« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

『サン・ジャックへの道』を観る

Saint_jacques

『女はみんな生きている』のコリーヌ・セロー監督作ということで、観るのを楽しみにしてました!

人種や生活環境がそれぞれ違う9人がフランスからスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを訪ねる巡礼に参加。
メンバーの中には、遺産相続の為だけに参加した仲の悪い三兄妹、ワケありな女性、女子高生2人組、この巡礼の旅がメッカへの巡礼と勘違いして参加したアラブ系の少年など・・・道中、波乱あり、お笑いありの、ホロリとさせてくれる所ありの作品でした。

最初は3兄妹がいがみ合ってばかりって感じの印象(かなり激しい(笑))が強くって、それだけで終わってしまうんじゃないかと(ちょっと)辟易しちゃいました。
でも段々と・・・巡礼路の風景を楽しめるようになった頃に、兄弟の仲に変化があったり、仲間うちでも固い絆のようなものも生まれてきて、その様子を見ていてジーンとしてしまうものがあって「最初は辟易気味になったけど、やっぱり観てヨカッタ」という感じです。

巡礼路の風景は、見ていて癒されましたし・・・。

実は私、昔からお遍路参りに憧れてます。
短い旅行では四国へ行った事はあるものの、いつか(会社を辞めたら(笑))やってみたいなぁと。
途中までで遺産が貰えることが分かっても、あの兄弟の「最後まで歩きたい」という気持ちが移ってきて、「あぁ、いいなぁ~」と久々にお遍路したいという気持ちが爆発しそうになりました。

文字の読み書きができないラムジィ君。
彼は可愛い役どころで心癒されてたんですが、最後のあの仕打ちは酷い!・・・最初の様子で、そんなような予感はしていたけれど、お気に入りの役どころだけあって、ちょいとあの友人を憎らしく思ってしまったり・・・。(彼もすごく悔いてるのは分かるけれど、でも憎らしい。)

その辺はモヤモヤしてしまったけど、あの3兄妹の変化には感動に近いものを感じてしまったし、仏映画というかセロー監督独特のユーモアも感じられて、私的には満足な作品でした。

*****
原題:Saint Jacques...La Mecque
監督:コリーヌ・セロー
出演:ミュリエル・ロパン、アルチェス・ド・バンゲルン、ジャン=ピエール・ダルッサン、マリー・
ビュネル
上映時間:112分

公式hp
公式ブログ
*****


[3.23]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『いとこのビニー』をレンタル

いとこのビニー
原題 : My Cousin Vinny / 120分 / 1992年
監督 : ジョナサン・リン
出演 : ジョー・ペシ , マリサ・トメイ , ラルフ・マッチオ , ミッチェル・ホイットフィールド

**

法廷コメディものです。

私がブログを始めたばかりの頃に大変お世話になった映画好きブロガーさんが2人、「面白かった!」と仰ってたので、いつか観てみようと思ってから・・・3年経ってしまいました!!
今はこのお二人、ブログをお休みしてたり、別のトコで活動されてたり・・・で、交流がほとんど無くなってしまったのが寂しいですが、この場を借りてお礼を・・・。
「おススメ通り、面白かったです!紹介してくれて、どうもありがとう!」

**

タイトルといいパッケージ画像といい、あんまり手が出ない系なんですけどね、どっこいこれが面白い!
あの懐かしいラルフ・マッチオも見れるとあって、(高校生の頃、ファンだった)私にとってはお得な作品でした。


とんとん拍子に殺人の濡れ衣を着せられたビリーとスタン。
(彼らはツナ缶代金未払い=万引きの事と思って自白したら・・・うっかり殺人の自白にさせられてしまった!のだ)
彼らの弁護を引き受けたのはビリーのいとこであるビニー・ガンビーノ。

でも、彼は弁護の経験がなく、コレが初めての裁判。
そんな(頼りない)彼が話術には強いガンビーノ一族の名にかけて、どう弁護をするか・・・が見モノで面白かったです。色々とクスッとしちゃう笑いがたくさん・・・!

コメディとはいえ、
見てる方も途中から「ビニーってば、こりゃダメだ」と思わされる程にダメダメっぷりを披露するんですが、いつの間にかガンビーノ一族の血のなせる業か、スカッとする終わり方になっているので、見終わった後はすごく気分がいい。
同じコメディ法廷モノの『キューティ・ブロンド』に通じるモノがありました。

元気がもらえるし、私からもおススメしたい作品となりました。


【追記】
この作品のヒロインであるリサ役のマリサ・トメイが1992年(第65回)アカデミー賞助演女優賞を受賞。
彼女、とても可愛かったです。
・・・すごく時代を感じさせるファッション、今見るにはすごくビックリですけど。(笑)

[3.11]




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

『マッチポイント』をレンタル

マッチポイント 初回限定版 (特別ブックレット付)
原題 : MATCH POINT / 124分 / 2005年
監督 : ウディ・アレン
出演 : ジョナサン・リース・マイヤーズ , スカーレット・ヨハンソン , エミリー・モーティマー , マシュー・グード


2週間ほど前に見たんですが・・・
その時の後味の悪さというかモヤモヤがまだ残っています。

とか言いながら、この作品は嫌いではないです。
なんてったって・・・スカーレット・ヨハンソンったら、もー!!キレイ!!
役柄上の彼女が「私はセクシー」と言うセリフにもある通り、魅惑的。同性の私だってもクラクラしちゃうんですけど!
彼女を愛人にしてしまう主人公にジェラシーのようなものを感じさえする始末。^^;

話を戻して・・・
資産家の娘と結婚して上流階級の仲間入りをし、魅惑的な女性を愛人にする。そして、ひと悶着(いや、事件が)あって・・・主人公の都合のいいように運ばれて(主人公にとっては)バン万歳なんですけど、その時に夢か幻のようなシーンで彼の犠牲になった2人が登場する所は妙に印象的。
その2人に向かって発せられた主人公の(あの酷い)セリフにはムカッ腹MAXになりましたが・・・はた目ハッピーエンドだけど、皮肉な結末でもあるっていう感じで〆てるので、このシーンから指輪の行方とラストまで何だか「深い」。

モヤモヤさせられるけど、その「深い」と感じ入った所に見ごたえ?手ごたえ?のようなものがあって、ウディ・アレン作品の中ではコレ・・・一番好きかもしれません。


追記:
姿は見せないノラ(ヨハンソン)のお姉さんは古典的美人とのことだけど・・・このお姉さんもどんな美人さんだか見てみたかったなぁ~。

[3.7]




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月22日 (木)

『ナイト ミュージアム』を観る

Night_museum_2

久々にゆっくり出来そうな休日だった昨日、『ナイト ミュージアム』を観に行きました。

これ、思った以上に面白かったです!!
普段、映画を観て笑うといっても「クスッ」程度な私なんですけど、今回は思いっきり笑ってストレス解消さえしてしまいました。

「何でそーなるのっ?」と思える所が色々あったりはするんですが、そう思っちゃぁいかんのです。
ツッコミ入れちゃ、いかんのです。
主人公のラリー(ベン・ステイラー)と一緒にナイト ミュージアムの世界を純粋に楽しまなきゃ勿体ない!
そう思える楽しい印象の映画でした。

何だかもう一度観に行きたい気もする・・・

オクタヴィウスとカウボーイ、ガムガム・モアイ、3人組のおじさん達、アッティラのおじさん、ホネ恐竜におサル、そして大統領・・・彼らをもう一度観たいなぁ・・・という気分がまだまだ抜けません。

博物館のお祭り騒ぎの他にも、「好きだなぁ、この映画」と思える所があって、
トンでもない博物館の夜警を辞めるはずの主人公が、熱心に(博物館の強敵達の対策として)歴史を勉強するなど前向き姿勢を見せた所。
ありがちシーンかもしれないけれど、主人公が眩しく見えた。
仕事では限りなくネガティブな私なので、ちょっと自分も頑張ろう・・・なんて気分にもさせてくれました。


【一番ツボだったシーン】
オクタヴィウスとカウボーイ達が必死にタイヤの空気を抜くシーン。
タイヤから抜け出る空気は超強風・・・ミニチュアなオクタヴィウス達は踏ん張っての必死な形相・・・だけど、はた目(人間目)では何事もない、ところ。


********************
原題:Night at the Museum
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギノ、ディック・バン・ダイク、ミッキー・ルーニー
上映時間:108分

いきなし予告編が流れる公式サイト
********************

【追記】
ブログだから言っちゃえるんですが、私、ベン・スティラーって結構好きなんです。
オモテではちょっと恥ずかしくて言えないんですけど。^^;





| | コメント (12) | トラックバック (3)

2007年3月20日 (火)

『煩悩カフェ』を読む

煩悩カフェ
煩悩カフェ 酒井順子(幻冬舎文庫)


「他人のものが欲しくなる」
「変な人を見て、“あの人って変”と言いたくなる」
「元カレの不幸を望んでしまう」
「映画館で前の人を殴りたくなる」
などなど、(全部が全部納得とは言えませんが)女ならふと思ってしまう衝動的事柄を『煩悩』と称し、作者さんの考えを綴っているエッセイ集です。

本屋さんのポップとタイトルに釣られてしまい、長い病院の待ち時間潰し用に買ってしまいました。

作者さんの言う『煩悩』も、タイトルだけなら「あー、同感!」と思うものがいくつかあるものの、その内容を読んでると・・・何か違う。
私はこの作者さんの本を初めて読んだんですが、ページを進める度に、何だか文章ひとつひとつにピクリピクリと妙な引っかかりを感じてしまい、結局最後まで読むことは出来ませんでした。

何でこの人はこういう言い方(書き方)をするんだろう・・・?
テンポの良さや、おもしろ可笑しさを狙っているのかしら?

と思ってしまい、最後まで読むには(私にとっては)厳しかった。
相性みたいなものがあるのかな?・・・としたら、この作者さんとは相性が悪いのかもしれません。

こんな気持ちでドロップアウトした「本」は初めてです。


【追記】
2-3行で感想を終わらせるつもりでしたが、画像張り付ける時にアマゾンのレビューを見たら、私と同じ様な感想を持たれた方もいました。
それを見て安心したせいか、2-3行で済ませずに、毒づいた感想になりました。^^;




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

ケーニヒス クローネの嵐

20070315_cimg1018

最近・・・ヒジョーに頻繁にケーニヒスクローネのお菓子を食べまくってます。
それまでも好物だったとはいえ3ヶ月~半年に1回っていうレベルだったのに、今はタイトル通り「嵐」みたいな状態で、1日置きにお店に通っちゃってる。

危険信号“赤”点灯中・・・であります。

ケーニヒスの袋がどんどん貯まってきており、ちょっと勿体ないので、その空き袋を持ってケーニヒスに買い物に行きたい気分でもあります。

いちごと抹茶の“ブッセ”に激ハマリ中・・・
オマケに“クランツ”にもハマってます。
美味しくて、やめられない止まらない。(これ、ホントに危険状態。)

私の母もこの「嵐」状態に侵食されてしまって、贈答用に何個か買っていてというまでに至ってしまいました。
そして私は今日もケーニヒスへ・・・今日は頼まれ物のみと頭では思っていても、口からは「あ、ブッセも自宅用に包んで下さい」という言葉が出てしまっていた。

去年末まで“ひっそり”と励んでいたダイエットは忘却の彼方へ。。。
(この3ヶ月、体重計乗ってません。^^;)






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

今月観たい映画 -3月-

自分用にメモ。

3/3(土)公開
ダウト
パフューム ある人殺しの物語
パリ、ジュテーム

3/10(土)公開
サン・ジャックへの道
ラスト・キング・オブ・スコットランド

3/17(土)公開
デジャヴ
ナイト・ミュージアム
春のめざめ
フランシスコの2人の息子

3/24(土)公開
ブラックブック
ホリデイ
マリアの受難

2月の時に挙げた
どろろ
さくらん
も、まだまだ観たい。

太字はaju的鑑賞必須作品。



|

プリザーブドフラワー教室へ行く⑤

5回目の教室は“フェザーアレンジ”

20070225_cimg0984_1

エンゼルヘアと羽を使ったアレンジで、今回も(期待はしてなかったのに)仕上げてみるとまたまた大満足してしまいました。

あと残り1回・・・・・まだまだ講習を更新しようかどうしようか迷い中。

<2月下旬の講習分なので、この記事は後日2月分の記事へ移動予定。>




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

キユーピー(東1/2809)優待品が来る

20070310_cimg1013_1


3月3日のひな祭りの日にゆうぱっくにて到着。

<今回の内容>
パン工房ベーコン&エッグ(マヨネーズ風味) 145g
テイスティドレッシング コブサラダ 250ml
アオハタ55ブルーベリー&クランベリージャム 165g
アヲハタ55ピーチ&アプリコットジャム 165g
あえるパスタソース ボンゴレソース 60g x 2
(100株~999株保有の株主対象の内容です)

去年ヒットした「たらこ」関連のものがひとつも入ってなかったのが残念。
箱は去年より小さいサイズのものだけど、キユーピーさんマークがやっぱりカワイイ。


株の方は売ってもいいのだけれども・・・何となく長期保有継続中。


[2007.3.15更新]




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »