« 『蝉しぐれ』を観る | トップページ | エルヴィス・コステロのベスト »

2005年10月21日 (金)

『ドミノ』試写会に行く

domino

久々すぎる・・・今年初めての試写会です。(笑)

ハリウッド俳優の娘であり、モデルとして活躍し、
その何不自由ない生活に満足することはなく、バウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)の世界へ足を踏み入れた実在の女性ドミノ・ハーヴェイの生き様を描いた作品でした。

表に名前が出ていない人も含めて、結構豪華な俳優陣だったのですが、
一番気になるのは、やっぱりドミノを演じたキーラ・ナイトレイ
死と隣り合わせの賞金稼ぎの世界で生き甲斐を感じるタフで激しい気性の女性・・・どんなヒロインっぷりを見せてくれるのか、かなり期待してしまいましたが、一番の収穫と言っていいくらいでした。
今までのイメージにないハードな役どころ・・・このドミノで今までのイメージが吹っ飛んだし、かなり幅を広げたと思います。
ショートヘアもすごく似合ってますし、
アクションもすごくカッコ良かった!(^^)
(特にラストのアクションは・・・目が釘付けです。)


ストーリーの方は、見せ方が凝ってまして・・・
コマ切れしながら、過去へ戻ったり、また現在に戻ったり、沢山の登場人物が絡まってきて、途中まで(約1時間は)かなり混乱してしまいました。(笑)
でも、繋がってくると面白くなってきて、後半は結構身を乗り出すような感じで見てました。

映像がチカチカしたり、アクション映画だから忙しいカメラワークで・・・仕事疲れの私の目には酷でした。(いや、老眼がかってるせいかも。(笑))


観てビックリしたのは・・・
アメリカのかつての高視聴率TV番組(1つはドラマ、もう1つはバラエティ番組)が登場したこと。
かなりウケました。
バラエティの方は興味ない人ばかりだと思うので、名前を出しますが、“ジェリー・スプリンガー・ショー”
久々に見れて、思わず心の中で「おぉっ!」と興奮してしまいました。(笑)
登場人物の1人がJSショーに参加する・・・という流れでのご登場。
私は思わずプッときちゃった。
それ以上に、某ドラマがらみの俳優さんのご登場は、JSショー以上にウケること必至かと。


今回一緒に試写会に参加したのは、ウチの母でして・・・
母の名前で出したハガキが当選、自宅からチャリで行ける地元の会場ということもあり、「自分も行きたい」と張り切って参加してました。
母とは、遠い昔に一緒に観た『南極物語』以来の映画鑑賞。

意外にも母の方が、このハードな映像を受け入れ、話の筋もほとんど把握していたのにはビックリでした。(私は少しゴチャゴチャになってたので、フォロー受けて助かりました。(笑))


最後に、
(実在の)ドミノさんは、この作品が完成する前(今年の6月)に謎の死を遂げたそうです。
それを見終わった時に知り、作品中のにあった1つのセリフ
「死んだ仲間とは、そのうち会える」というような内容の台詞が、妙に頭から離れません。。

監督 :トニー・スコット
出演 :キーラ・ナイトレイ ミッキー・ローク ルーシー・リュー クリストファー・ウォーケン
上映時間:127分
= 10月22日(土)公開 =

【公式サイト】
日本版 : http://www.domino-movie.jp/index02.html
英語版 : http://www.dominomovie.com/




|

« 『蝉しぐれ』を観る | トップページ | エルヴィス・コステロのベスト »

コメント

この映画観たいなぁ。
キーラは実際にドミノ本人に逢って話を聞いてるんでしたっけ?(製作スタッフだけだったかな?)
映画が決まったあとに謎の死っていうとなんだか
口封じ・・・?って考えちゃいますね。

キーラはもう髪が伸びちゃってたので
驚きと共に残念な気分です。

投稿: shi-ba | 2005年10月22日 (土) 21:09

shi-baさん、こんばんは。
何となくですけど、shi-baさんはこの映画好きそうかも?と思いましたよ。
本人と会って話をしたのは、監督自身ですって。何度も年月を重ねて話を聞いたそうです。

髪の毛、もう伸びちゃったんですか?
彼女のショートヘアがとても良いなぁと思ってたので、私も残念な気分だわ・・・。

投稿: aju | 2005年10月24日 (月) 20:04

MIMIです~
最近この映画のこと知りました。恵まれた環境で過ごせたのになぜか賞金稼ぎという仕事に身をおいてしまう。生い立ちもドラマチックですが、映画化と同時に謎の死なんて一番のドラマはこの女性そのものですよね。別の意味で興味をそそられます。

投稿: MIMI | 2005年10月24日 (月) 22:47

MIMIさん、こんばんは。
彼女が賞金稼ぎに至るまでの生い立ちも描かれているので、なんというか・・・(諸々含めて)私はアツくなってしまいました。
実在した人物だからこそ、余計に興味をそそられますよね。

投稿: aju | 2005年10月25日 (火) 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/6507184

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドミノ』試写会に行く:

« 『蝉しぐれ』を観る | トップページ | エルヴィス・コステロのベスト »