« 今月観たい映画 -11月- | トップページ | 『アレックス・ライダー』を(やっと)観る »

2007年11月 5日 (月)

『ディスタービア』試写会に行く

Disturbia

今年は忙しかったりで一度も試写会を応募してないなぁと気づいた時に、この試写会を応募してみたら(運が溜まっていたのか)当選したので観に行ってきました。

『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ主演。
父親の死が引き金となり、警察沙汰を起こして自宅軟禁処分を受けた高校生ケール。暇を持て余した彼は軽い気持ちで「覗き見」を始めるが、それによって連続殺人事件に巻き込まれてしまうサスペンスでスリラーチックな映画でした。

全体の感想は、まぁまぁかなーといった感じ。
(エラソーですが・・・)

自宅軟禁中の主人公の行動範囲は自宅の庭まで、といった限りのある中で、暇つぶしの“ご近所覗き”で連続殺人犯が存在していることに気付き、監視を始め、巻き込まれていく・・・といった流れには、ハラハラ&ドキドキするものがありました。
でも、音でビックリさせたりする所もいくつかあったので、その度にビクッ!としてしまった私。
・・・過度な音出しは勘弁して下さい。^^;

紳士なデビット・モースの犯人役も紳士的である分、何だか凄みがあって良かった。
特にアシュレーにプレッシャーをかける所(ホームセンターの駐車場?で)は、ドキドキ・・・

それとですね、
この人、主人公の子、シャイア・ラブーフって、(前置きして“ごめんなさい”)パッと見は冴えない感じの子なのに、妙に存在感がありますね。ちょっと今後が気になります。

音や展開などでビックリした私ですが、一番ビックリしたのはケールの告白シーン。
水着姿のアシュレーを覗き見ては「ウヒョー!」などと言ってるだけだったのに、覗きながら彼女の本質を理解していたようで、それを告白し、彼女がグッと来てしまった所。
ただの「ウヒョー!」だと小バカにしていた私は、ある意味一番の衝撃を受けました。ホントに。

ケールの友人ロニー(アーロン・ヨー)が、単純おバカで憎めない存在で、ちょいと好きでした。
彼も事件に巻き込まれて痛い思いをするのだが、ラストになかなか姿が出てこないので、ちょっと心配しちゃった。(笑)

[10/31 ニッショーホールにて鑑賞]

==================
監督:D・J・カールソ
出演:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、デビッド・モース、キャリー・アン・モス、アーロン・ヨー

公式HP

11月10日(土)公開
==================





|

« 今月観たい映画 -11月- | トップページ | 『アレックス・ライダー』を(やっと)観る »

コメント

TBさせていただきました。

冒頭のシーンが一番の見所って感じでしたが、意外とラストまでたのしめました。
現代のアメリカの若者文化がわかるところもよかったと思います。

投稿: タウム | 2007年11月11日 (日) 01:38

タウムさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。残念ながらTBは入っていませんでした。
(消したんじゃありませんよ~!)

そうですね、冒頭シーンが見所・・・といいますか一番辛かったです。あの辺りだけ、別モノ作品みたいな。。

投稿: aju | 2007年11月11日 (日) 21:26

たびたびお邪魔します。

TBを何度も挑戦したんですが、どうも相性が悪いみたいで・・・。すいません。
ところで、俺もajuさんとまったく同じ試写会で鑑賞してたようです。虎ノ門のニッショーホール。
司会の人が挨拶したりするのが普通なんですけど、そういうのが一切なくてあっさりしていた試写会でしたね。
ほかでは、企業の宣伝用の粗品みたいなのがもらえりするんですけど、まぁ、たまにはこういう試写会もいいと思いました。

投稿: タウム | 2007年11月12日 (月) 20:05

タウムさん、こんばんは。
再チャレンジして下さったんですね・・・わざわざスミマセンです!

私もタウムさんのブログの仕組み?がよく分かっていなかったようで、コメントに伺った際にメアドを表示させてしまいました。(ココログではURLを入力すると表示されない仕組みになっているんです)
なので、先ほど編集しまして・・・またまた承認が必要となるようでお手間取らせてしまったかもです。(スミマセン~)

そういえば・・・あの時の試写会はお土産もなかったし、アンケートさえもなかったですね。
私はお土産ナシな試写会ばかり当選するようで、逆に何か頂けるとビックリしてしまいますよ。(笑)

投稿: aju | 2007年11月12日 (月) 22:30

教頭をなぐっただけで、あんな装置を付けられる
自宅謹慎に、ちょっとビックリな私でしたが、
犯人が紳士的で頭が良い分、怖さが増して
結構ハラハラさせられました。
そう言えば、彼女をノゾキして彼女の内面まで
観察してしまっていましたよね〜。
すごいけど、ある意味怖いかも・・・・。
最近は、隣の男も油断できないご時世ですからね〜(笑)
家の階は、ご夫婦と女性だけでみんな顔みしりだから
安心ですが、下の階の人とか知らない人もいるしなぁ〜。

投稿: ルナ | 2008年6月 2日 (月) 23:31

>ルナさん
うわ~、わざわざ記事を探してコメント下さったんですね。ありがとうございます!
過去記事、ずっと前から整理しなきゃと思ってたんですけど・・・探しづらかったですよね。

そうそう、最近のニュースを見ると何事にも油断できないご時世になってますよねぇ。
先日の隣人殺人も怖かったし・・・この映画の主人公も一歩間違えば変なことになってしまってたかも?と思うのは考えすぎかしら、私。

それにしても、デビット・モースが演じた犯人って、はた目スゴク紳士だから・・・その辺もホント怖かったですよねぇ。

投稿: aju | 2008年6月 3日 (火) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/16988325

この記事へのトラックバック一覧です: 『ディスタービア』試写会に行く:

« 今月観たい映画 -11月- | トップページ | 『アレックス・ライダー』を(やっと)観る »