« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月18日 (火)

『トリスタンとイゾルデ』をレンタル

トリスタンとイゾルデ

原題 : Tristan & Isolde / 126分 / 2006年
監督 : ケビン・レイノルズ
出演 : ジェームズ・フランコ , ソフィア・マイルズ , ルーファス・シーウェル , デビッド・パトリック・オハラ

**

最近、邦画ばっかり見ているなぁと思ったので気分転換に洋画をチョイス。
中世古典のトリスタンとイゾルデの物語を映画化。
これは観に行きたかった作品だったのでした。
軽く知ってる程度なので、ちょっと自分の記憶があやふやで頭の中がゴチャっとしてしまいましたが、純粋にラブロマンスとして観ると結構ハマってしまう。

たまにはこういうラブロマンス・・・しかも悲恋モノを見るのもいい。
どうにもならなず、ただ運命に流されていく主人公とヒロインを見て、「バカ、バカァッ!」なんて言いいながら夢中になって見てたり。(笑)

悲恋で後味悪いけど、何だか運命に翻弄される主人公たちを見てたら、ちょっとストレス解消的なモノを感じてしまった。(きっと、こういうのを内心欲してるのかなぁーと思ってみたり。)

トリスタン役のジェームズ・フランコ、イゾルデ役のソフィア・マイルズの2人は美しいし、何だかこの2人を見ているだけでも満足してしまうのでした。


トリスタンとイゾルデ公式HP
*この中に占いコーナーがあり、試しにやってみると・・・私は“ロミオとジュリエット”の悲劇的な愛を求めているタイプらしい。
なんだ、悲恋好きなのかー私ってば。と、変に納得。


【追記】
幼少時代のトリスタン役はトーマス・サングスターくんでした。
やっぱり可愛いなぁ・・・





| | コメント (2) | トラックバック (1)

ブレスパレット/巨峰

まだまだ続いてます。ブレスパレット全種制覇計画・・・

旬だからというワケではなく、ストックで買い溜めでいたNo.28巨峰を使いはじめました。
毎度のことですが、また同じ事を思うワケで・・・
別に「巨峰」と銘打たなくてもいいのに。「葡萄」でいいのに。

あぁ、でも細かく言っちゃうと「巨峰」かもしれない。
葡萄フレイバーなのだけど、「マスカット」風ではないから。

とはいえども、「葡萄」は葡萄。
小さい時に使った記憶のある“こども歯みがき”のぶどうの香りがしました。
子供の頃の味の記憶とは強烈なものでして・・・このフレイバーはナニゲに好きかもしれません。(ベスト3には入らないものの)


=================================
 まとめ
=================================
【リピートしたいフレイバー(ベスト3)】 ← 変動なし
ローズ、ラベンダー、はちみつ

【2度は買わないと思う・・・的なフレイバー】 ← 変動なし
モンキーバナナ (←一番ダメだ)
京風抹茶(←ビターチョコと入替)

【元記事(全種リスト記載)】 情報求む!ブレスパレット
16種使用済/残りあと16種

ラスト・ワン“印度カリー”まで、あと16種!
============================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

『どろろ』をレンタル

どろろ(通常版)
原作 : 手塚治虫
監督 : 塩田明彦
出演 : 妻夫木聡 , 柴咲コウ , 瑛太 , 中井貴一
収録時間 : 138分

**

周りは誰一人観ていなかったので、どんなもんだったかは見る前に知る事はできなかったけど、興行的にも良い成績を収めたらしいし、原作が手塚作品であるから少し期待をして見てしまったのですが・・・ちょいとタマげてしまいました。

魔物に身体の48ヵ所を奪われた百鬼丸。どろろという泥棒と出会い、魔物退治の旅をしていく・・・

旅の中、戦ってきた魔物たちにはビックリさせられた。
何十年も前にタイムスリップしちゃった如くの何ともまぁ・・・言葉悪いんですが、“ちゃち”な魔物たちでした。

2週間位前に観たけれど、もうほぼそこんところの衝撃しか覚えてないです。
中井貴一には毎度のように惚れ惚れしちゃったけど、着ぐるみ風の魔物たちは想定外すぎて興ざめする前にかなり衝撃を受けちゃいました。

次作があるのかないのか・・・多分見ない。
原作の方を読んだ事がないので、原作を読みたくなりました。すごく。
映画の記憶なくして。






| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

原美術館に行く(お土産編)

(前記事のつづき)

美術館に行ったのは久々すぎたせいなのか、
最後に寄ったSHOPには、沢山欲しいものがありまして・・・
結構長居をしてしまいました。

結局購入したのは、この可愛いニコちゃんマークのクリップと・・・

20070909_cimg12601_2

蝶の切り絵(POP SCOPE)
アクリルのフレームに入っていて、壁に掛けられます。

20070909_cimg1320

この切り絵は一点一点手仕上げをされている造本作家でデザイナーの駒形克己さんという方の作品です。
蝶だけではなく、チューリップやバラ、パンダやヒマワリなど・・・沢山あってとても目を引きました。
「欲しい!」とすぐ思ったんですが、どれも良いのでどれにしようか色々悩み、結構長居をして・・・蝶に決めました。

館内には駒形さんの作品は展示されてなかったんですが、この美術館に行き、「行ってヨカッタ!」と一番思ったのは駒形さんの存在を知れたこと。
すっかりファンです。
ファンになりました。

立体絵本?仕掛け絵本?と言われるような絵本も出されてるんですけど、私はこのPOP SCOPEというシリーズがとても気に入りました。
もうひとサイズ上にも気になった絵があったので、今思えばそれも購入しておけば良かったかなぁとも思ってます。

今後、駒形さん関係のイベントがあれば足を運びたいし、
ネットでorderも出来るので、このPOP SCOPEシリーズは少しずつ買い揃えたいです。

・・・この原美術館へ行ったお陰で、十年以上ご無沙汰だった美術館巡りにも意欲が沸いてしまいました。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

原美術館へ行く

台風が上陸した金曜日に所用があって有給を取りまして・・・
用事が済んだ後、品川にある原美術館へ行きました。

建物や館内にあるカフェが評判とのこと。

駅周辺しか知らない私にとっては、
ちょっとイメージ的に「品川に美術館?」という感じだったんですが、駅から10~15分ほど離れた閑静な所にあり、なかなかに雰囲気のあるたたずまいに目からウロコ的な物を感じてしまいました。

台風が過ぎて気温が33~4℃にも上がってしまって暑かったので、真っ先にカフェで喉を潤し、とても遅いお昼を摂りました。(15:00近くてランチタイムぎりぎりでした)
ランチプレート、なかなかにヨカッタです。美味しかった。

食後、館内を巡ってみましたが、絵の他に写真や造形物などもあり・・・何だかオモシロかったものもあれば、よく分からないものもあり、カワイイのもあったりで・・・(とまぁ、しょうもない感想ですが)ひさかたぶりに“美術館”に行って、いい気分転換が出来ました。
あの美術館ならではの“静か”な雰囲気が好きな私は、ちょっと癒されたかも。

今度は何かの展覧会時期に行き、
カフェで「イメージケーキ」(アートなケーキ)を食べたいな。
いや・・・今度は、群馬県渋川市にある別館かなぁ。(知ったきっかけは、別館の方が先だったし)

SHOPでお土産を買って帰りました。
・・・続きは後の記事にて。

20070907_cimg1206
原美術館 
11:00-17:00 (水曜のみ20:00まで)
月曜休館
東京都品川区北品川4丁目





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

ブルーベリー本

ブルーベリー (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)
ブルーベリー (NHK趣味の園芸・よくわかる栽培12か月)


この前のブルーベリー狩りで何かほとばしる情熱が生まれてしまったような・・・
こんな本を買ってしまいました。

ブルーベリーを育ててみたいなぁーと、ふと思ったりしたもので。

何にも知識がない私にとっては読みやすいし、
お値段(\950.-税抜)の割には充実しているなぁと思った一冊でした。

約200もの品種が存在しているブルーベリー。
一体どんな品種を選べばいいのかっていうことも分かったし、
年間を通して各月にすべき事も説明してあったし、後は植え付け時期を待つだけかな。

ただ、一番の楽しみである実の収穫について、
2~3年かけて育てた上で受粉をした方がいいという説明があったので、そこでちょっと意欲がしぼみかけた。
年月を掛けてじっくりと・・・と、腹を据えて取りかからないといけないのだ。

と、少し怯みかけてますが、
新たな趣味としてブルーベリー栽培をしようかなぁと目論み中。・・・多分、実行に移すでしょう。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

今月観たい映画 -9月-

あれれ?
9月は最低1作品、観たいものがあると記憶していたのだけど・・・9月公開予定のリストを見ると、それは晩秋公開でした。
(因みに『僕のピアノコンチェルト』って作品です)

これは自分の勘違いでしょうがないとして・・・でもちょっとおかしい。いつもは他にも観たいと思う作品が何かしらあるのに、全くない。
チェック漏れの可能性もありますが・・・

あえて言えば、火の玉ボーイが気になる『ファンタスティック・フォー2』とか。
うー・・・でも劇場行くまでには観たいとは残念ながら思わなかったし。

気持ちの問題?・・・かなぁ。

観に行く映画がなかったら、レンタル活動に精出そう。
(さびれつつあるブログ活動もついでにがんばるか!)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

『トランスフォーマー』を観る

Transform


スピルバーグとマイケル・ベイが「観テクダサーイ」と劇場予告で言ってた姿が頭から消えなかったので、何だかそれに釣られたかのように観に行ってきました。

細かい設定はよく分からなかったんですが、車や携帯がグルグルっとロボットに変形する。そんな異星からの使者?であるロボットが主役の映画。
ただの機械?じゃなくって彼らは他の星からやって来たエイリアンらしく、地球の平和を守る為、同じ星から来た悪いロボットと戦う・・・といった内容でした。

「観テクダサーイ」につられただけで、内容をよく分からずに観に行ったものの、結構面白かったです。

(地球を守ってくれる方の)車ロボットは感情があって、茶目っ気があって結構可愛い。
地球防衛の鍵を握るアメリカ人青年のマイカーと化した黄色い車ロボットが特に可愛かった。
「こんなポンコツ車」という言葉を気にし、むきになって新車にイメチェンしちゃった所には可愛らしさを感じ、ラスト近くの台詞で「(禁じられていた)会話をしてもいいでしょうか?」と隊長の命令を忠実に守る姿には感動さえしてしまい、“黄色いの”のファンになってしまいました!

黄色いの、いいなぁ・・・。名前忘れちゃったけど。

他にも結構笑わせてくれる台詞やらエピソードやらあるので、飽きないし、結構観やすい感はありました。


それから、これって元ネタは日本出のものだったのですね。
マンガ?なのかな。ちょっと元ネタがどういうものなのかも気になります。





| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »