« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

サマンサタバサ(7829)

今更ですが・・・サマンサタバサが12月に新規上場することを、今日知りました。(笑)

IPOは、あんまり興味がなかった・・・というか、まだまだ私が立ち入る領域じゃないと思ってたんですが、「IPO申し込みたい!」という気になってしまいました。

このブランドの商品は持っていないけど、株の方はスゴクそそられる。(笑)
気付くのが遅かったので、もう募集は締め切られており、“遅すぎた出会い”となりました。
今後チェック銘柄として、一度は売買したいなぁと安直に思っております。^^;


さて、今日は日経平均が\15,000に一時タッチしました。
早いなぁ・・・15,000到達が。
私は初心者なせいか、大台に到達する度に怯んでしまうんですが、ここで怯んだらダメなのかしら・・・。
8月9月10月11月・・・と、様子見ばかりで積極的に動かなかったので、12月は張り切って沢山売買してしまおうかしらという気になってます。(いや、口だけかも)

とりあえず、12月は売りを決めたい銘柄が3つほどあるので、ビシッと決められたらいいのだけれど。
(目標株価に早く到達しておくれ。)


【2005.12.21追記】
サマンサタバサ、12月12日に取引が公開されました。
初値900,000円(公募価格360,000円)
・・・連日ストップ高してたらしい。
公開されて1週間以上経過し、この前株価をチェックしたら、もう120万になってしまい、今日の株価は(最高値)189万円。スゴイなぁ・・・もう初心者の資金としては手が出せませんです。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

BonBon French2

ボン・ボン・フレンチ(2)

先月買ったCDです。
一度フルで聴いてみたい曲が何曲かあったので、買ってみました。

クレモンティーヌが唄うS・ワンダーの「マイ・シェリー・アモール」や、
「スローなブギにしてくれ」のフレンチ・カバーに、
「雪が降る」などの懐かしの名曲が収録されているので、
フレンチ音楽に馴染みがない私でも、すごく聴きやすかったです。

題名だけではピンとこないこの2曲
哀しみのアダージョ(エドウィンのCM曲)
ディ・グ・ディン・ディン(ビールのCM曲)

これが入ってるだけでも、個人的にはカンドーしてしまいました。
曲名を知らなかったので、「この曲を知ることが出来てヨカッタ!」みたいな。いや、ホントこれ買って良かったです。

最初の目的・・・
シルヴィ・バルタンの「あなたのとりこ」や
ピエール・バシュレの「エマニュエル夫人」も堪能しましたし。

で、全部フランス語だから、(英語よりも)歌詞がまったく検討つかないので、歌詞も気になる所でして・・・
「エマニュエル夫人」の歌詞を見て、たまげた!
メロディは少し物寂しげで洒落た印象を持っていたのですが、歌詞は何ともハズカシー内容でした。(笑)

セクシーあり(笑)、爽やか系あり、カワイイ系あり、谷村新司系あり・・・と色々と聴かせてくれます。
そうそう・・・一番強く思ったのは、ウィスパーボイスのフレンチ音楽って、すごくイイってことです。オシャレだわ。

これを聴いて、個人的には
クレモンティーヌとフランス・ギャルのアルバムを聴いてみたいな・・・という気にもなりました。





| | コメント (2)

2005年11月25日 (金)

『エバー・アフター』をレンタル

エバー・アフター
原題 : Ever After / 121分 / 1998年
監督 : アンディ・テナント
出演 : ドリュー・バリモア , アンジェリカ・ヒューストン , ダグレイ・スコット , ジャンヌ・モロー


面白かった・・・期待してなかった分、余計に面白く感じてしまいました。
内容は“真のシンデレラ物語”ということで、童話とは違ったシンデレラを見せてくれました。

主人公ダニエル(ドリュー・バリモア)が、またいいんです!
何と言うか・・・雑草のように強くて、『シンデレラ』いうより『キャンディ・キャンディ』を見ているような感じなんですよねぇ。
「頑張れ、ダニエル!」なんて、つい応援したくなってしまう。

すごく魅力的な女の子を演じたD・バリモア。
今まで何とも思わなかったけれど、これを見て、彼女を好きになってしまったほどです。(^^)

継母役のアンジェリカ・ヒューストンが、まさに適役って感じで、あのお顔と“いびり”っぷりがまた・・・すごかったり。(笑)

王子様の頭の固さにはイライラしてしまったけれど、最後は童話と一緒でハッピーエンドで締めくくられ、結構観た後には爽快感と感動が残る作品でした。(時折、泣ける場面があったりするんですよね・・・)

ちょっと気にかかるのが、突然死してしまったダニエルのお父さん。
あれは殺人・・・なんですかね?
童話の設定は全く記憶にないんですけど、あのお父さんの死に方は、どうしても気になってしまいます。




| | コメント (2)

2005年11月22日 (火)

全面降伏

徹平ちゃん・・・・

徹平ちゃん・・・・・・・

アナタってば、眩しすぎる!!!


