« 1年ぶりのシャネルNO.5のCM | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』を観る »

2005年12月10日 (土)

『アレキサンダー』をレンタル

アレキサンダー プレミアム・エディション

原題 : ALEXANDER / 173分 / 2004年
監督 : オリバー・ストーン
出演 : コリン・ファレル , アンジェリーナ・ジョリー , ヴァル・キルマー , ジャレッド・レト , アンソニー・ホプキンス


約3時間・・・歴史モノのせいか、収録時間が長いので、2日に分けて見てしまいました。

「アレキサンダー」といえば、
「大王」というくらいの知識しかない私。^^;
そのアレキサンダーについて、この映画で知識を得ようと思ったのですが、そういうお勉強を兼ねるには今イチ、よく分からずに終わってしまいました。
(多分、この作品は私のような無知な人よりも、ある程度歴史に詳しい人が見ると、印象が違うんだろうなぁ・・・と思いました。)

私が不得手とする“長い登場人物の名前”が覚えられなかったせいもあるんですが、決してダルダルした気持ちにはならなかったけれど、あまりのめり込んで見ることが出来ませんでした。

ただ、戦いのシーンは見ごたえがあったような。
ガウガメラの戦いでの、ラクダ。やっぱ馬よりもラクダなんだぁ・・・と関心しながら見てしまいました。
それから!あの人轢き馬車(?)は強力でコワかった・・・最後の方のインド象もスゴかった。

戦いのシーン以上に印象深いのは、アレキサンダーとヘファイスティオンの関係。
歴史に出てくる有名な人物って、男同士の絆に深いものを感じて同性愛が多かったと、ちょっと前にそんな話をしたことを思い出しました。
アレキサンダーもそうだったのか・・・と思ったとともに、アレキサンダーを見つめるヘファイスティオンのウルウル目に何故か胸キュンしてしまった私デシタ。

アレキサンダーの愛馬も何だか良かった・・・

感想を残すには少し難しい・・・世間の「評判通り」という感じでした。
上映された時、観に行こうかギリギリまで迷ったけど、レンタルで良かったかも。です。




|

« 1年ぶりのシャネルNO.5のCM | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』を観る »

コメント

アレキサンダーが何を求めて、世界の果てへ戦いを続けたのか?
その辺がなんか心に伝わって来なかったせいか
ちょっとしっくりきませんでしたよね〜。
でも、母親役のアンジェリーナ・ジョリーの妖女オリンピアスは、
蛇が似合って美しかったし、幼年期のアレキサンダー役の子は
とても可愛かったですね。

投稿: ルナ | 2005年12月11日 (日) 00:43

私はこの映画をしっかり映画館で観てしまいました。
つまらなかったわけじゃぁないのだけれど
すごく面白いとも言えず・・・。
コリン・ファレルはちょっと違うかなぁと思いました。
「トロイ」あたりから、歴史大作ものが色々出ましたよね。
「キングダム・オブ・ヘヴン」はどうなんでしょうねぇ?ajuさん、ご覧になる予定は?

投稿: shi-ba | 2005年12月11日 (日) 19:17

>ルナさん
そうそう・・・子役の子、可愛かったですね~!
アンジェリーナ・ジョリーも美しくて良かったんですけど、MR.&MRS.スミスの彼女の方がインパクト強かったような気がします。(観たばかりだったからかなぁ)

アレキサンダーについて無知に近い私にとっては、彼は母親から逃げたくて東方遠征をしたのか、何なのかあまり理解せずに終わってしまったので、その辺の所をもうちょっと掘り下げて見てみたかった気もします。


>shi-baさん
戦いの所は、大画面で観た方が迫力をもっと感じられたかと思うんですが、やっぱ3時間座りっぱなしは辛い・・・ですよね。
コリン・ファレルの金髪、最初見た時はすごく違和感あったんですけど、慣れてくると「似合ってるかも?」と思ったりもしました。(笑)

キングダム・オブ・ヘヴン、観たいんですよ~!!
が、録り溜めた作品を観終えるまで、レンタル会員をお休みにしてるんです。
(ブログに載せてる感想も、旧作ばかりで・・・前に言ってた「イル・ボスティーノ」も観れてないんです。)
この3ヶ月で色んな新作が登場してるから、そろそろ再登録をしたいなと思ってはいるんですが・・・その時は、絶対観ます!

投稿: aju | 2005年12月12日 (月) 23:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/7767911

この記事へのトラックバック一覧です: 『アレキサンダー』をレンタル:

« 1年ぶりのシャネルNO.5のCM | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』を観る »