« 『間宮兄弟』をレンタル | トップページ | プリザーブドフラワー教室へ行く »

2006年10月29日 (日)

『アンジェラ』をレンタル

アンジェラ スペシャル・エディション
原題 : ANGEL-A / 90分
監督 : リュック・ベッソン
出演 : ジャメル・ドゥブーズ , リー・ラスムッセン , ジルベール・メルキ , セルジュ・リアブキン


こちらも『間宮』同様、公開時に観に行きたかった作品でした。
とか言いつつ、しょっぱなから(疲れてた為)寝ちゃって、2日にまたいで観てしまいました。^^;

借金で首が回らなくなり・・・崖っぷちに立たされたダメ男アンドレの前に現れたのは、絶世の美女(で天使)のアンジェラ。
天使が登場するファンタジーでもあり、ロマンス色アリの、天使によってダメ男が生まれ変わる成長物語でもある作品でした。

モノクロの世界がカッコ良かった。
反面、カラーで観てみたいという欲張りな気持ちにもなったりして。カラーだったら雰囲気が物凄く変わっちゃうかな・・・?

初めの方のアンドレば、ホント駄目ダメで少しイライラ・・・。
アンジェラが体を張って稼いだお金を、嘘臭い情報に乗って全額競馬に賭けてしまった所には、ホントーにイライラしてしまった。(後になって知る彼女のお金の稼ぎ方にはビックリしちゃいましたが・・・(笑))
そういうダメダメ人が、それまでの殻を破って変わっていく姿は見ていて前向きな気持ちになりました。

それにしても、アンジェラが天に向かって羽ばたくけれどアンドレにしがみつかれた所にみせたお顔はちょっと怖かった。
アンドレが喰われちゃうんじゃないかと一瞬心配したのは私だけかな。^^;



|

« 『間宮兄弟』をレンタル | トップページ | プリザーブドフラワー教室へ行く »

コメント

モノクロームの映像は、美しかったですが、
全体的にたんたんと流れていく感じで
ちょっと眠たくなりますよね〜。
アンジェラのスタイルは天使並み?でしたが
かなり凶暴な天使でしたよね〜(笑)

投稿: ルナ | 2006年10月30日 (月) 00:00

ルナさん、コメント&TBどうもありがとうです!
アンドレがしきりに「絶世の美女」と表現してましたが、スゴミのある姐さんって感じで、あまり絶世とは感じず・・・。
が、スタイルはモデルもやってるだけあって、抜群でしたよね。
腕っ節の強さにはホレボレ~でした。(笑)

投稿: aju | 2006年10月31日 (火) 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12480505

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンジェラ』をレンタル:

» アンジェラ [ルナのシネマ缶]
久しぶりのリュック・ベンソンの新作なのに、 評判は最悪で、劇場はガラガラ・・・。 なんかさみしいですよね〜。 全編がモノクロームで、 たんたんと流れていく感じ・・・ たしかに眠くなっても 仕方ないかも・・・・(´-`) 一旗あげようとアメリカからパリにやってきたものの、 借金にまみれて絶望の淵にいる男アンドレ(ジャメル・ドゥブーズ)、 万策尽きて、セーヌ川に身投げしようとした時、 隣に突然長身の美女(リー・ラスムッセン)が現われ、 先に川に飛び込んでしまう。 驚いたアンド... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 00:02

« 『間宮兄弟』をレンタル | トップページ | プリザーブドフラワー教室へ行く »