページ
:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月 5日 (土)

『オペラ座の怪人』を観る

the_phantom_of_the_opera
昨日は雪で大変でしたが・・・観に行ってきました。
通院日の為、有給取ったものの、用を済ませたらサッサと帰ろうと思ってたのに寄り道。
あまりの寒さに映画館へ避難しに行っちゃったと言いますか。^^;

先月から中々行けないでいたんですが、でもホント観に行けてヨカッタ。映画館で観れてヨカッタ。
この作品は、絶対絶対、映画館で観ないと印象が全然違うから、後悔しないように・・・と思ってたので。


感動したシーン等をトラックバックで受け付ける公式ウェブログ“ オペラ座の怪人 オフィシャルブログ ” というのがあったので、そのお題にならって、感想を残します。

*感動したシーン*
シーンというより、
のっけから音楽が流れ出した時点で涙する私。^^;;;
音楽については、別のお題になってるので、ここでは控えて・・・

感動っていうか印象深かったのは、全てファントムを描いてたシーン。クリスティーヌを愛する彼、嫉妬に狂う姿、情熱的で激しい彼を見て、胸が熱くなりました

「オペラ座の怪人って、一体何者?」って思うくらい知識がなかったので、彼の素性が分かった時は一層熱くなりましたよ・・・。

最初から、ラストの薔薇の花を見るまで、ほとんど涙しっぱなしでした。


*好きな「オペラ座の怪人」の楽曲*
のっけから(音楽が流れた時点で)涙を流した私。^^;
"Overture"だけじゃなくって、タイトル曲の
"The Phantom of the Opera "でも、"All I ask of you"でも
もぅ全曲そんな状態でした。
何でなんだか自分でもキチンと把握してないのですが、音楽の素晴らしさ、そして歌う主要キャストの歌声に「圧倒」されたのは確かデス。

で、一番好きなのは、やっぱりタイトル曲!


*好きになったキャスト*
公開前にこの作品を楽しみにしていたのは、
ファントム役のジェラルド・バトラーが一番のお目当てだったからなのですが、ラウル役のパトリック・ウイルソンも良かったです。(彼の歌声が好き)
そして、2人の間で揺れ動くクリスティーヌ役のエイミー・ロッサムも良かった!
『デイ・アフター・トゥモロー』の時も思ったけど、
笑顔が魅力的な女の子。まだ10代なのに、ファントムにもたれ掛かる時の表情は色っぽすぎ!(同性でもドキドキします(笑))
あと、私はカルロッタ(ミニー・ドライバー)も何だか好きな登場人物デシタ。
「オペラ座の怪人でなりたい登場人物」だったら、私は彼女になりたい。・・・思いっきりワガママな女王様気分を味わいたいな。(笑)

で・・・「ファントム派?ラウル派?」ってのには、
私はラウル派です。
ファントムを観て胸が熱くなったとは書きましたケド、王子様に弱いので。(笑)

だけど、雪の中、剣で戦う2人のシーンでは、
「ファントムー!」と応援してしまいました。

*******************

最初にも書きましたが、この作品はレンタル&DVDリリースを待つより、絶対劇場で見て欲しいと強く思う作品です。
衣装や美術、音楽を大画面で堪能しなければ、勿体ないし、後悔してしまうのでは・・・
ミュージカルとか敬遠してた私でさえ、この作品を見て、「舞台も観てみたいなぁ」なんて思ったり。。

とかこの記事でおススメしてみても、あと少しで劇場公開も終わりそうなので、(私のように)まだ観てない人は是非足を運んで観て下さいませ。

そぅそぅ、衣装なんですが、
日劇3ではクリスティーヌの白い衣装と、
カルロッタのピンクの衣装が展示されてました!

舞台に立つクリスティーヌの白い衣装・・・そしてキラキラした髪飾りが素敵っ。あのシーンにウットリしてしまった私でした。
(カルロッタのピンク衣装とデカい帽子のようなカツラも別の意味で捨てがたい・・・)

** 余談 **
雪の日だったのでタオルを持ってったんですけどね、(まさか)涙するとは思ってなかったこの劇場鑑賞でタオルが重宝しちゃうなんて。。。
夕方、外に出たら、すっかり雪も止んでました。


オペラ座の怪人オフィシャルHP




| | コメント (10) | トラックバック (6)

2005年3月 4日 (金)

