« 『道』をレンタル | トップページ | NHKドラマ『純情きらり』終わる »

2006年9月28日 (木)

『イルマーレ』を観る

Il

すごく観たい!という訳ではなかったんですが、
「時空を超えたファンタジーな恋愛モノ」というコチラの作品。
面白そうなので観てみました。
公開されたばかりとはいえど平日の昼間なので、落ち着いて見れるだろうし・・・。
それから、キアヌとサンドラのカップリングも興味ソソられましたし・・・。


韓国映画のリメイクとのことですが、オリジナルを観たことがないので結末も知らず。
一足先に試写会鑑賞した知人によると「あの終わり方は何なんだ!」と、少々憤慨?してました。


私もそんな風に憤慨しちゃうのかしら・・・と思いながら観初めましたが、いやいや・・・すっかりノッケからハマってしまい、序盤の事故シーンを見てから勝手に結末を決め付けてしまった為、遠距離恋愛のようであって少し違う2人の切ないやり取りを見ていて、ずっとウルウルしてしまいましたよ。(笑)


そんな私の中の想像・・・"it's too late"とは違う結末となって、肩透かし食らっちゃいましたが、これはこれでいいのです!
(そうそう・・・いい頃合にキャロル・キングのit's too lateが流れたなぁ。もう一回聴きたくなっちゃった。)


矛盾して頭がこんがらがる終わり方でも、
ハッピーでもアンハッピーでもどういう結末になっちゃっても、どうでもいいのです。(ちと、暴言かな)


それまでの2人の交流が何だかステキすぎたので、それにやられ過ぎちゃった!!
2006年と2004年の別々の時にいながら、犬やあの湖の家を通して、時を超え、愛を育んじゃう所が・・・もぅタマランです。


最初のデートというべきか・・・シカゴ市内の建物探訪散歩が個人的にお気に入りデス。
2006年と2004年の同じ場所を歩く・・・が、はた目は一人歩き。
「あなたが傍にいたらいいのに」と思った彼女の目の前にあったのは、壁に書かれたメッセージ。
「一人じゃない。一緒だよ。(ウル覚え)」という彼からのメッセージに、もーもぅもぅ、私はウルってしまってダメでした!


文通でのやり取り、時を超えた彼や彼女からのプレゼント、そしてすごく切なくなったのが彼が(何も知らない2年前の)彼女と遭遇する所。本当にせつなかったなぁ・・・


知人が憤慨したと思われるラストシーン。
その時のサンドラが着ていた赤いコートを見て、私も赤いコートが欲しくなっちゃった。


もうちょっと秋らしくなった頃に観るのもヨシな、ステキな恋愛映画でした。

この後、ずっと見逃していたパイレーツ・オブ・カリビアンを観るつもりだったんですが、ウルウルしすぎて目が疲れてしまった為、ハシゴすることなく帰りました。(笑)


***************
原題 : The Lake House
監督 : アレハンドロ・アグレスティ
出演 : キアヌ・リーブス サンドラ・ブロック 

上映時間 : 98分
公式サイト : http://wwws.warnerbros.co.jp/thelakehouse/
***************






|

« 『道』をレンタル | トップページ | NHKドラマ『純情きらり』終わる »

コメント

うぁ〜!スキンもどしちゃったんですね〜!!
なんか物凄〜〜く申し訳ないです!!m(_ _)m
家のシステムが古くて・・・・汗)
あたらしい機種に買い替えようと思ってはいるのですが、
古いシステムでしか使えないソフトとかもあって
なかなか思うようにいかなくて、すみませ〜〜ん!!
で・・・言い訳で長くなってしまいましたが、
イルマーレは、私的にはいまひとつのめり込めませんでした。
なんか〜、婚約者いるのに誕生日に知らない人と
キスしちゃうし・・・その人の事も覚えてないし、
婚約者と家の設計を見に来て、何も告げずに行っちゃう!って
結構ひどくないですか!!
せめて、人の命がかかっているの!ごめんなさい!!
くらい言ってほしかったなぁ〜。

投稿: ルナ | 2006年10月 4日 (水) 22:31

あ、ルナさんのせいとか、そういうんじゃないので気にしないで下さいね!
何だか新しいのにしてから反映されるのが遅いと感じてたので元に戻したのでした。
(が、あまり変化がないようです。なんでだろうなぁ。またデザイン変えたくなっちゃうなぁ。)

さて、内容についてですが・・・
いやいや私もケイトさんも、「恋は盲目」状態で、すっかり婚約者のことをないがしろにしてしまってました。(笑)
ルナさんの指摘は、ごもっとも。
コメントを見るまでは婚約者の事なんて全く気に留めてなかったーー!^^;
ホントに一言あっても良かったですね。
あのキスのこともヒドイといえばヒドイ。
婚約者がハッキリ覚えてた(ネチネチ気味に)のに、彼女はしっかり忘れてたし!
あぁっ、私ってばそれを気にせず・・・盲目すぎた。

その辺の所も、オリジナルはどうなのか少し気になりますね。

投稿: aju | 2006年10月 6日 (金) 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12075653

この記事へのトラックバック一覧です: 『イルマーレ』を観る:

» イルマーレ [ルナのシネマ缶]
オリジナルは、韓国映画ですが それは、観ていないので、 詳しくはよくわかりませんが・・・ たぶん・・・オリジナルの方が いいんだろうな〜って 正直思ってしまいました。 秋には、ラブストーリー物がいつも多いようですが、 ハリウッドでは、ネタきれしたのか・・韓国映画のリメイクです。 それで、話題作りに「スピード」のキアヌ・リーヴスと サンドラ・ブロックの12年ぶりの共演と言う売りのようです。 始まりは、2006年に「湖の家」から引っ越すことになった ケイト(サンドラ・ブロッ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 2日 (月) 23:25

« 『道』をレンタル | トップページ | NHKドラマ『純情きらり』終わる »