« 小石川植物園の桜 | トップページ | 『キャットウーマン』をレンタル »

2005年4月16日 (土)

『僕はラジオ』をレンタル

僕はラジオ

原題 : RADIO / 109分

去年この予告を劇場で見て、つい涙が出てしまった私。
劇場で見たら、その後の自分の顔(涙まみれ)が心配になったので、レンタル開始まで待ってました。

実際見てみると、涙&涙の感動作っていうよりも、じんわりと心が温かくなる・・・そして、気持ちが引き締まる。
それから、主人公のラジオの性格に影響されちゃったのかな・・・楽しい気分にもなりました。
泣かなかったというワケではなく、結構泣いちゃいましたよ。
色々な場面を見て・・・

実在の人物でもある主人公の(通称)ラジオは、とても純粋で優しい青年。
知的障害を持つ彼を怪訝に思う人も多く、いじめや偏見・・・色々な障害を経て、誰からも認められる存在となるラジオの物語だけれど、彼を暖かく見守り、彼を救ったアメフトコーチを見て、気が引き締まったというか、教わるものも感じました。

コーチが彼の娘に打ち明けた話。
何も出来なかった自分を悔やむ過去から、それを打破したコーチの行動。

彼(ラジオ)を救ったのではなく、自分たちが彼に救われた。

そう言ったコーチのセリフ。
そして、その事に気づく街の人々や、学校の教師に生徒達。
(ホントに、ラジオのいる学校生活は楽しそう・・・)

ラジオの周りにいる人々だけじゃなく、私自身も彼を観ていて心が救われました。

実在の人物を基にした実話作品。
このラジオがまだ現役でアメフト部のコーチをしている姿を、最後の方に見せてくれます。

実話作品・・・ほんとに素敵な映画を見せてもらった感じでした。(^^)

コーチ役のエド・ハリス。
私の持ってたイメージは、銃を持ってたり、軍人だったり、非日常的な役柄の印象が強かったのですが、暖かさいっぱいのこのコーチ役の彼を見て、ちょっと惚れてしまいました。(*^_^*)



|

« 小石川植物園の桜 | トップページ | 『キャットウーマン』をレンタル »

コメント

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

投稿: 人気BLOGRANK | 2005年4月16日 (土) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/3723068

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕はラジオ』をレンタル:

« 小石川植物園の桜 | トップページ | 『キャットウーマン』をレンタル »