« 『スーパーナチュラル1&2』をレンタル | トップページ | 『タイフーン』をレンタル »

2006年11月 4日 (土)

『ゆれる』を読む

ゆれる
ゆれる 西川美和著 (ポプラ社)


決算期や何やらで忙しい中、会社の昼休のみを使って読みました。(笑)
自宅で読んだら・・・徹夜してでも一気読みしてたかもしれない。

aju、絶賛。「大」つけちゃってもいいくらい。

各章が登場人物の“かたり”として構成されています。
最初、一瞬だけ、「かたり・・・かぁ。読みづらそう」と思ったけど、全然でした。返って面白かった。
兄・弟・智恵子の“考え”の相違がありありと分かるので、こういう進行の仕方は斬新。
(読書ばなれしている私なので、こういうスタイルは斬新じゃないのかもしれないけれど・・・私にとっては初めてなので、余計に新鮮だった。)
“かたり”に、洋平が登場するのも良かった。

あとですね、タイトルがいい。
「ゆれる」って、すごくいいタイトルだわ。
絶妙タイトルだ。
タイトルが内容を語っているし、深い。妙味。

初め、映画予告で目にして(観てみたいと)興味を持ったんですが、(映画を観ず、)まずは本から入ってヨカッタかも。
本を読んでいても、香川さんやオダギリジョーが頭の中で動いてましたもん。
結局映画館へは足を運べなかったけど、レンタル開始されたらソッコー借りて観たい。
稔兄ちゃんの背中・・・洗濯物をを畳むシーン、それを演じる香川さんを早く観たい。


内容について、あらすじさえも説明しませんので、この本や映画を知らない(見てない)方にとっては何のこっちゃって感じかもしれません。(スミマセンです)





|

« 『スーパーナチュラル1&2』をレンタル | トップページ | 『タイフーン』をレンタル »

コメント

ajuさん、どうもですー!
本当にこの本は読んでよかった!と思わせる内容でしたよね。
本って、いくら自分が読んでよかったと思っても
読み手によって感動も捕らえ方も違うし、
めったやたらお勧めするものじゃないっておもうんですが
この本は、息子夫婦、娘とお勧めしまくってしまいました。
で、みんな大絶賛でしたよ。
やはり、あの名キャスティングを頭に入れて読んだから
すんなり読めたんでしょうね。
ホント、私の頭の中でもおふたりが動いていました!

TBありがとうございました!お返しさせていただきますね^^

投稿: うきこ | 2006年11月 5日 (日) 07:32

追伸です;
昨夜、わたしのBlogのTB機能が働いていなかったみたいで、
ajuさんのTB、いかされていなかったみたいです。
なので編集画面にも履歴が残ってなくて・・
せっかくTBしてくださったのに消えてしまい申し訳ないです・・。
ごめんなさいね。

投稿: うきこ | 2006年11月 5日 (日) 08:03

うきこさん、こんばんは。
皆さん大絶賛とのことで、私も思わず「うんうん」頷いてしまいましたですよ!(笑)
私もその一人になるのかもしれない・・・映画はさて置き、本を読みたくなったのは、うきこさんのブログがあったからこそですもん。(あれ見て、すぐ予約入れちゃったし。)
私もお礼を言わなくちゃ!
うきこさん、ありがとうございました。

この本を知って、ホント良かった。
知らなかったら、すごく損してると思いますもん。
あ、またまた絶賛しちゃった!(笑)


それから・・・トラバなんですが、1回だけではなく、「あれれ?」って感じで3・4回ほど送っちゃったのでした。
もし暫く時間が過ぎて、全部反映されちゃったらどうしよう!と心配になったんですが、そうならなくて安心しました。(^^)

投稿: aju | 2006年11月 5日 (日) 17:43

私も2つコメントしちゃおう。(笑)

読了後、映画の方のキャストを全て確認しました。私は主要の3人しか知らなかったので、父役が伊武さんだったのには少々ビックリ。
頭の中で、読みながら室田日出男さん(ふぞろいの林檎たちの中井貴一の上司役)を想像してたので。
ちょろっと調べてみたら、室田さんは数年前に亡くなられたと知って、更に驚きました。

キム兄や新井浩文、ピエール瀧なども出演していたんですね・・・一瞬意外と思ったけれど、いや、これはハマってるかも。
益々映画が観たいという気持ちになりましたよ!!

投稿: aju | 2006年11月 5日 (日) 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/12555375

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゆれる』を読む:

» 『ゆれる』西川 美和 [book&cinema]
ゆれる 西川 美和 まいまいずさんにこちらの映画のほうを薦めていただき、 その後、予告も見てすごくおもしろそうだと思ったので まずは原作のほうを読んでみることにしました。 映画の監督をされている西川 美和さん ご自身の原作なので、 作家と監督の作品の深いところの取り違え などもないだろうと思います。 淡々とした「出演者」たちの告白の形で進む作品。 一瞬、芥川の「藪の中」を髣髴とさせる。 ひとつの事実に対し、 各々の抱く思いの違いにはっとさせられる。... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 07:52

« 『スーパーナチュラル1&2』をレンタル | トップページ | 『タイフーン』をレンタル »