« 『ディスタービア』試写会に行く | トップページ | いくつかの映画に挿入されている気になる曲 »

2007年11月 7日 (水)

『アレックス・ライダー』を(やっと)観る

Stormbreaker3_large_3Stormbreaker1_large_4


お待たせ、アレックス~!
と変な勘違いセリフを心の中で叫びつつ、昨日やっとこさ観に行きました。

先月の記事でもお分かりになる通り、(どうにも止まらない)私の王子リストに新規組入れとなったアレックス・ペティファー主演。
イギリスの人気児童向け小説を映画化したスパイアクション作品です。

アレックス・ライダー(A・ペティファー)は、ロンドンに住む中学生。 両親はなく、叔父のイアン(ユアン・マクレガー)と暮らしているのだが、叔父は仕事に忙殺されている銀行員で、すれ違いが多い毎日を過ごしている。 ある日、叔父が出張先で謎の死を遂げる。 アレックスは、その時初めて叔父が英国諜報機関(MI6)に所属していたことを知るとともに、気づかぬうちに自分もスパイとしての能力を身に付けさせられたことを知る。 そして、叔父のミッションを引き継ぐ形で、IT事業者のセイル(ミッキー・ローク)の工場への潜入捜査を開始する・・・

アレックス・ウォッチングに徹した感想を残そうかとも思いましたが、内容もなかなかに興味深かったので、その辺のトコロも踏まえて感想を・・・(多分、いつもの数倍の量の感想になりそう)。

まずは、アレックス。
英国少年な彼は、やっぱりいいですよ・・・。
改めてトリコになりました。
こんなに真剣に主役を目で追い続けたのは久しぶりだし、楽し過ぎるんですけどー!!(ひとり舞い上がり状態。)

4ヶ国語が堪能という設定で、その中には日本語も。ちょこっと日本語を話す所があって、そこは妙にくすぐったくなったり・・・
喪に付した時の黒のスーツ姿には(カッコ良すぎて)ほぉ~とウットリしたり・・・
アクションも多く、場面転換も多いので色んな彼を楽しめる。
とにかく観ている方も真剣で忙しかったのだ!

そんなアレックスは沢山のアクションをこなしているんですが、私が一番好きだったアクション・シーンは大縄を使って大男たちをやっつけちゃうシーン。
ドニー・イェンがアクション監督を務めており、その色が一番強く出ているなぁと思いました。

で、主役を囲む俳優陣も結構豪華。
沢山、英国系俳優さん達が出ておられる。
その中で一番インパクトあったのが、(英国系俳優さんではないが)ミッキー・ローク!
爪楊枝をくわえっぱなしの悪の親玉役。
何だかスゴイ。(外見的に)
これはこれでアリなのだけど、昔のこの人を知ってると、どうしてもスゴイと思わざるを得ない・・・。

少年スパイ作品らしい色々なスパイグッズも楽しませてくれます。
多機能なニンテンドーDSとか、金属を解かしてしまうリップクリーム、特殊効果のある万年筆など・・・
私は6時間は何でも言う事を聞いてくれる効果を持つ「万年筆」が気に入ってしまいました。

主役+俳優陣の魅力や、アクション、面白グッズの数々・・・と、色々見ごたえはあるものの、作品的にはちょいと手放しで面白い!と言えないのが辛い。

軍隊での訓練場で見張り役が優雅に紅茶を飲んでるシーンなどには英国の香りが漂う雰囲気に面白味も感じたのだけど。

本国では大ヒットしたそうで、007やハリー・ポッターを引き合いに出すほどの宣伝文句があったりするのだが、そこまで言うほどではないかなぁと。。

とか言いながら私は、DVD予約しちゃうんですけどね。多分。
だって・・・まだまだ成長過程のアレックス15歳。(現在、17歳だが)
カワイイ&カッコいい彼が混在している15歳の彼を拝めるのは、この作品しかないんですもん。
アレックス・ペティファー鑑賞目的だったら、まさに買いの一枚。

あー・・・すっかり、“アレックスおたく”が出来上がっちゃいました。

で、最後に・・・この作品中の極上アレックスは、
ラストの1ショット(ふりまきざま?アップ)でしょう!
これしかなーーい!!!
乗馬シーンの「僕を信じて」というセリフにも極上アレックスを感じたけど、やっぱりラストのアップはたまらなく良いのだ。


=============================

監督:ジェフリー・サックス
出演:アレックス・ペティファー、ユアン・マクレガー、ミッキー・ローク、ビル・ナイ、アンディ・サーキス、アリシア・シルバーストーン、ミッシー・バイル、ロビー・コルトレーン

上映時間:93分
2006 GER,US,UK

公式HP
=============================


【追記】
勘違いかもしれないけど、挿入曲としてPaul OakenfoldのReady Steady Goが使われてたかと・・・(エンドロールで確認すれば良かった)
コラテラルやボーン・アイデンティティでも使われており、アクション映画にはピタリな曲だと思っていたのですが・・・よく映画の挿入曲に使われるんですかね?


【言い忘れ】
アレックスおたく・・・もとい、アレックスマニアとしては、次回作もあるであろうアレックス・ライダーシリーズよりも来年全米公開予定の出演作品「wild child」がとても気になります。(年齢的理由により、アレックス・ライダーシリーズには今後出演する予定はナシ)

日本公開になるのはいつか・・・首を長くして待つしかないのが、ちと辛い。





|

« 『ディスタービア』試写会に行く | トップページ | いくつかの映画に挿入されている気になる曲 »

コメント

見て来られたんですね〜。
たしかに、内容的には今ひとつって
感じでしたが、
でも、以外と多彩な人が出演していて、
思ったより楽しめました!
それに、アレックスくんは
やっぱりカッコ良かったし・・・・
可愛かったと言うべきかなぁ〜(笑)
ラストの振り向くシーン!
確かにgoodでした(#^_^#)
私もたぶんDVDは買ってしまうと
思います。(~_~;)


音楽の事は気づかなかったけど、
結構有名なバンドだったんですね〜。

アレックスくんの次回作、
どんな役なんでしょうねー
早く日本公開してくれるといいなぁ〜!

投稿: ルナ | 2007年11月 9日 (金) 00:38

ルナさん、早速お越し頂きありがとうゴザイマス!

出演者が多彩なのも魅力的でしたけど、
この映画は何よりもアレックスに尽きますねー!
(すっかりアイドル視している私であります。)

ラストシーンはルナさんもチェック入りましたか~
私はあれで地球を1周・・・いや、2周してしまうくらいのパワーを貰っちゃいましたよ。(笑)

DVDも楽しみ。
パッケージって大体チラシやポスターと同一ですよね?
私はチラシ画像がダサダサで嫌なんですけど、どういうパッケージになるのかが気になります。

次回作は十代の女の子の相手役のようです。どんな雰囲気の役なのかなぁ~。早く観てみたいですね!(といっても2・3年くらい待つのかなぁ・・・)

投稿: aju | 2007年11月 9日 (金) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/17009560

この記事へのトラックバック一覧です: 『アレックス・ライダー』を(やっと)観る:

» アレックス・ライダー [ルナのシネマ缶]
私はどうも昔から イギリス系?の美少年に弱いらしい。 「アナザー・カントリー」とか、 「モーリス」とかも わりと好きだったし・・・。 (ちょっと古過ぎかぁ〜) で・・・今回のお目当ては、 アレックス・ペティファーくんです! 彼見たさに、この映画を観て来ました。 原作は、イギリスでは有名なスパイ小説「ストームブレーカー」で シリーズ化されているようです。 主人公は、ティーンエイジャーのアレックス・ライダー! アレックスって・・・・同名!まさに彼の為の役ですよねー。 ストー... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 00:38

« 『ディスタービア』試写会に行く | トップページ | いくつかの映画に挿入されている気になる曲 »