« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | 『アンジェラ』をレンタル »

2006年10月24日 (火)

『間宮兄弟』をレンタル

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
2006年作品 / 119分
原作 : 江國香織
監督 : 森田芳光
出演 : 佐々木蔵之介 , 塚地武雅 , 常盤貴子 , 沢尻エリカ , 北川景子

**

待ってましたよ・・・レンタル開始されるのを。
結局観に行けなかった『間宮兄弟』、運良く一番手で借りてきました。(同じく観に行かずじまいだった『アンジェラ』も!)

何の興味も示さなかった映画でしたが、地元近くでロケをしていたと知るやいなや、興味を持ち始め・・・。
その興味示したきっかけとなった立石商店街etcの様子を見るのがスゴク楽しみデシタ。(こんな興味の示し方で、ファンの方にとっては外道でしょうけど。スミマセンです。)

そういう身近な所が映ってたりすると、何だか思い入れのようなものも生まれてしまう。
「あー、映ってる映ってる!」などと、見慣れた商店街やコンビニが出てくると、つい声に出ちゃいました。

原作同様、のんびり淡々としていて、休日落ち着いて(自宅で)観るにはいい作品だなぁ....。

ラストの方。
飛行場で黄昏れて、台場~銀座~浅草・・・と、きっと彼らの住まう場所・立石までママチャリで突っ走るシーン。
兄弟がママチャリでサイクリングする所は、タマゲタ!
これはすごい距離ですよ。
私も自転車で川沿いを走りますが、あんな所までとてもとても行けませんですよ。

でも台場まで行けちゃうのか・・・ふと、何だか同じ様なことをしたくなってきた。(この場面見て、そう思ったのは私だけでしょうね・・・^^;;;)
あ・・・ローカル気味に話が離れ過ぎた!


俳優さんについても、ちょっと言いたいことが沢山ありました。

間宮兄役の佐々木蔵之助さん。
(NHKのオードリーというドラマを見て以来、結構好きな俳優さんである)佐々木さんは、原作のイメージだと「大垣さん」の方が近いような気がしたけれど、見てみてどっこい!間宮兄がピタリとハマっていました。

間宮弟役の塚地もピタリハマり役。

見てみると、本で読むよりも「ちょっと気持ち悪いぞ」と思える所もあったりして。
でも、間宮兄弟よりも大垣さん(高島政弘)のヘラヘラっぷりが気持ち悪かった。
原作ってあぁだったかな・・・?

予告の時から気になってた妹の彼氏役の子。
存在感アリアリで、なかなかにメッケ物なお人でした。
あの存在感は風体だけじゃないよなぁ・・・あまり登場回数なかったというに。
スタイリストが本業って聞いたけれども、あの個性なら俳優さんでやってけそうな気もします。
何かの作品に出演する予定とかないのかしら・・・?


内容については、原作を読んだ時に感想を残したと思うので、ロケ地と俳優さん達について・・・の言いたい放題になってシマイマシタ。^^;





|

« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | 『アンジェラ』をレンタル »

コメント

わー。ajuさん、待ってましたー!
私も、妹の彼、気になってたんですよー!
独立して記事にもしちゃったくらい!

http://mintmint.jugem.jp/?eid=1509
映画を見てからもうずいぶんたつんですが、
まだ鮮明に記憶に残ってます。
光ってましたよねえ。

ajuさんの地元ならではの感想、おもしろかったです。
是非、お台場までコースに挑戦してみてくださ~い!

投稿: うきこ | 2006年10月24日 (火) 07:25

あぁっ、うきこさんっ!
そうでしたよねー、うきこさんもあの彼のことを気にしてましたよね。
私はですねぇ、あのジャングルジムをメジャーで測るシーン(ほんの数秒)と、ジャングルジムの上でフランス語を喋ってたシーン(これまた数秒)が好きです。
どれもほんの数秒シーンなのに、妙にインパクトあって残りますね。

観る前は(見た目がアレだから)冷やかし的に気になってたんですけど、完璧認めた。
私は彼を認めるっ!←エラソー・・・

書き忘れたけど、妹役の子も良かったなぁ。

あ、彼の記事があるんですね。チェックしてなかったかも・・・早速お邪魔します!

投稿: aju | 2006年10月25日 (水) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12398174

この記事へのトラックバック一覧です: 『間宮兄弟』をレンタル:

» 間宮兄弟 [book&cinema]
観にいってきました。 いい年をしても、兄弟で必死で映画を見たり(自宅で)、 ぎょうざじゃんけんしたり、 イブにオールナイトで語り合ったり、 カレーパーティーしたり・・・ そういう少年みたいなこころは、悪くはないけれど、 やっぱり映像で見ると、ちょっとおたくっぽい弟や 生真面目を絵に描いた兄のお話なので、 なんか引いてしまう自分がいる。 それより、一見すごく気持ち悪いチャラチャラしたバカな若者が、 実は、すごい記憶力持ってたり、 フランス語ペラペラしゃべって、パリ... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 23:10

« つづれおり/キャロル・キング | トップページ | 『アンジェラ』をレンタル »