初めてのドロップアウト作品・・・『IZO』

IZO
幕末、“人斬り以蔵”と称された岡田以蔵を主人公にした映画があると知りまして、
「詳しく知ることが出来るかな?」
という安直な考えでレンタルしたコチラの作品。

ちょい出の脇役、ただの斬られ役まで有名人が多数出演していて豪華!
5分くらいの出演で(私の好きな)山本太郎も出ていてビックリ。
松田龍平、ミッチー王子、ボブ・サップ、片岡鶴太郎、美木良介、松方弘樹、桃井かおり、ビートたけし・・・他にも有名ドコロがわんさか出てきます。

でも・・・・・・最後まで見ることが出来なかったです。

オリジナルストーリーで、以蔵の魂が現在・過去・・・と色々な所で転生?し、人を斬って斬って斬りまくってしまう・・・という内容のようですが、何が何だかさっぱり分かりませんでした。

チャプター飛ばしで見たせいか、ちょっと期待していた魔娑斗の出演シーンも目にすることのないままで終わってしまいました。

この作品に対して私が持ったイメージは「拒絶」の二文字。
今まで「何だこりゃ」と思いながら見終えた作品はあったけれど、見終えることさえ出来なかった作品はコチラが初めてだと思います。
マニアさん専用の作品だったのかな・・・・・・キチンとチェックせずに借りたので後悔もしてしまいました。
                             [2/10]

参考までに・・・
IZOオフィシャルサイト





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

今月観ておきたい映画-3月-

先月は何だかんだで・・・
観に行かなかった作品がありました。(>_<)
その名は、「オペラ座の怪人」
絶対、大画面で見なくっちゃ!と気張ってたんですが・・・
今月は必ず観に行きます!

以下2作品も必ず行きたいデス。

アビエイター
 アメリカの大富豪ハワード・ヒューズの若き日を描いた作品。
 個人的にハワード・ヒューズに興味があったので、ずっと気になってました。 ・・・ディカプリオ出演作品ってあんまり観ないのですが、これは是非!
 (公開日は3/26(土)なので、4月へ持ち越しとなるかも?)

レーシング・ストライプス 
 大好き映画「ベイブ」のスタッフによる作品で、今回の主役はシマウマ! これくらいしか把握してないんですが、色々楽しめそうな予感がします。
 3/12(土)より公開。

**********************************

一応、劇場作品も楽しみなんですけどね、
3月はレンタルの方に気が行ってしまいますわ・・・
むーびーだいやり~さん 月次レンタル情報 を活用させてもらってるんですが、先月チェックした時、鼻息荒くなりました!
早く見たいなぁ・・・と思ってた作品が多かったのです。
そんな注目の作品は以下の7つ!

3月2日レンタル開始
インファナル・アフェア 無間序曲
 再見だけど、はずせなーい!デカチョー!!
僕はラジオ
 劇場予告を見ただけで泣いた私・・・
 自宅でひっそり見たかった!


3月4日レンタル開始
CODE46
 見逃したので、お待ち申しておりましたよ・・・
コラテラル
 これも見とかないと・・・必須。
ターンレフト・ターンライト
 これも再見。
 とても可愛い印象が強かったので、癒されたい時に見たい!!
砂と霧の家
 時間があったら、(先月)まだ上映されていた某都内劇場へ行こうかと思っていたら・・・もうレンタル開始とは!


3月11日レンタル開始
SAW ソウ
 大画面で見る自信がなく、レンタルを待ってましたー (^^ゞ

取りあえず、「無間序曲」と「ラジオ」は、うまく借りることが出来て本日届くはず・・・が、まだだわ。(早く届いて~!)
4日レンタル開始分は、超強力なラインナップ・・・タイミング良く、借りれるといいなぁ。。


【2005.3.5追記】
後になって思い出したりした作品がありました!
3月5日(土)に公開の サイドウェイ

レンタルでは、ドット・ジ・アイ
(3月4日レンタル開始)

これらも楽しみにしていた作品ですっ!

