« またまたニコライ・バーグマン | トップページ | 『ひとまず走れ』をレンタル »

2006年5月23日 (火)

『イン・ザ・プール』を読む

イン・ザ・プール

先週(厳密にいうと先々週)、
ムショーに本が読みたくなったんですが・・・
かなり読書離れしている身としては、今のトレンドが全く分からない状態。

こちらは文庫化もされているし、映画化ドラマ化もされた作品。
作家さんも聞いた事のある名前だったので、安心して読めるかなぁ・・・という安易な気持ちで購入しました。

いやー・・・すごく面白かったです!!
(プリズン・ブレイク並みにはまってしまった!)

伊良部博士ってば、サイコー。
色んな患者さんとのやりとりって、あれ、計算ずくなのかしら?
患者さんの心の中が読める人だったりして・・・?
そういうように表現している所ががないので、勝手にそうこう思いながら読み進めてしまいました。

どの話も患者さんの“病みっぷり”がすごく伝わってきちゃってイライラというか気分が悪くなる時もありました。
が、最後は病気も治まるし、先生と和んで〆てくれるのでホッとした安堵感もあったりで、読んでいて楽しいんだなぁ。
5編の症例の中で私が一番イライラしちゃったのは
ケータイ依存症の高校生の話。
反面、終わり方に一番和んだのもこれでした。
(でも、一番好きな話はプール中毒の話だったりする)

伊良部シリーズの「空中ブランコ」&「町長選挙」も間違いなく買うことでしょう。
図書館という手もありますが・・・予約数が多すぎだし、キレイじゃないかもしれないし。^^;

電車内&昼休みを使って読み終えましたが・・・
フツーはですね、電車内で本を読むと気持ち悪くなってしまう私ですが、そんなこと構わずに夢中になってしまいましたよ。

久しぶりに読書が楽しいと思った一冊でした。

【追記】
同時並行で会社の人から借りた「間宮兄弟」も読んでいるんですが・・・本(作家さん)との相性というものがあるのだとしたら、こちらはちょっと相性よろしくないようで、あまり進まないんですよね。






|

« またまたニコライ・バーグマン | トップページ | 『ひとまず走れ』をレンタル »

コメント

ajuさん、私も今日、感想upしましたよ~
TBもさせていただきました!

病みっぷりが伝わってきて、すいすい読めちゃいますね。
前に読んだ「サウス・バウンド」とはまた全然違いましたが、
(どっちかっていうと「空中ブランコ」のほうに
近かったと思います。)
巧い作家さんだなあって思います。
普段、携帯なんて持ってなくても全然平気な私が
妙に気になったりして、まんまと引っかかってしまいした^_^;

投稿: うきこ | 2006年5月24日 (水) 21:34

うきこさん、アロハ!
コメント&TB、ありがとうございます。

あらすじを調べてみたら、「サウス・バウンド」も面白そうですね。
読みやすいし、この作家さんってホント“巧い”んだなぁと同じく私も思いますよ。
他のものも読みたい!って思うくらいですから!
まずは「空中ブランコ」を読みたいです。

投稿: aju | 2006年5月28日 (日) 17:23

ajuさんこんばんはっ。お久しぶりです。この本、私も読んだときはびっくりしました!こんなに面白い世界があったのかあ~って。以来、奥田さんの大ファンですv 私は最近はリリー・フランキーの「東京タワー」を読みました。こちらも忘れられない本になりました。

少し出遅れましたが、ajuさんお誕生日だったのですね。おめでとうございます!ブリザードフラワー、すてきですね。初めて存在を知りました。すごーく気になります(笑)。

えっと、プレゼント代わりというわけではないのですがキャンディ情報を再び持って参りました。実は今日、セブンアンドワイで予約してた本が届いたんですね。「小説キャンディ・キャンディ(新装版)」です。私は元々、小説版キャンディのファンだったんですよー。もちろんアニメもマンガも好きだったとは思うんですが、記憶に残っているのは小説版キャンディなんです。ただ、小説はテリィとキャンディが学院を出て行くところで終わってしまっているんですけどね。今回の新装版でもそこまでは同じでした。但し、「キャンディの書簡集」というオマケつきなんです!!!ここに、私達が話しあった件のヒントがちらほら・・・特にジョルジュに関してはかなりの収穫がありましたよ!(興奮)こちらISBNは4-8354-7191-1です。も、もし話しちゃっていいなら私、ajuさんにメールで全部ぶちまげちゃいますよお~。

投稿: ねむ | 2006年5月29日 (月) 00:26

ねむさん、こんばんは。
読書好きなねむさんも奥田英郎さんのファンだったのですね~。
「東京タワー」もすごい人気ですよね。いつかは読んでみたいとは思うものの・・・ナカナカ。(笑)

お祝いメッセージ、どうもありがとうです。
私はアニメ(TV)や漫画から入ったせいか、小説版は一度たりとも読んだことがないんですよ。どんなイメージなんだろう?
漫画と同じような感じなのかなぁ・・・?
キャンディの書簡集ってのは、大おじ様あての色んな手紙のことなんですか?
で、ジョルジュ情報も満載ですかっ??
・・・何だか?の連発になってしまいましたね。^^;

ねむさん、出来たらメールで(ココでも構いませんよ)教えて下さいっ!
何だか気になってムズムズしてきましたよ~(笑)

私もですね、別件でお話したいこともあったんですよ。
千代田区にあるチェブ・カフェって行ったことあります?
もし経験済みだったら、ちょっと様子を知りたいなぁ~と思いまして。(本当にチェブラーシカ・カフェなのか?・・・とか)

それでは、メールお待ち申しております。
(無理せず、いつでも構いませんので・・・宜しくお願いしますね!)

投稿: aju | 2006年5月30日 (火) 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/10210500

この記事へのトラックバック一覧です: 『イン・ザ・プール』を読む:

» イン・ザ・プール [book&cinema]
イン・ザ・プール 絶対、実写では見たくないキモイ感じの伊良部センセーだが、 読み進めるうちになんだか頼もしくなってくる。 現代人の心の病。 一歩間違えば、こうなってしまうのか? 恐いなあ。 このありえない異常な病院。 でも、あったらかなり頼もしいかも! あと、ほとんど泳げない私ですが、 最初の「イン・ザ・プール」読んで、 何キロも泳ぐ自分なんか想像しちゃったりして そのエンドルフィン大いに分泌してみたいっ! って思いました。 読んでるだけだと本当に泳げそ... [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 21:24

« またまたニコライ・バーグマン | トップページ | 『ひとまず走れ』をレンタル »