« 念願の『キャンディ・キャンディ』-その2- | トップページ | 『博士の愛した数式』を観る »

2006年1月28日 (土)

インファナル・アフェア トリロジーBOX

インファナル・アフェア トリロジーBOX


私が映画鑑賞にハマりだしてから3年ほど、その間に観た作品の中で一番好きな「3部作シリーズ」は、このインファナル・アフェアです。

発売されたのは去年の秋頃でしたが、今週封を開けました。

個別のDVDケースが普通じゃないのかな・・・真ん中のボタンがカチッとしない。結構取り出しにくかったです。(DVDが曲がりそうになった。^^;)

取り合えず観たのは今の所、ⅢとⅠ(オリジナルと別エンディングを最初から)。
Ⅲは3日に分けて見てしまったけど、コマ切れで観てもいいもんはイイ!
次に手に取ったⅠの別エンディング版、
何だかアッサリしすぎて私は思いっきりカクッとしてしまった!(笑)
再度、Ⅰのオリジナルを見て・・・やっぱりコッチがいいよ~と強く思う。
でも、別エンディングが見れてスッキリしました。(→見ていない方は気になると思いますが、期待はしないように。)

今週、Ⅲを観た時に気にした事は、「額の銃痕」。
この「額」のワケを劇場鑑賞時には知らなかったので、気にして観てみると・・・「あ、ホントだ」と自分の目で確かめる事ができました。(笑)

Ⅰを今日観た時、初めてこの作品を観た時の衝撃が蘇ってきました。
オープニングは大仏(?)の映像が流れて、その当時は
「えっ、大仏映像?・・・もいかして、これ選んで失敗かも?」
と思ったクセに、その後からどんどんハマっていった私。(大仏を見てそう思った私・・・今思うと恥ずかしい第一印象デシタ。)

モールス信号が使われるシーンや、サムの犬が分かるヒントとなった“茶封筒”、もう一人の犬の登場、そしてラストのエレベーターシーンを見て、ゾクッと来たり・・・Ⅰってば、サイコーです。

この作品に出会ったのは、ブログを始める前でしたが、続編の感想は残してますので、まとめてみました。

終極無間 劇場鑑賞1回目感想 劇場鑑賞2回目感想

無間序曲 劇場鑑賞時の感想 レンタル時感想

無間道 レンタル時の感想

・・・複数回、感想を残しているので、一番好きな作品っていうのは、こういう所に現れてたりします。(笑)
さて、これからⅡと特典ディスクを見ることにします。(^^)





|

« 念願の『キャンディ・キャンディ』-その2- | トップページ | 『博士の愛した数式』を観る »

コメント

BOXを買ったのですね!!(羨ましい~)
Ⅰに別エンディング版があったなんて知りませんでした。
凄く気になるので、私もBOX買っちゃおうかな?
それにしても「インファナルアフェア」は本当に良く出来てる作品です。それに比べて、最近某TV局でやってる日本のドラマの潜入捜査官なんて失笑ものです・・・(あ、ファンだったらゴメンナサイ)

投稿: 麻波郎 | 2006年1月31日 (火) 17:42

麻波郎さん、こんばんは。
多分、別エンディングを目にしたら、カクッとくるのでご注意を。中国では、この別エンディングを上映したそうですけど、オリジナルの方が断然良いです!
でも、見ないと気が済まないってのがファン心理ですよね。買っちゃいますか?(笑)

最近のドラマ・・・って、輪○曲かな?(見てないのです~)

投稿: aju | 2006年1月31日 (火) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/8384972

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェア トリロジーBOX:

« 念願の『キャンディ・キャンディ』-その2- | トップページ | 『博士の愛した数式』を観る »