小池徹平くんがTVに出ていると、ついつい目が釘付けになってしまう私。
カワイすぎて、もぅ参りました!と言いたくなるほど、眩しく見える。

とか言いつつ、ドラマなどはチェックしていません。
この子を定期的に見てしまうと、私は毎日落ち着かなくなってしまうでしょうから。^^;
でも、昨日のHEYx3は見ておきたかった・・・。


職場に1人こういう子を置いて、心の癒しにしたいと真剣に思いました。今日。
使えないバイト君・・・・いつまで経ってもダメダメが抜けないバイト君・・・あなたの代わりに置き物でもいいから、徹平ちゃんを傍に置きたいわ。


久しぶりにボヤきブログとなりました。


【追記】
もうすぐ年の瀬・・・・・・徹平ちゃんを直視できない私でも、コレが欲しい。

小池徹平 2006年度 カレンダー

エトワール(ハゴロモ) (2005/10/24)
売り上げランキング: 1,330

あぁっ、まぶしいっ!!
・・・もし買ったとしたら、(直視できないので)タンスの隅に保管してしまうかも。^^;
ほんとにもう・・・もし真っ直ぐコチラを見ている姿があったとしたら、日の光に浴びて消滅する悪魔(?)のように、自分が「シュ~~ッ」とか何とか言って、どうにかなっちゃいそうです。





| | コメント (7)

2005年11月21日 (月)

『ミラクル・マスクマン』をレンタル

カンフーハッスルや少林サッカーのような“笑い”を求めて、借りてみました。

チャウ・シンチーのミラクル・マスクマン

原題 : 百變星君/SIXTY MILLION DOLLAR MAN
監督 : バリー・ウォン , イップ・ワイマン
出演 : チャウ・シンチー , ジジ・リョン , ン・マンタ , チョイ・カムコン


“ながら見”しながら見ていたので、話の筋は、イマイチよく分からなかったです。
分からなくてもいいのかも?
“ながら見”していなくても、分からなかったかもしれないから。(笑)
そんなハチャメチャ的な内容でした。
(気が付くと、『パルプフィクション』のパロディシーンなんかやってるし・・・)

1995年の作品だそうですが、もっと古さを感じたりもして。
古い子供向け番組(ロボコン)とか見てるような感じ・・・。古すぎる例えだけど。^^;

腰を抜かしてフラフラ歩く姿に大ウケてしまったんですが、印象深いのはそれくらいで・・・。
でも、
この作品やその他の過去の作品(食神など)を経て、チャウ・シンチーが「少林サッカー」や「カンフーハッスル」に到達するまでに至ったのだよねぇ、と思うと感慨深いものがあります。

一応、笑うに笑ったから満足は満足・・・。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

大掃除の日が“マンガの日”に・・・

今年の大掃除は11月中にやっておいて、年末は軽く済ませようと思いまして・・・・
本日大掃除に取り掛かるつもりでした。

でも、ついつい、ほぼ毎回つまづいてしまうのが、
雑誌やマンガを整理した時

これ、危険です。
個人的に・・・いや、結構これでつまづいてしまう人って多いんじゃなかろうか?

何にもせず丸一日マンガを読み続けてしまいました。^^;;;
以前、このブログにも残しておいたと思うんですが、
私はONE PIECEというマンガが好きでして・・・
1巻から最新巻までじっくりと読んでしまいまして・・・日が暮れてしまいました。

久しぶりに読み返してみて、やっぱり泣いちゃってるし。
チョッパー編(ヒルルクの桜)は、
毎回どうしても涙が出てしまう。

One piece (巻16)
このONE PIECEの中で、16&17巻はホント泣けます。
他にもジーンと来たり、泣ける所は沢山あるんですが、読んだ事ない方にはこの16&17巻を強くおススメしたいくらいに感動してしまいます。

いい大人がマンガで泣いちゃうなんて、ハズカシー事かもしれないけど、泣けるものは泣けちゃうんだ。。。
ただでさえ乾燥した日が続く今日この頃。
只今、鼻ガビガビ状態でちょっと辛いデス。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月17日 (木)

『フェノミナン』をレンタル

フェノミナン

原題 : PHENOMENON / 124min. / 1996年
監督 : ジョン・タートルトーブ
出演 : ジョン・トラボルタ , キーラ・セジウィック , ロバート・デュバル

**

E・クラプトンの"CHANGE THE WORLD"を耳にする度に、いつか見ようと思い続けて早数年。
やっとこ見てみました。

空から降ってきた不思議な光によって、人並みはずれた能力と頭脳を手にした主人公。

念力で物を動かしたり、話した事がない言語も教本を20分ほど読んでしゃべれるようになったり、難しい暗号を解いたり、地震を予知したり・・・と急激に頭が良くなったワケを知った時は、意表を突かれたとともに、悲しくなりました。(とても切なくなった。)

そのワケが分かるまでに、
平凡だった生活が変わり、周りの人たちの視線が変わり、人の嫌な部分を(少し)しつこいくらい見せてくれたりと、ちょっと重い感じになるけれど、主人公が思いを寄せる女性とのやりとりや、その女性の子供たちと主人公のやりとりは、心地良かったです。
トラボルタ・・・お顔としては、ちょっと苦手ですけど、この主人公には惚れてしまいそうになります。
すごく純粋で優しい人なんですもん。

約10年前の作品・・・とても出遅れた初鑑賞となりましたが、
良い作品はいつまで経っても良いものですね。
とても満足です。(見れてヨカッター!)




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

ブレスパレット/はちみつ を購入

久々にブレスパレット記事でコメントを頂き、新フレイバーの感想を記録し忘れた事に気付く。

先月、No.8 はちみつ を購入しました。
買う前は、ブルーベリーorかぼちゃプリンのつもりでしたが、つい気まぐれ心が生まれてしまうブレスパレット売場。(笑)
32種類もあるのだから、気まぐれ心がどうしても起きてしまうのです。


【感想】
ハニ~・・・って感じでした。
意味不明な表現かなぁ。

やわらかくて程よいフレイバーで、しつこくもないし、私にとっては好きな方の部類に入ります。
いや、好きデス。(笑)

前回の「ストロベリー」や「ペパーミント」の方がフレイバーが強いような気もします。


=====================

前回のコピーになりますが、一応まとめ。

【リピートしたいフレイバー(ベスト3)】 ← 変動アリ
ローズ、ラベンダー、はちみつ(←ペパーミントと入れ替わりました)

【2度は買わないと思う・・・的なフレイバー】
ビターチョコ、モンキーバナナ (←一番ダメでした。バナナが。)

=====================


「雑記帳+」ブログ内リンク:情報求む!ブレスパレット
(全32種類のフレーバーリストが記載されています)



| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月15日 (火)

FOR LADIES BY LADIES-女性のエッセイ・アンソロジ-

FOR LADIES BY LADIES―女性のエッセイ・アンソロジー
沢山の女性有名人の方のエッセイを集めた本。

読書好きなukiさんの感想を拝見し、
平野レミさん、小森のおばちゃまなどのエッセイが載っているということで、興味が湧いたので図書館経由で読んでみました。(表紙のイラストがかわいい所にも惹かれました。)

返却期限があるため・・・全部読むことが出来なかったんですよね。
目次を見て、この人だけは読んどこうと思った人のみになってしまいました。

一番印象深かった人のエッセイは、音楽評論家であり作詞家でもある湯川れい子さん
確か「キャリアウーマン」っていうタイトルだったと思います。

この人に関しては、漠然としたイメージしか無かったんですが、
結構キッパリ物を言うタイプの人だったことに少しビックリ。(笑)
(キッパリ風な文章を読んでいると、気分的にスッキリというか読んでて気持ちいいです)
独身女性の心がまえ的な事を書かれてたので、個人的には一番目を引いた内容だったなぁ・・・。