【2005.4.7追記】
劇場公開の方は、結局のところ計4本鑑賞。
どれもそれぞれ良かったです。
中でも『オペラ座』をずっと涙しながら観ていた自分にビックリだったので、一番印象深い劇場鑑賞となりました。

◎それぞれの感想記事リンク◎
『ナショナル・トレジャー』 → 2005.3.30に投稿
『レーシング・ストライプス』 → 2005.3.26に投稿
『香港国際警察 /NEW POLICE STORY』 → 2005.3.17に投稿
『オペラ座の怪人』 → 2005.3.5に投稿

レンタルの方は・・・全て借りることができたものの、
見てないものもまだ半分あるのですが、現在までに一番印象深かったのは

『ソウ saw』 (2005.3.27に感想記事を投稿)

人におススメしたいくらいだけど、素直におススメできないaju的に不安定な気分になった衝撃作品デス。





| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年3月 2日 (水)

『ロスト・チルドレン』をレンタル

ロスト・チルドレン
原題:La Cite des Enfants Perdus / 112分

沢山映画を見始めたのが去年からなので、当時行こうか迷って結局行かなかった作品が結構多い私。
この作品も迷ったまま劇場公開が終わり・・・何年もたった今年になって見てみました。

ジャン・ピエール・ジュネ監督の作品は『デリカテッセン』といい、『アメリ』といい、あの独特の雰囲気が結構好きです。

子供を誘拐して夢を奪う一つ目教団から幼い弟を救うべく、大男のお兄さんとスリの少女が老人の教団のお城に乗り込んで、弟を救出する物語です。

この少女役の子、
まだ子供だってのに・・・艶っぽいというか何と言うか・・・とても雰囲気ある女の子でした。
DVD特典で見た当作品の劇場予告編に「エリザベス・テイラーの再来」と表現されてましたが、ホント、そんな雰囲気のある女の子です。

今現在、10代後半~20代くらいに成長してるでしょうなぁ・・・ちょっと気になります。

そんな美少女も登場したり、
子供達は可愛かったりするけれど、
他のメインの登場人物は異色な人々ばかりで・・・見た目も「?」と思える人が多く、そういう彼らを見ても楽しめちゃったりもします。(笑)
なかなか名前を覚えられない『デリカテッセン』の主人公であり、『アメリ』では性格の悪いストーカー男役の方も大人数で(笑)出演しておりました。

ちょっとお疲れ気味だった時に無理矢理見てしまった為、
3度うたた寝を・・・。^^;;;
「好き」と言ってるのに鑑賞態度が言動と一致してませんが、つまらないとかそういうのでは全くないので、グッド・コンディションの時にまたもう一度見たい作品です。 [2/9]

【追記】
先述のなかなか名前を憶えられない俳優さん・・・  
    ドミ二ク・ピノン     というお方でした。
(中々憶えられないんですよね・・・^^;)





| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年3月 1日 (火)

『ベルヴィル・ランデブー』を聴く

購入して半月ほど経っていますが、しょっちゅう聴いているのがこのサントラ。
とても気に入っています。
聴いてない時は、頭の中でこのサントラが鳴り響くほどのハマりっぷりだったりします。

1月に映画の方を観終えた後、ブログを通じて観た人の感想をいくつか拝読させて頂いたんですが、結構みなさん「サントラ、買おうかなぁ~」と思ってる方が多く、私も2~3日悩みました。(笑)
でも、あのテーマソングがなかなか頭から離れなかったので、もー買っちゃいました!
しかも、2枚!(先月誕生日だったお友達へのプレゼント用と、自分用)

シャンソン、ジャズなど色んなテイストの曲を聴かせてくれたのですが、それぞれ雰囲気あって全曲楽しめてしまう・・・
あまり映画サントラ盤を持ってないし、自腹きって買ったのはコレが初めてだったんですが、
初めて買ったのがコレでヨカッタ!!
(購入に迷う必要なかったわ・・・と満足、満足。)

テーマソングの「ベルヴィル・ランデブー」は勿論のこと、
(私にとって)結構頭から離れない曲が多くて多くて・・・
エルヴィス・プレスリーっぽい曲「パ・パ・パ・パラヴァス」がここ最近一番頭の中を駆け巡ってる曲です。


【参考】
FLUFFYさんのブログCINEMA e MUSICA di FLUFFY
"フレンチアニメのサントラ"
購入する前の最後の一押しとして、こちらのブログ記事を読んで購入決心がつきました。
(視聴って便利だー!)

moyoさんのブログパリノルール
"ベルヴィル・ランデブーまめちしき"
「ベルヴィル・ランデブー」のビデオクリップも見られます。
これを歌っているMことマチュー・シエディドゥについて詳しく知る事が出来ます。


ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
サントラ M Beatrice Bonifassi Lina Boudrault Marie-Lou Gauthier Jean-Claude Donda
東芝EMI (2004/12/08)
売り上げランキング: 2,672
通常3~4日以内に発送





| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »