« 『ダ・ヴィンチ・コード』をレンタル | トップページ | 11月17日(金)午後3時半 »

2006年11月16日 (木)

『リトル・イタリーの恋』をレンタル

リトル・イタリーの恋 スペシャル・エディション
原題 : LOVE'S BROTHER / 103分 / 2004年
監督 : ジャン・サルディ
出演 : ジョヴァンニ・リビシ, アメリア・ワーナー, アダム・ガルシア, シルヴィア・ドゥ・サンティス


**

個人的に気になる俳優さん(ジョバンニ・リビージ)の出演作なので上映時に観に行きたかったのですが、見逃してしまい、レンタルを楽しみにしてました。

結婚相手を1枚の写真や手紙で決めてしまう時代(オーストラリア移住)のお話。
結婚紹介所から紹介された女性に振られてばかりで、自分に自信を失くしたアンジェロ(J・リビージ)は、ハンサムな弟ジーノ(A・ガルシア)の写真を入れてロゼッタ(A・ワーナー)という女性へ手紙を送ってしまいます。
何も知らない彼女はその写真とその手紙を受けて結婚を決心し、宣誓式を済ませ、アンジェロのもとへとオーストラリアへ船出します。
ロゼッタが到着した所で事実が明るみになり、アンジェロ、ジーノ、そしてロゼッタ・・・ついでに言っちゃうとジーノの恋人コンツェッタがどういう結末を迎えるか・・・といった内容です。

自分の中で「結末予想」を2つ立ててたんですが、
(出来すぎ君だなぁと軽く思ったものの)いい感じで終わったように思えたので、観た後は何だか気分良かったです。


ジョバンニさん、今回のアンジェロ役もなかなかに癖のある役どころでしたが、彼はやっぱり魅せてくれました
ロゼッタを迎えてから彼の内面に変化が見られる(と思う)んですが、ラストまでに少しずつ表現しているように思えて、良かったです。
これって私の・・・贔屓目なだけかな。(笑)

彼がエスプレッソを注ぐ姿は、意外にもお似合い。
湯気が似合う・・・何だか新発見的だったので、嬉しい収穫。(笑)

ジョバンニさん目当てでしたが、一番の収穫はロゼッタだったかも!
彼女がとてもキレイで、見惚れてしまった私。
演じたアメリア・ワーナーは、『イーオン・フラックス』で一度見かけているのですが、この作品中の彼女は別格。
すごくキレイです。
こんなに同性の女優さんに対して見惚れた(キレイすぎてドキドキした!)のは、『マレーナ』のモニカ・ベルッチ以来でした。


手当たり次第、少しでも興味を持ったら色々なDVDを観ている私ですが、やはり好きな俳優さんや新発見の女優さんを見つけちゃうと、作品的には大感動レベルではないけれど贔屓目になってしまい、「観てヨカッタ映画」っていう位置づけをしてしまいます。

風景もいい感じだったし・・・特にロゼッタが住むイタリアでのシーンがいい感じ。(彼女の空想の世界も込みで)

あぁ・・・観てヨカッタ!です。


【追記】
因みにこの作品の監督さんは、『きみに読む物語』や『シャイン』の脚本を手掛けたジャン・サルディ。
彼の初監督作品だそうです。
この2作品も「いつか見たい」と思っていたので、観るのにちょいといいきっかけとなりそうです。




|

« 『ダ・ヴィンチ・コード』をレンタル | トップページ | 11月17日(金)午後3時半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12714646

この記事へのトラックバック一覧です: 『リトル・イタリーの恋』をレンタル:

« 『ダ・ヴィンチ・コード』をレンタル | トップページ | 11月17日(金)午後3時半 »