« 『バッド・エデュケーション』をレンタル | トップページ | 田臥blog »

2006年10月 1日 (日)

『レディ・イン・ザ・ウォーター』を観る

Lady_1

ファンタジーだ。

シャマラン監督の作品だから、何だか・・・気がまえてカクッっていう感じ(←アンブレイカブルの印象が強い)かなぁと思っていたけれど、カクッはしませんでした。
劇場予告では何だか怖い系?と思ったりしましたが、
おとぎ話として観ると、ハマってしまう。
あの赤い目を一緒になって睨んでいる私がおりましたよ。


どもり症で冴えないアパートの管理人(ジアマッティ)の前に登場する謎の女性(ブライス・ダラス・ハワード)。
その謎の女性の正体を突き止めて、彼女を助けるジアマッティ他アパートの住人たち・・・
現代版ファンタジーという感じで、冒頭からハマってしまいました。私。
映像的にはファンタジーとして観るには物足りないけれど(犬とかサルとか)、こういうのって、結構私は好きです。


TVCMでは「守護者」「職人」「記号論者」など難しそうな表現を出してきますが、その辺の説明をダダーッとされた所は頭がこんがらかりました。あの“やり直しの説明”あたりが特に。他にも何故に?と思った所も多々ありましたが・・・^^;


それにしても、シャマラン監督ってば何だか良い役どころではないですか。
そして、何だか前よりも若々しく見えてしまった。


あぁ、それから・・・絶対何かやらかすと思ってた筋肉マン!
彼に関してはラスト近くまで何の進展なかったので、「あらら、登場の余地なくなっちゃったか」とガッカリしてました。
が、最後にドーンとスポットが当たったので「やったどー!」と少し興奮しちゃいました。(笑)
条件反射か役柄の使命感が急に出てきたせいなのか、至極反応が良かったのには笑っちゃいましたけど。


ストーリー役のブライス・ダラス・ハワードってば、
『ヴィレッジ』の時といい、すごく神秘的というか不思議な魅力がありますね。。。


最後に・・・不覚にもジアマッティ(役名はクリーブランド)がストーリーを治癒する所あたりから涙がジワリ状態になってしまいました。彼も救った人だったし、彼自身救われたので・・・
いくら涙もろいとはいえ、涙浮いちゃったのは私くらいなものかも。^^;;;


【2006.10.2追記】
ここんとこ映画を見てもブログで他の人の感想を読んだりしなかったんですが、他の人はどう思ってるのか検索していくつか回ってみたら・・・不評ばかり!
コレ見て、赤い目を睨んだり、涙ジワリした私って・・・
夢中になった私って・・・ハズカシー!^^;;;






|

« 『バッド・エデュケーション』をレンタル | トップページ | 田臥blog »

コメント

あるある。
自分としてはサイコーに面白かったのに、周りが皆冷め冷めってことが。
でも、いいじゃないですか。
ajuさんの記事は読んでいてわかりやすいのです。

シャマラン監督作品はたいてい酷評されちゃうけど、私は結構好きなんです。
この映画も出来れば映画館で観たいです。

投稿: siu | 2006年10月 5日 (木) 21:20

siuさん、こんばんは。

そっか!いいのか!自分は自分でいいんですよね。
迷い道にハマって、救い出されたような気分です。(笑)
(後押し、ありがとうです!)

勇気が出たので、ついでに言っちゃうと・・・
私、この作品は『シックス・センス』の次に好きかもです。
シャマラン監督作品って、観ている方(自分)としてはビックリ度などに何故か期待してしまい、
どうしても“テーマ”については目を向けなかったりしちゃうんですよね。
『ヴィレッジ』の時も、テーマよりもビックリ度(怖さとか)の方に気が行ってしまったし・・・

が、今回は、自分の想像も絡ませたせいか、作品自体に夢中になれた気がします。
siuさん、鑑賞されたら是非感想を!


投稿: aju | 2006年10月 6日 (金) 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12115795

この記事へのトラックバック一覧です: 『レディ・イン・ザ・ウォーター』を観る:

« 『バッド・エデュケーション』をレンタル | トップページ | 田臥blog »