それから、
水森亜土さんの対談(吉行淳之介さんとの)は、すごく可愛かった。
ついつい「ちゃん」付けしてしまうんですが、亜土ちゃんって年齢不詳なところがあるけれど、何だかいつまでたっても「可愛い」と思われるところはスゴク見習いたいなぁ・・・。

ukiさんも目を引いた小森のおばちゃま。
温和でお嬢様風なイメージのおばちゃまですが、子供の頃の家庭状況が・・・予想外だったので驚きました。
あの文中に何度も繰り返したあの文言がおばちゃまのイメージになかったので、少し(少しだけ)怖かった。
でも、あんな強くて固い思いが爆発したからこそ、その後のおばちゃまがあったのでしょうね。。


最初の方に、
全執筆者の方々のお若い頃の写真が載せられているんですが、皆さん・・・おキレイ。
「えっ、若い頃のこの人って、こんなキレイだったの?」と思える人もいたりして。
エッセイを読んで「こういう女であるのもいい」と思ったり、
写真を見て「あぁ、私も良い年の取り方をしたいわぁ」と思ったりと、
色々と楽しめる文庫本となってました。

返却して今は手元にない状態ですが、借りるチャンスがあったら
次こそは完読したいです。





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月13日 (日)

『TAKESHIS'』を観る

TAKESHIS’

私はヴァイオレンスとか、血がドバーッとか、そういう類の映画は好きじゃないんですけど、北野武作品ってナニゲに好きだったりします・・・。(全部は観ておりませんが、キッズ・リターンとかBROTHERとか好き。)

何の前知識もない(敢えて言えばTVCMの映像だけ)状態で観たので、ちょっとビックリしました。

話が進んでいく度に、もぅ何が何だか・・・って感じだったのですから。

追求してくのは疲れるだけだから、流すようにして観てしまいましたが、ひとつだけ妙にひっかかるんです。
最初のシーン・・・あれはどういうことなんでしょうか?

ついでに言っちゃうと・・・

あのー・・・これは夢なのよね?
でも一体誰の?
どうしても、あの最初のシーンの「たけし」は何者なんだろう?と妙に引っかかるんです。(これも流して見るべきシーンなのかしら?)

そんな「何なんだ???」という状態が続く中、好きなシーンもありまして。
夜中の銃撃シーンが星座(オリオン座など)につながる所・・・何だかこのシーンって好き。
人が沢山死んでくシーンが多い中、ホッと出来るような場面でした。(一応、銃撃シーンだったけれど)

この作品で印象に残るシーンって、人によってそれぞれだと思いますが・・・
砂浜で「わっせ、わっせ」とおデブコンビが裸で進む所・・・結構インパクトあって、頭に残ります。
(男の人はサ、DJがスクラッチさせる所とか、京野ことみが裸になった所とかなんだろうなぁ・・・^^;)


ホントですね、意味があるのか無いのか・・・
自分もハードな夢を見てる気分になる感じの作品でした。


評判はあまり良くない気がしますが、
私はそこまでは思わなかったです。(笑)
(ボーダーとしているもっとワケわからん映画があるから。)
プッと来た所がいくつかあったので、その辺でちょっぴり盛り上がりました。

ラーメン屋の石橋保のリピート台詞はウケました。(笑)
岸本加世子の存在も何だかウケちゃったりも・・・「強盗だ、強盗だー」など、感情ナシのセリフの数々もなんか可笑しかったです。

が・・・、 と ・ は ・ い ・ え、

ラストも素っ気ないような「えっ?」って感じだったので、よくわからないまま時が過ぎて記憶からいつの間にか消えてくこととなりそう。


************

監督: 北野武
出演: ビートたけし、京野ことみ、岸本加世子、大杉蓮、寺島進、美輪明宏
上映時間 : 107分

公式サイト : http://www.office-kitano.co.jp/takeshis/
*************





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 9日 (水)

まんが日本昔ばなし!!

今日は早く帰ってきて、TVのチャンネルを回していると・・・
まんが日本昔ばなしが放送されてました!

再び放送を始めていただなんて、全然知らなかったのでビックリした。(いつから放送が始まってたの???)

ずっと前から再放送を願ってたし、
ビデオ全巻セットを買おうかと思ってたくらい、好きな番組だったので、ホントにホントにビックリです。(それと共に、嬉しさもひとしお!)

あー、懐かしい・・・
今日は「こぶとり爺さん」と「風の神とこども」でした。

懐かしすぎて思わず大興奮。
自然とハイテンションになります。
一緒に見ていた母親も私以上にハイテンション。
2人で、必要以上に笑いながら・・・ちょっとした仕草にも大ウケしてしまい思いっきり楽しんで見てしまいました。(笑)

懐かしの市原悦子&常田富士夫の七色ボイスも再び聞けたし、
(オープニングは聴けなかったけど)エンディングも懐かしの
~ いいな、いいなー、人間っていいなー ~
の歌が聴けて、あぁっ・・・感激。

水曜日・・・ノー残業DAYにして、毎週チェックしたい番組が出来てしまいました♪



| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005年11月 7日 (月)

今月観たい映画-11月-

何だか定例化してしまった記事なので、今月も記録を残しておこう・・・。

今月、観たい映画はあるにはあるけど、
「観たいケド、気乗りがしない」
という気分屋さんチックな理由から、
以前「観に行くぞ!」と思った作品でもどうしようか迷ってます・・・。

取り合えず、以下に列記。


SAW2 (公開中)
ヴェニスの商人 (公開中)
ブラザーズ・グリム (公開中)
TAKESHIS' (公開中)
トレジャー・ハンターズ (公開中)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (11月26日公開)
などなど・・・


SAW2やヴェニスの商人は、友人の面前で「私は観に行かんよ」発言をしてしまったんですが・・・まだ行こうかどうしようかとウジウジしてたり。^^;
今日、ヴェニスの商人のパンフレットを見たんですが、やっぱり「観てみたいなぁ・・・」なんて思ったり。

ブラザーズ・グリムやTAKESHIS'は、何となくイメージとして・・・ストレス溜まるかも、なんて思って躊躇しちゃってるし。

そんな状態なら、おバカ系のトレジャーハンターズか・・・とは思えど、何だか足が向かない。
ハリポタも・・・レンタルでいいかな、なんて思ったり。

何だかなぁ・・・何なんでしょう。パッションが足りないみたいです。

今はそんな状態ですが、後日、
「○○を観に行きましたー。ハマりましたー」
とかいう記事を書いていたら、笑って許して下さい。<(_ _)>


【2005.11.30追記】
結局の所、劇場へ足を運んだのは1回きり・・・
やっぱり今月は、ずっとパッションが足りなかった模様デス。

TAKESHIS'の感想記事 → 11/13に投稿

レンタル鑑賞も3本しかしてない・・・今年の下期は私のパッションはかなり失速気味・・・。^^;



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

本田美奈子さん・・・

TVニュースで彼女の訃報を知りました。


歌手の本田美奈子さんが死去 急性骨髄性白血病で -asahi.com-


ショックでした。


同年代ということもあるけれど、何より、いつだったか彼女が歌う「アヴェ・マリア」や「アメージング・グレイス」を聴いて感動して以来、気になる存在だったのです。

急性骨髄性白血病の報を知った時も、
「頑張って、復帰してほしい」と思ったし、

TV報道により彼女の“生きる”意思の強さを知ったこと、そして
少し前に“順調”と聞いていて安心していたこともあり、まさかの今日の訃報で・・・かなりショックを受けました。

とても残念な知らせを聞き、心がぽっかりとした状態ですが、
まずは・・・
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。。。




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

『ストリート・オブ・ファイヤー』をレンタル

ストリート・オブ・ファイヤー

原題 : Street of Fire / 94分 / 1984年
監督 :ウォルター・ヒル
出演 : マイケル・パレ , ダイアン・レイン , リック・モラニス , エイミー・マディガン


久しぶりに懐かしの80’s作品を観てみました。

暴走族“ボンバーズ”にさらわれた人気シンガーのエレン(ダイアン・レイン)。
彼女を救うべく、かつての恋人トム(マイケル・パレ)がボンバーズに戦いを挑む・・・といった王子様的・青春映画です。

古い作品だから、衣装や髪型に笑いが出てしまいそうになったんですが、そんなのは一瞬。
やはり当時、アツイ気持ちで観ていたこともあって、懐かしさとその時の情熱が再来!って感じで一気に見ちゃいました。(*^_^*)

どしゃぶり雨の中のキス
好きなのに、彼女の元を去るニクイアンチキショー!な主人公のセリフ「どんな事があっても おれがいる」(だったかな?)

