« 『dot the i ドット・ジ・アイ』をレンタル | トップページ | 声って大事 »

2005年4月12日 (火)

『ぼくは怖くない』をレンタル

ぼくは怖くない

原題:IO NON HO PAURA / 109分 / 2003年

去年、何かの映画を観に行った時の予告だけのイメージしか頭にないので、見ていると、もー・・・変にドキドキしすぎちゃいました。


イタリアの片田舎で起こった出来事。
10歳のミケーレ少年が、あばら家で変な穴を見つけ、穴の中にいたのは金髪の少年。
彼は何でその穴にいるのか?
ミケーレはその子を見て、どういう行動に出るか?
その後の展開は・・・?
と、子供が主人公だけあって、何だか必要以上にハラハラしちゃうんです。
(想像できる範疇かもしれないけど、私はもう先々の展開が分からなくて、色々先走りして想像しながら見ちゃって、怖い怖い!)


きれいな風景映像が流れる映画に私は弱いので、それだけでも贔屓目になっちゃいますが、観てヨカッタ

子供達の台詞も、子供なりの意味不明な言い回しが多かったので、良かったです。特に妹のマリアちゃんを見てそう思っちゃいました。(映画やドラマの子供の台詞って、時々理路整然すぎると思う時があり、違和感あったりするので・・・。)

取り敢えず、「気になるよね」と言っていたお友達には「観てみてー!!」とオススメしとこうと思ってます

ラストでは、ホラー映画を見るかの如く「ぎゃーーーっ!!」と大声だしてビックリしちゃった私。
「ぼくは怖くない」の、まさしくタイトル通り!
悲劇的なシーンでもあったけど、タイトル通りの行動を取ったミケーレ少年の勇気・・・すごい!

滅多に出来る事じゃないよなぁ。。。

子供って大人よりもシビアな所があったりするけれど、純粋な面も大いに持ち合わせていて、その純粋さから出た行動にかなり衝撃を受けました。

最後の最後、ミケーレとフィリッポが手を繋ぐシーンも印象深かった。。。


【追記】
ちょっと独り言まじりに下らない事も・・・

渦巻き蚊取り線香が映った所。
よくよく考えれば日本だけの物じゃないとは思えるんですが、私はこの映画で蚊取り線香が見れるとは思いもよらなかったので、ビックリ。
「金鳥の夏、日本の夏」っていうイメージが強くて、日本にしかない物だと思ってたので・・・(笑)




|

« 『dot the i ドット・ジ・アイ』をレンタル | トップページ | 声って大事 »

コメント

私はあのラストの後のミケーレの事がとても心配です(笑)あの家族の中では私ならもう生きてはいけないもの。
蚊取り線香・・・記憶にないのが残念!

投稿: るるる@fab | 2005年4月17日 (日) 12:45

るるるさん、こんばんは~
蚊取り線香は、暗い中にほんの一瞬映っただけだったのですが、妙に目を引いちゃって・・・。(笑)

その後の事を考えると、色々想像しちゃいますね。
家族はあの事件で散り散りになってしまうだろうし・・・妹のマリアちゃんとミケーレの生活が心配になってしまう私です。^^;

投稿: aju | 2005年4月17日 (日) 22:23

こんばんはー、お久しぶりです。
先日はご迷惑をおかけしました
メールの返信もできなくってごめんなさい。
もうかなり前に観た映画ですが
DVD買おうと思ってまだ実行できてないなあ・・・・。
私も子どものセリフが妙に大人びたりしていると
嫌悪感を感じたりもするんですが、この映画に関しては
そんなことがなく、常に子ども目線で話が進むので
その辺に好感が持てましたね。
イタリア語を勉強している者としては、
子どものカンタンなイタリア語だけでも
字幕なしで理解できると嬉しいものなのです(笑)
蚊取り線香・・・今度探してみます!

投稿: FLUFFY | 2005年4月19日 (火) 23:21

FLUFFYさん、こんばんは~
迷惑・・・トンでもないですよ!
私も勉強になりました。(^^)

劇場で見た方にとっては、だいぶ前の話になってしまいますね。(私も行こうか結構迷ったんですよ)
子供のシビアな所も、リアルに見せてくれた印象もあります、色々と。。
私もこの映画を見て、「バンビーノ」っていう単語が妙に多かったので、字幕と照らし合わせて憶えてしまいましたよ。映画で外国語を聞き取れたり憶えたりするのも楽しいですよね。(笑)

あっ、この記事がTB復活第一号となるのだわ!
ドキドキするので、明日ゆっくり落ち着ける時にTB&コメントに伺わせてもらいますね!

投稿: aju | 2005年4月20日 (水) 00:24

蚊取り線香はびっくりでしたよね。
途中までは何匹の小動物が登場するか数えたりしてたのですが、諦めちゃいました(笑)
2004年のベスト10に入れてるのは俺だけみたい・・・

投稿: kossy | 2005年4月23日 (土) 22:44

kossyさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ベスト10に入れても全然おかしくない作品ですよね。
私的にも、子供が主人公の映画では群を抜いて位置付いてる作品になっていますよ。(^^)

投稿: aju | 2005年4月24日 (日) 16:53

ajuさん、アロハ-(^o^)丿
実は、第一候補はこの映画だったのですよ~
わたしも、きれいな風景の映画に弱くて、
かなりひいきにして観ちゃいました(^。^;;
でも、ajuさんのblogがなかったら、
絶対、知らなかったであろうこの作品。
こういうときは、本当にブログやっててよかった!
って思います(b^ー°)

蚊取り線香、ここ読んでからちゃんと気にしてたんで、
かなりのアップで出たとき、「ホンマや~~」って
大受けでしたよ!

(TBもさせていただきました!
私のブログはTBはずしちゃったので、
一方通行になってしまいますが・・)

投稿: uki | 2006年1月 9日 (月) 19:00

ukiさん、アロハー!
これが第一候補だったのですか~!!

風景とラストと子供たちなどなど・・・とても印象深かった作品なので、2005年の総括で紹介しようと思ってたんですよ。(まだ記事にしてにんですが・・・)
ukiさんも満足されたようでヨカッタ!

蚊取り線香、しかと確認してくれたんですね。(笑)
イタリアにもあるんだぁ・・・って思いませんでした?

TB、ありがとうございます。
ukiさんの感想へ直行できるので、とてもありがたいですよ。
今後とも気兼ねなくTB入れて下さいね。

投稿: aju | 2006年1月 9日 (月) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/3674653

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぼくは怖くない』をレンタル:

» ぼくは怖くない [CINEMA e MUSICA di FLUFFY]
イタリアの映画は子供を上手く使うなと思う。 [続きを読む]

受信: 2005年4月19日 (火) 23:18

» ぼくは怖くない [ネタバレ映画館]
 たった5軒の家しかない小さな村に黄金色に輝く広大な麦畑。この視覚効果だけでも充分目の保養になった。子供たちが遊ぶ中でも、ミケーレは正義感が強く、小さな村であってもボス的存在の男の子がいて、彼にも立ち向かうほど勇気がある少年。しかし、決して大人になるための前段階としての少年ではなく、あくまでも純粋な心を持った少年なのだ。ずっと少年のままであり続けるような・・・  穴の中の少年フィ�... [続きを読む]

受信: 2005年4月21日 (木) 11:46

» ぼくは怖くない [review]
ぼくは怖くない ajuさんの「雑記帖+」で拝見して以来、 気になってた映画。 TYUTAYAにはなくて、ネットレンタルでやっと探し当てました。 ストーリーは、なんとなく予想できる内容だったんだけど、 ラストは、上手く切り抜けたと思って安心しかけてただけに 『えーっ!』って声が出ました。 登場人物もみんな可愛いし、(子どものほうね) それぞれの役割にぴったり合った個性が出てたと思う。 あのちょっとシュールな妹の存在もよかったです。 心配性のお兄ちゃんをう... [続きを読む]

受信: 2006年1月 9日 (月) 18:54

« 『dot the i ドット・ジ・アイ』をレンタル | トップページ | 声って大事 »