« 忘れた頃にやってきたウォンカチョコ | トップページ | 『ダーク・ウォーター』をレンタル »

2006年6月22日 (木)

『フライトプラン』をレンタル

フライトプラン

原題 : FLIGHTPLAN / 98分 / 2005年
監督 : ロベルト・シュヴェンケ
出演 : ジョディ・フォスター , ショーン・ビーン , ピーター・サースガード , エリカ・クリステンセン
備考 : TVドラマ『LOST』の第一話のオマケ付き


夫を事故で亡くし、実家へ向かう飛行機の中、突然カイル(ジョディ・フォスター)の娘が消えてしまいます。
娘の名前は乗客名簿にも載っておらず、乗務員・乗客とも誰も娘を見ていないと言われ、精神的に病んでるとまで疑われるカイルが必死になって娘を探すサスペンスでした。

私は上映されていた当時、
「もしかしてネタ的に“フォーガットン”と同じかな?」
と思ってしまったので観に行かなかったんですけど、どんなもんだか今までちょっと気になってたんです。

“フォーガットン”よりもまともな子供のさらわれ方だったので、普通に見れちゃいました。

もし自分に娘がいて、こんな状況に陥ってしまったら、
乗客や乗務員の疑心の目に晒され動揺し、
「もしかして精神的に疲れてる?」
と思ってしまい、カイルのように強くはなれないだろうなぁ・・・なんて思ったりして。

強いなぁ・・・。
クライマックス、娘を抱きながら飛行機から出てきたシーンはカッコよかった!!


ジョディ・フォスター演じる“娘を救う強い母”を堪能した後は、
オマケとして付いていたドラマ『LOST』の第一話を続けて見ました。(以前から気になっていたので、丁度ヨカッタ!!)
ファンタスティック・フォー&プリズン・ブレイクの時のように、宣伝を兼ねたオマケって、もう定番なのかしら?

コチラ・・・単なるサバイバル・ドラマかと思いきや、
ジュラシック・パークのノリがありそうな。
実体不明の怪物?の登場で、興味がちょっと失せてしまったけれど、『プリズン・ブレイク』を見終えた次は、こちらの続きをレンタルしてみようかなぁと、かるーく思っています。




|

« 忘れた頃にやってきたウォンカチョコ | トップページ | 『ダーク・ウォーター』をレンタル »

コメント

ホントに母は強し!って感じでしたよね〜。
それにしても、飛行機って隠れる?トコが
たくさんあるんだなぁ〜とつくづく感じました。
「LOST」ちょっと気になっていたんですが、
実体不明の怪物?・・・そっち系の話なのかぁ〜。
ん〜んどうしょう!!
やはり「プリズン・ブレイク」の方が
おもしろいですか?

投稿: ルナ | 2006年6月23日 (金) 00:25

ルナさん、こんばんは。ご無沙汰しておりました。

LOSTはですねぇ・・・変な巨大生物が出てくるんですよ。(出てくるといってもまだ姿は現さず、声と大まかな影だけなので、恐竜なのか何なのか不明です)
第一話だけなので、これからどういう方向に話が進むかわからないけれど、
私は純粋なサバイバルドラマを期待してたので、ちょっと拍子抜けしてしまいましたよ。

ハードだけど、私はやっぱりプリズン・ブレイクの方が好きですね。俳優さん(ウェントワース・ミラー)を含めると大好きレベルです。
ルナさんもきっとハマるかも~。

TBありがとうございます。
改めて明日伺いますね!!

投稿: aju | 2006年6月24日 (土) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/10634860

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライトプラン』をレンタル:

» フライトプラン [ルナのシネマ缶]
あの予告編はなぁ〜〜〜! あれを観れば、ちょっと 観たくなってしまいます。 たぶん、こんなもんじゃないかと 予想はしていたのですが・・・(=_=;) やはり・・・そうでした!! 夫が突然、事故死した航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、 夫の亡骸と娘のジュリアを連れて、自ら設計した飛行機で、 故郷へ向かいますが、機内でカイルはついうたた寝してしまい、 目を覚ますと、隣にいたはずの娘の姿がない。 客席、トイレ、厨房と探し回るが、乗客も乗員も誰一人として 娘の姿を見た... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 22:55

« 忘れた頃にやってきたウォンカチョコ | トップページ | 『ダーク・ウォーター』をレンタル »