« 帰り道のキオスクで | トップページ | 『道』をレンタル »

2006年9月21日 (木)

『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』を観る

Okutan

(先月観たレンタル作品の感想も滞ってますが・・)とっても久しぶりに映画を観ました。

経過観察中3年目の病気が再発か?という疑いがあったので、ここ2週間ほどモヤモヤしていました。
が、今日、問題ナシというお言葉を頂き、すっかり気分が晴々。
入院やら手術やらを考えて、仕事の整理をしていたここ数日を考えると精神的にかなり追い込まれた感があったので、その反動か、物欲や食欲が沸いてきました。
それに映画も久々に観たいなぁ・・・と思いまして、この作品を観て来ました。


気になってたんですよねぇ、コレ!
あからさまなタイトルで分かる通り、アガサ・クリスティー原作の映画化作品。
とはいうものの、私は女優さん目当てです。
『女はみんな生きている』でいいなぁと思った女優さん(カトリーヌ・フロ)が主演と知り、チェック入れてたのです。


観ているのは1作品しかなく、その1作品のイメージしかありませんが、この人の顔とか表情とか・・・何だか好きなんですよね。
本作でも私の持ってる彼女のイメージが損なわれることなく、好奇心旺盛で飄々としている様がハマってて、「やっぱりこの人、好きだなぁ」と思いましたよ。


ちょいと女優さんウォッチングを目的で観たので、内容の予習(あらすじチェック)はしておらず・・・そのせいか、ちょっと内容を把握しずらかったです。
お疲れのせいか、目が半開き状態で無理矢理観ていたりもして。
クリスティー作品の数作品をかつては熱心に読んでいた時もあったのに・・・^^;
目が半開きとはいえ、
フランスの田舎町の風景や、あの絵になった“家”の並木道など、映像は楽しめました。
そう、鍵となったあの“家”の風景は、家の中からの並木道を見る方が断然ステキでした。


監督さんがコメディ映画で有名なお人らしく、笑わせてくれる所もあったりして・・・フランス語はさっぱり分からないけど、ボケたふりをする叔母さんの口調(空気の抜けるような音)が私のツボでした。


観ながら「どっかで見たなぁ」と思った夫役の軍人さん(アンドレ・デュソリエ)って、『アメリ』や『ピエロの赤い鼻』のあの人だったんですねぇ・・・見終わって知って、今更へぇ~な気分。


半開き状態だったとはいえ、何だかんだ久々の映画は楽しかった!


********************

原作:アガサ・クリスティー 『親指のうずき』
監督:パスカル・トマ
出演:カトリーヌ・フロ, アンドレ・デュソリエ, ジュヌビエーブ・ビュジョルド, バレリー・カプリスキ
上映時間:105分

公式HP → http://www.okutan.jp/
********************




|

« 帰り道のキオスクで | トップページ | 『道』をレンタル »

コメント

ajuさんが健康でいてくれて私はなんだか嬉しいです。

アガサ・クリスティは
「そして誰もいなくなった」
しか読んだことがない!
そして、関係ないけどイギリスBBCテレビで放映していたドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」がDVDでレンタルされていて、どうにも観たくなった今日この頃です。

NHKはアガサ・クリスティものとか、イギリス系のドラマをよく放映してくれますよねぃ。

投稿: siu | 2006年9月22日 (金) 21:45

お久しぶりです。モヤモヤが晴れてよかったですね!
カトリーヌ・フロ、みてみたくなりました。

投稿: ウクレレとりっぷ | 2006年9月23日 (土) 01:50

>siuさん
私も「そして誰もいなくなった」も読んだし、「オリエント急行・・・」も読みました!
それが高じた訳ではないんですけど、ホントのオリエント急行を乗りに行っちゃったりしましたよ。
NHKの海外ドラマは地味だけど結構面白いものも多いような気がする・・・私は3年ほど前に見た仏ドラマ「レ・ミゼラブル」をもう一度見たいなぁ。

siuさんの最初の1行、とてもありがたく嬉しかったです。どうもありがとうです!


>ウクレレさん
どうもご無沙汰しております!
ゼヒ!と言いたい所ですが・・・男性の方が観るには少し受入れ難い内容かもしれないけれど、「女はみんな生きている」って面白いです。
機会があったら観て見て下され。

投稿: aju | 2006年9月24日 (日) 21:06

ajuさんの記事を読んでから、ずっと観たいなぁ〜って
思っていたのですが、やっと観て来ました。
カトリーヌ・フロ、なかなか良いですよね〜。
フランス語は、ちょっとわかりづらいですが、
のん〜〜びり、まったりした映画で、美しい風景は
気持ちをゆっくりさせてくれました。

投稿: ルナ | 2006年10月17日 (火) 23:55

>ルナさん
おぉっ・・・私の記事でですか?光栄でございます。
ルナさんもカトリーヌ・フロにチェック入りましたね。いいですよね~、彼女ってば。
そぅ、内容はのんびりしすぎ・・・の、まったりを通り越して眠くなりませんでした?(私だけかな?(笑))

投稿: aju | 2006年10月19日 (木) 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/11986725

この記事へのトラックバック一覧です: 『アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』を観る:

» 「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」 [やまたくの音吐朗々Diary]
今秋公開の「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」の試写。ミステリーの大家、アガサ・クリスティーの没後30年にあたり、名作「親指のうずき」が待望の映画化。フランスのお屋敷で優雅な生活を送るのは、好奇心旺盛な奥さプリュダンス(カトリーヌ・フロ)と、おっとり旦那さま... [続きを読む]

受信: 2006年10月 6日 (金) 00:35

» アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 [ルナのシネマ缶]
アガサ・クリスティーは、 一時期かなりハマって読破しましたが、 最近は随分ご無沙汰だったので、 なんか懐かしさにひかれて 観に行ってきました。 原作は、おしどり探偵トミー&タペンスの「親指のうずき」です。 舞台はフランス、田舎で悠々自適の生活をおくる、 好奇心旺盛な奥さまプリュダンス(カトリーヌ・フロ)と、 おっとり気味の旦那さまベリゼール(アンドレ・デュソリエ)。 高級老人ホームで、亡くなった叔母の遺品を整理していて、 プリュダンスは、ある風景画に胸騒ぎを覚える。 そ... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 23:57

« 帰り道のキオスクで | トップページ | 『道』をレンタル »