« 月9の西遊記 | トップページ | ケータイ選びに悩む »

2006年1月10日 (火)

2005年度の映画鑑賞総括

去年のうちに記事にしておこうと思っていたのですが、ナンだカンだで年が明け、今更の総括になってしまいました。

去年観た作品数をカウント取ったところ・・・

劇場鑑賞 27本
レンタル  99本    となりました。

レンタルの方は秋頃から失速気味となってしまったので、トータルすると去年よりも観た本数が少なくて残念ですが、それでも、合計100本になるので満足です。
今年はまだ1本も見てませんが、去年と同じ位観たいな・・・と思っております。

そしてベスト選出でも・・・と思ったんですが、なかなか決められない。^^;;;
「ベスト」と評してしまうと、後で自分の中でも「あれ?」って思ってしまう可能性もあるので、特に印象に残った作品を挙げることにしました。

絞りに絞って・・・数が中途半端ですが劇場鑑賞とレンタルで7本ずつ選びました。


劇場鑑賞した中で印象深かった作品>

ベルヴィル・ランデブー (私の感想)
インファナル・アフェア終極無間 (私の感想1回目) (2回目)
カンフー・ハッスル (私の感想)
蝉しぐれ (私の感想)
ミリオンダラー・ベイビー (私の感想)
チャーリーとチョコレート工場 (私の感想)
Mr.&Mrs.スミス (私の感想)

観た後に再度劇場へ足を運んだり、原作を読んだり、サントラやDVDを購入したり・・・という行動を取った作品がほとんどです。
当ブログカテゴリの“上半期+下半期観てヨカッタ!作品”から厳選しましたが、「印象深い作品」としての次点があります。
それは・・・『TAKESHIS'』です。
“観てヨカッタ!作品”としては挙げておらず、気軽にはおススメ出来ない作品なんですけど、ムショーにインパクト大な作品だったので、この場で紹介させて頂きます。(何だか夢に出てきそうといいますか・・・)


レンタルした中で印象深かった作品>

ぼくは怖くない (私の感想)
ドット・ジ・アイdot the i (私の感想)
エイプリルの七面鳥 (私の感想)
モーターサイクル・ダイヤリーズ (私の感想)
スウィング・ガールズ (私の感想)
砂と霧の家 (私の感想)
ダブリン上等! (私の感想)

ラストにインパクトあったり、涙&涙だったり、ストレス溜まったけどラストでスッキリしたり・・・各作品それぞれ個人的に好きなものばかりです。

それから・・・上記では紹介しきれないので、別テーマとして<番外>を2つ作ってみました。

<番外1> -映画以外にハマったDVD-
スキージャンプ・ペア オフィシャル (私の感想)

こーいうの・・・大好きです。(笑)
大笑いさせてもらいましたヨ。


<番外2> -印象深かった登場人物たち-
好きな作品たちなので、「印象深い作品」として挙げてもいいくらいなんですが、ここは敢えて「印象深い登場人物」として紹介させて頂きます。

ヘヴン』 
 フィリッパ(ケイト・ブランシェット)とフィリッポ(ジョバンニ・リビージ)

 印象深いカップルです。本も読みましたが・・・この2人ケイト・ブランシェットとジョバンニ・リビージというカップリングがすごく良かった。


オペラ座の怪人』 
 クリスティーヌ(エイミー・ロッサム)、怪人(ジェラルド・バトラー)、ラウル(パトリック・ウィルソン)の三角関係

 色んな三角関係があるけれど、この作品の三角関係図はとても印象深かったです。


『Mr.&Mrs.スミス』 
 Mrs.スミス(アンジェリーナ・ジョリー) 

 やっぱりコレを挙げとかないと・・・。
 「ジョリ姐」ってば、大好きだー!(笑)


●総括●
個人的には、
(暴言になりますが)「邦画はTV放送まで待つ派」だった私ですが、邦画を観に行く&レンタルする回数がスゴク増えた事が、一番の変化かな・・・という一年でした。
また今年も洋画・邦画問わず、沢山のステキな映画を観たいですっ!!






|

« 月9の西遊記 | トップページ | ケータイ選びに悩む »

コメント

こんにちは。ajuさんの気に入った作品の中に、「インファナル・アフェア」と「ミリオンダラー・ベイビー」が入っていたので嬉しくなってしまいました。
特に「インファナル・アフェア」。これはスゴイ作品でしたね。去年あの映画を見て以来、同じくらいドキドキする映画に出会えていません・・・。未だに熱く語ってしまいそうな自分がコワイです。長々と失礼いたしました!

投稿: 麻波郎 | 2006年1月11日 (水) 11:19

麻波郎さん、こんにちは!
「インファナル」は私の中で特別な作品となってしまうほど、お気に入りとなってるので、同じく未だに熱く語ってしまいそうですよー!!
いつまでたっても、最低年に1度は3本を一気に見たいと思ってます。(笑)

秋まではダントツで終極無間が去年のNo.1だと思ってたんですけど、「チャーリーとチョコレート工場」の登場でちょっと揺らいでしまったこともあり、順位をつけるのは止めてしまいました。^^;

「ミリオンダラー」もとても印象深かったなぁ・・・。
観た日の夜は一睡も出来ないくらいだったので、もう一度観てみたいとは未だに思えませんが、「モ・クシュラ」の意味を語るシーンなどはもう一度観たいなぁ。。

投稿: aju | 2006年1月12日 (木) 01:09

こんにちは。今朝のワイドショーを見ると
アンジェリーナ・ジョリーはブラピの子供を身ごもっているそうですよ。ご存知でした?

投稿: セニョール | 2006年1月12日 (木) 11:37

>セニョールさん
ご無沙汰しております。
私も木曜の朝、TVで知りました。ちょっとビックリしましたよ。

投稿: aju | 2006年1月14日 (土) 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/8100629

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年度の映画鑑賞総括:

« 月9の西遊記 | トップページ | ケータイ選びに悩む »