« 正直しんどい・・・ | トップページ | イン・ザ・モーニング2 »

2006年2月22日 (水)

『蝉しぐれ』読了

蝉しぐれ

1ヶ月ほど前になりますが、読み終わりました。

ここ数年の私の読書スタイルは、
「会社の昼休みの残りを使って読む」
「病院での待ち時間を利用して読む」なんです。
読めない時は全く読まない日が続いたり、読めても長くて30分くらいなので、1冊の本でも結構時間が掛かります。^^;

今回は、映画を観た後に購入して読み終わるまで2・3ヶ月かかってしまいました。


原作⇒映画を鑑賞っていうのが順序的に多いような気がするし、その場合、「原作の方が良い」って思う事が多いような・・・。
けれど、この『蝉しぐれ』は映画が先だった為、「原作の方が良い」とは思わず、どちらもそれぞれ良かったなぁとまず思いました。

映画だけでは足りない所(作品の内容に関する詳細)。
原作だけでは足りない所(とても素敵な風景が多かった映像の数々)。
それぞれを補えあえたということで、これを読んで本当に良かった。

私がこの作品の中で一番好きな所が、文四郎と父・牧助左衛門の親子関係なんですが、原作を読んで初めて文四郎は養子だった事を知り、ちょっと驚いた。
養子であっても、あんなに父を思う文四郎とその父に益々惹かれてしまった・・・。

【追記】
この文庫本だけではなく、藤沢周平作品の表紙はみんな同じイラストレーターのもの。(名前をいちいち確認はしなかったけれど、多分全て一緒の方かと。文春文庫のみですが。)
買った時に他の文庫本の表紙も色々見たんですが、それぞれ素敵な表紙で、私は好きデス。





|

« 正直しんどい・・・ | トップページ | イン・ザ・モーニング2 »

コメント

ajuさん、こんにちは~
「蝉しぐれ」は以前NHKでドラマとして放送してましたよね。
それは観たことあるのですが、原作も同じなんでしょうか?ドラマは本当に雰囲気があって素敵でした。いつも、ドラマでも映画でも、原作の前に観てしまうと、あえて読もうという気が起きないのですが、ajuさんのコメントで今回はちょっと読んでみようかしら…と思いました。

投稿: MIMI | 2006年2月25日 (土) 23:07

ajuさん、おはようございます。
やはり最初にみたり読んだりしたものが印象には残りますよね。他の本ももちろんおすすめですよ!

投稿: ウクレレとりっぷ | 2006年2月26日 (日) 11:17

>MIMIさん
こんにちは~
私は原作があっても、読む時間より映画の方が時間短縮になるので、どうしても映画で代用してしまう事が多くなりました。(オリバーツイストなども、そうでした。^^;)
ということで、私の読書ばなれっぷりはスゴイものなんですが、こういう良い作品は「読んでヨカッタ」と満足感に浸ってしまいました。
NHKのドラマは見た事ないんですが、原作が良いと、ドラマも映画もそれぞれ良さそうな気がします。(^^)


>ウクレレとりっぷさん
こんにちは。
そういえば私が映画を観た時に、ウクレレさんも原作は是非!なんておススメしてましたよね。(^^)
ちょっと先になるけれど、次は「隠し剣」あたりを読んでみたいです。

投稿: aju | 2006年2月26日 (日) 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/8789944

この記事へのトラックバック一覧です: 『蝉しぐれ』読了:

« 正直しんどい・・・ | トップページ | イン・ザ・モーニング2 »