« 原美術館に行く(お土産編) | トップページ | ブレスパレット/巨峰 »

2007年9月17日 (月)

『どろろ』をレンタル

どろろ(通常版)
原作 : 手塚治虫
監督 : 塩田明彦
出演 : 妻夫木聡 , 柴咲コウ , 瑛太 , 中井貴一
収録時間 : 138分

**

周りは誰一人観ていなかったので、どんなもんだったかは見る前に知る事はできなかったけど、興行的にも良い成績を収めたらしいし、原作が手塚作品であるから少し期待をして見てしまったのですが・・・ちょいとタマげてしまいました。

魔物に身体の48ヵ所を奪われた百鬼丸。どろろという泥棒と出会い、魔物退治の旅をしていく・・・

旅の中、戦ってきた魔物たちにはビックリさせられた。
何十年も前にタイムスリップしちゃった如くの何ともまぁ・・・言葉悪いんですが、“ちゃち”な魔物たちでした。

2週間位前に観たけれど、もうほぼそこんところの衝撃しか覚えてないです。
中井貴一には毎度のように惚れ惚れしちゃったけど、着ぐるみ風の魔物たちは想定外すぎて興ざめする前にかなり衝撃を受けちゃいました。

次作があるのかないのか・・・多分見ない。
原作の方を読んだ事がないので、原作を読みたくなりました。すごく。
映画の記憶なくして。






|

« 原美術館に行く(お土産編) | トップページ | ブレスパレット/巨峰 »

コメント

ちょっと笑ちゃうくらい、ちゃちーな魔物でしたよね〜。
原作では、どろろはおこちゃまなんですよ〜。
それで、柴咲コウがイメージと合なくて
なんかへんな感じでした。
原作は、もっとおもしろかったですよ。

投稿: ルナ | 2007年9月18日 (火) 01:08

ルナさん、コメント&TBありがとうです!

あ~そうなんですよね、
ネットで表紙だけ原作『どろろ』を確認したら、可愛いお子ちゃまでした!
手塚作品は『ブラックジャック』しか読んだ事がないんですけど、原作はきっと色々感想が出るに違いないだろうなぁと思っています。
で、買う気満々なんですけど、文庫サイズ版を求めに本屋へ行ったら売り切れだったんですよー・・・トホ。

柴咲コウは、あれはあれでこなしてる感(意外にハッちゃけてたような)があったように思えたんですが、原作知っちゃうとイメージ合わなそうですね。

魔物着ぐるみに衝撃を受けてしまった私が、これから原作を読んでしまったら・・・色々な所にますます違和感を憶えそうで怖いデス。(笑)

投稿: aju | 2007年9月18日 (火) 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/16479887

この記事へのトラックバック一覧です: 『どろろ』をレンタル:

» どろろ [ルナのシネマ缶]
原作を読んだのも、 テレビアニメが放映されたのも、 遠〜い!遠〜〜い昔の事なので、 父親の天下取りの犠牲に 体の48カ所を魔物に取られ1匹倒す事に、 体の一部が戻ってくると言う話しか 覚えていませんでした。 あと、最後の最後にどろろが女の子だったと いうオチがあったいうのは、記憶にありました。 だから映画を観る前から、どろろの配役が柴咲コウなのが、 ちょっと納得できなかったんですが、やはり、映画を観て これは絶対、子役にするべきだと改めて思いました。 彼女は、どうみても成... [続きを読む]

受信: 2007年9月18日 (火) 01:09

« 原美術館に行く(お土産編) | トップページ | ブレスパレット/巨峰 »