« 『間宮兄弟』を読む | トップページ | 今月観たい映画 -6月- »

2006年6月 5日 (月)

『甲賀忍法帖』を読む

甲賀忍法帖
甲賀忍法帖(角川文庫) 山田 風太郎 著


久々に読書にハマったので、もうひとつ読んでみたかった本を手にしました。
それが映画shinobiや漫画バジリスクの原作であった『甲賀忍法帖』です。

映画や漫画で大体の筋は知っていても、面白かった。
寝る間も惜しんで読み進め、夜なべ状態になったほどです。

伊賀忍者から10人、甲賀忍者から10人選び出され、最後の1人になるまで戦い、その最後の1人がどちらになるかによって、徳川家康の後継者(3代目将軍)が決まる。徳川家の行く末と、伊賀甲賀20人の死闘の結末は・・・

漫画の方のラストはまだ知らないんですが、映画のラストとは全く違っていて、とても余韻の残る終わり方になってました。(実は最初に最後の1ページを読んでしまい、衝撃を受けました。)
忍者版ロミオとジュリエットと副題でも取り上げられてたりもして、弦之助と朧の2人の対決で幕をとじるあのラストは暫く余韻が残りました。

それにしても・・・
秘術を駆使して戦う忍者達の様子を300ページで1冊分、このボリュームでよくまとまっている上に、展開がスピーディで引き込まれる。
すごく充実した1冊でした。


【追記】
漫画の時も映画の時も好きではなかった天膳さん。
原作の天膳が一番イヤだったかも。(笑)
この人の過去とか彼の秘術の事など、掘り下げれば色々とエピソードがありそうで興味はあるものの・・・



|

« 『間宮兄弟』を読む | トップページ | 今月観たい映画 -6月- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/10407116

この記事へのトラックバック一覧です: 『甲賀忍法帖』を読む:

« 『間宮兄弟』を読む | トップページ | 今月観たい映画 -6月- »