カッコイイんですよねぇ・・・主人公が。

これを観た当時(昔々・・・)は、主役のマイケル・パレにホの字になってしまい、「フィラデルフィア・エクスペリメント」という作品でもトキめきながら観たおぼえがあります。(笑)

ダイアン・レインもいい・・・
個人的には現在の彼女の方が好きなんですけど、今も昔もとてもキレイ。
人気ロック・シンガー役なんですが、歌は全部口パク。
そんな事は重々承知でも、彼女のステージを見ると、とてもアツくなる!
"TONIGHT IS WHAT IT MEANS TO BE YOUNG"(邦題:今夜は青春(笑))なんて、最高です。ついつい口ずさんでしまう。。。

忘れちゃならないこの2人・・・
暴走族リーダー役のウィレム・デフォーと兵隊上がりのマッコイ役エイミー・マディガン。2人ともすごく印象的な役どころでした。

ウィレム・デフォーは、色が白くて死人のような顔でコワイ・・・
悪魔クンって感じの容姿。(笑)
その後、「プラトーン」のあの軍曹役で目を引き・・・後になって、あの軍曹とリーダーが同一人物だったことを知って、ビックリした記憶があります。

男勝りのマッコイは、すごく好きな登場人物でした。
つい昨日知ったんですが、マッコイ役のエイミー・マディガンってエド・ハリスの奥さんだったとは・・・ちとビックリした。(この作品しか知らなかったから・・・)

魅力ある登場人物に、懐かしい音楽の数々、
私のような世代にしかウケないかもしれないけれど、ホント、懐かしい良い作品を見れてエキサイトしてしまいました。(笑)




| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年11月 4日 (金)

ブログのお値段

ルナさんトコのブログルナのシネマ缶)で、
勝手に自分のブログを査定(笑)してくれるサイトがあることを知り、試しにやってみました~。


・・・で、結果は以下の通りです。



My blog is worth $6,774.48.
How much is your blog worth?

円貨だと・・・約\795,000.-(ex@\117.50)
おー、思った以上な額だわ。。

以前、「ブログ花」をやった時、私はルナさんと比べて寂しいくらいのショボ花だったので、予想金額は$10かなぁ・・・と思ってたら、千ドル単位でビックリ!

査定の基準は、ブログ上に貼ってあるリンクが関わってるらしい・・・です。
やたらめったテキトーに査定をしてるようではないようですな。

こういうのって、
何だか試してみないと気がすまないんですよね。(^^)
「ブログ花」に続き、またまた面白いモノを紹介して下さって、
ルナさん、どうもありがとうございました!!


興味持たれた方は、コチラ
URLを入力すると査定額がでてきます。
アナタのブログのお値段は・・・・・・How much?





| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005年11月 1日 (火)

11月1日 東証システムダウン

東証 システムダウン
全銘柄、午前の売買停止 - 午後、再開目指す
札幌・福岡も停止(システム共有化で)

東京証券取引所は1日、取引所システムに障害が発生し、午前中の株式売買が停止したと発表した。東証一部、二部、マザーズの全2520銘柄の売買ができなくなった。1997年8月1日に9割強の取引が一時停止したことはあるが、全銘柄の取引が停止したのは初めて。東証では原因究明に努めており、午後1時20分からの再開を目指している。 -日本経済新聞/11月1日(火)夕刊よりー

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

午前9時、会社でいつものように日経平均をチェックすると、ゼロ表示。
「なんじゃこりゃ」とビックリしたけれど、東証のシステムダウンということで、(自分のメイン銘柄を)大阪証券取引所の値動きで見ていました。

午後1時半頃に取引再開となり、終わってみると、
(1時間半の間に)売買代金は概算で1兆9290億円。
日経平均\13,867.86前日比+261.36.
・・・スゴイ勢いではないデスか!

昨日の日経の上げもあって、
私は単純に「買いたい人が殺到して、午後の再開はスゴイことになりそう」と思っていました。でも、報道でもあった通り、
“信用問題”にも繋がることだし・・・大暴落の可能性もあった訳ですよね。
それを思うと怖くなりますが、今回だけでは終わらなそうな気も・・・。

毎日毎日が色んなニュースが出てくるから、日々・・・全てがお勉強になります。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

関連ニュースをまとめました。(11月6日現在)
=YOMIURI ONLINEより=

証取のシステム障害続発、金融相が一斉点検を要請(11月4日)

東証の鶴島社長が謝罪会見、自分含め社内処分の方針(11月3日)

日経平均終値、01年5月以来の1万3800円台(11月1日20:39)

大証で出来高急増、情報配信遅れも…東証障害の影響(11月1日13:33)

東証、全銘柄の取引停止…システム障害、札幌・福岡も(11月1日13:32)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »