« 『プリズン・ブレイク』をレンタル③ | トップページ | 『ハイジ』試写会に行く »

2006年7月10日 (月)

『ココシリ』を観る

0707


すごい映画だった。
衝撃的で、リアルな緊張感が始終自分を支配してたって感じで・・・今まで観てきた映画たちとは全く別格で、とても印象深い作品でした。

中国最後の秘境ココシリで、密猟者による乱獲で激減しているチベットカモシカ。
そのチベットカモシカ守る山岳パトロール隊と密猟者の戦いを描いた(実話に基づいた)作品です。

最初は軽い気持ちというか・・・アツい男のドラマが見れるんだろうなぁと安易に考えてました。
が、パトロール隊がココシリへ向かう時、今生の別れのように隊長の娘が涙する姿を見て何か違うってことを感じ・・・彼らが密猟者たちを追う様子は時間を追うごとに壮絶さが増してきて・・・見ている自分も妙にリアルな緊張感に縛られてしまい、その感覚が個人的には怖かった。(観る前の心構えが足りず、甘かったかも)


私はほんの3~4行のあらすじを見て観に行ったので、予告を見なかったんですが、予告にも挿入されていたリウの最後は「うそでしょう?」を内心連呼してしまいました。
(周りもざわめいてた)
あの大自然の映像も素晴らしいものがあったけど、その自然の厳しさも見せ付けられたし、リウがあのまま何もなく車を進めていたら・・・と思うと悲劇的な彼の最後は衝撃的でした。

他にも妙に印象的なシーンがとても多かった。
毛皮を剥がれ捨てられた何百頭ものチベットカモシカの亡骸を集め、荼毘に付すシーンや砂まみれや泥まみれになりながらとか、空気の薄い高地でヒーヒー言いながら密猟者の下っ端を追いかけるシーンなど頭から離れなかったり・・・


ハリウッド映画のように妙に盛り立てる音楽もないし、
雰囲気がすごく良かった。意味深いセリフの数々も。

カモシカを守るのは無償のボランティア活動であり、政府からは経費補助もない。そんな状態で
パトロール隊の活動を続けているリータイ隊長をはじめ隊員達の熱い思いは命を賭けてまでの
ものであるし、作品の最後の最後、出てくるメッセージも全て込みで、個人的には色んな人に観てほしい作品だなぁと思いました。


軽々しい物言いで全く悪びれない密猟者のボスと、
そのセリフに怒り握り拳を作るリータイの対峙シーンも印象深かった。


多分、今年観た映画の中で一番印象深い作品となりそう・・・。
沢山感想を残したいけど、何だかうまく言葉が残せないかも。
観た当日に、勢いで一気に感想を書き上げてしまえば良かったなぁ。

***************
監督: ルー・チューアン
出演: デュオ・ブジエ, チャン・レイ, キィ・リャン, チャオ・シュエジェン
上映時間 : 88 分
原題 : KEKEXILI (MOUNTAIN PATROL)

公式HP 
***************




|

« 『プリズン・ブレイク』をレンタル③ | トップページ | 『ハイジ』試写会に行く »

コメント

ajuさーん!
これも観てみました!
本当にリウの最後は壮絶でした。
予告も何も知らずにまっさらの状態で見たものですから
「え?!」ってびっくりしてしまいました。
他にも内から気持ちがこみ上げてしまうようなシーンが
たくさんありましたね。
ajuさんのおっしゃるようにハリウッドのような
効果音や演出のない映画でしたが
それが、逆に心に残る映画となっているみたいですね。

投稿: うきこ | 2006年11月15日 (水) 17:35

>うきこさん
今年もあと1ヶ月と半分。
仕事中にふと考えちゃったんですけど、「今年の個人的映画ベストはやっぱりコレだ」と、思っていた所でした。
はい、この『ココシリ』がベストと思ったんですよ。

衝撃度もすごいし、思い入れ度も強い作品だったので、感想頂けて嬉しいです。

まさに「内から気持ちがこみ上げる」!
衝撃とともに・・・ホントそんな感じでした。
こんな気分になることって滅多にないので、貴重な作品ですよね。

・・・って私、ちょっとアツくなってるかも。(笑)

投稿: aju | 2006年11月16日 (木) 23:43

ajuさん、はじめまして!
「ココシリ」は劇場で観たのですが、リウが沈んでいくシーンで、隣の女性は泣いていたのを思い出しました。
普通の環境保護団体と違って、とても泥臭くて緊迫感のある彼らでしたね。
ajuさんにとって今年一番印象に残った作品とのこと。
その映画についてお話できて光栄です!
TBさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いします

投稿: Selma | 2006年11月19日 (日) 02:23

>Selmaさん
コメント、どうもありがとうございます!
泣いてる人もいたんですね・・・私は緊張しすぎてそこまで行く余裕がなかったです。(笑)
私にとって、この作品は今年のベスト映画になると思いますが、Selmaさんはどういう総括をするのか気になってきました。
「風の前奏曲」とか私が少し気になって見ずじまいの作品も沢山鑑賞されてるようなので、年度毎に総括されるようでしたら、その辺の記事も楽しみにしてますね。

こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします!!

投稿: aju | 2006年11月19日 (日) 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/10861965

この記事へのトラックバック一覧です: 『ココシリ』を観る:

» ココシリ [book&cinema]
ココシリ デュオ・ブジエ あらすじ メーカー/レーベルより 守るべきものを守るため命をかけて闘う男たち-。 チベット秘境の地ココシリを舞台に生きる意味、 死ぬ運命を問う心震える渾身の実話。 実話で しかも1993年というからそんなに古い話でもない というのにまず衝撃を受けました。 チベットの秘境ココシリにあの程度の装備で向かう彼らたち、 車が故障したらどうするねん? ガソリンはなくなれへんのか? 食料は... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 07:40

» ココシリ [そうきましたか!]
監督:ルー・チューアン 出演: デュオ・ブジエ、チャン・レイ、キィ・リャン 2005/中国・香港/88分 [:読書:]Introduction 実話。現在、中国唯一の秘境とも言われるチベット高原「ココシリ」では、絶滅に瀕するチベットカモシカの密猟が行われていた。それらを守るため立ち上がった男達は、命を賭けた民間パトロール隊を結成。海抜4700メートルの過酷な地帯に、密猟者を追いつめていくが・・・。  映画は、北京から来た一人のジャーナリストが、このパトロー... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 02:09

« 『プリズン・ブレイク』をレンタル③ | トップページ | 『ハイジ』試写会に行く »