« 『中国の植物学者の娘たち』を観る | トップページ | 『昼顔』をレンタル »

2008年1月21日 (月)

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観る

St

昨日観に行っちゃいました。
何だか・・・振り返ってみれば他に観たい映画もあるのに、メディアやら何やらに感化されちゃったのか優先的に「スウィニー・トッドを観るべし!」的な気分になってしまい、張り切って観に行ってしまいました。

無実の罪で投獄させられ、妻と娘を奪われてしまった男の復讐劇。
19世紀のイギリス・ロンドンの映像とモノクロの色合いがとてもイイ感じで、主演のジョニー・デップのスウィニー・トッドっぷりは髪型といいメイクといい凄味(?)があって、これまたイイ感じ。
最初で最後だとか何かで聞いたジョニーのミュージカル的歌声はステキでしたし、あっという間に時間が過ぎて行った感がするほどにノメリ込んでしまいました。

ただ、
スウィニー・トッドがやたらめった沢山の人の首をカミソリで切って、血をどばーっとさせるシーンが多く、少し嫌になってしまったりも。(私、弱いんですー)

そう、スウィニー・トッドの復讐の炎は燃え上がりすぎて人を沢山殺しすぎる(しかも何の躊躇もなく首をスパスパッと切っちゃうのだ)。
彼の復讐心が高みに上る頃にはタイトル通りの“悪魔の理髪師”となり、元々の悪者であるタービン判事がとても可愛く思ってしまうくらいだった。

血がどばーとか、人肉ミンチの印象も強かったんですが、それだけじゃなくて、復讐ばかりに気を取られていた主人公が大事なことを見落とし、悲劇的な結末を迎えてしまう所は何とも悲しい。


あ、そうだ。
一番最初に登場するのはアンソニーという若い船乗り。
彼が歌を披露しながら登場した所はかなりトキめきました!
よく見るとおでこ具合が変だったりするけど、何だか目の保養になりましたです。

アンソニーが見初めるスウィニー・トッドの娘役の子も可愛かったなぁ。


===============================
原題:Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street
監督: ティム・バートン
出演: ジョニー・デップ 、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン
上映時間:117分
===============================

【追記】
冒頭のアンソニーの登場で乙女心にトキめきを憶えた私。
しかし、死神博士チック(←どんな姿でしたっけ?と思いつつ引用してしまいました)なジョニーにもトキめいた所があったのを思い出したので追記。

同じく冒頭。
下船してアンソニーと別れる時、(何かセリフを発しながら)15年ぶりのロンドンということで遠い目をする場面があるんです。その時の表情にとてもセクシーさを感じてしまった!!
ここって、個人的には結構インパクトある場面の1つでした。


【さらに追記】
歌っちゃうのは最初で最後・・・と、どこかで聞いたけれども、これが最初ではないような。
『クライ・ベイビー』って映画でジョニー・デップは歌っていたような。
でも、ミュージカル風っていう意味では最初で最後?なのかなぁ。






|

« 『中国の植物学者の娘たち』を観る | トップページ | 『昼顔』をレンタル »

コメント

ajuさん、待ってました!
やっぱりajuさんの感想は的を得ていますねえ。
読みながらホント、ホントと何度も頷いてしまいましたよ。
とくにあの判事・・。
無精ひげを気にしたりして恋する男になってたので、
ほんの一瞬だけ彼側の気持ちになってしまいました。
いや、いかんいかん。諸悪の根源は彼だったのだと
言い聞かせて途中気持ちを切り替えましたよ。

それから、私もアンソニーが登場したときに
かなりときめきましたよ!
そして、あの前髪辺りを見て、
この男の子、将来ハゲちゃうかも??って
余計な心配までしてしまいました(笑)

人間、怒りで前が見えなくなると
大事なものを見逃してしまうのですねえ。
ajuさんの感想で改めてそれをしみじみ思いました。
私にとって初のミュージカル映画だったということもあり
表面上のよさにばかり気をとられていましたが、
おかげでしみじみと内容も振り返ることができました。
どうもありがとう!

投稿: うきこ | 2008年1月22日 (火) 07:32

私も観て来ました~!
そしてやっぱりあの青年のおでこが少し心配に・・・。

前情報一切ゼロで行ったので、予想以上の残虐シーンに驚き。観てるだけで首がヒリヒリしちゃって。
最後は自分が殺されるの気づいてたのかな~。
ミュージカルだしティム・バートンだから重くなり過ぎずに観ましたけど、結構がっつり悲しいお話でしたね。

投稿: siu | 2008年1月22日 (火) 20:40

>うきこさん
観に行かれてたんですか?!
うわー、早い!(あ、お互いに・・・ですね。)

ここ1年くらいのブログの記録は、自分の思ってることを文章にできなくなっているようで、変にくどくなってる感があるんですけど、うきこさんが頷いてくれただなんて知って、「伝わってるんだ!」と
思い、ちょいと嬉しいです!

判事の恋するオジサンっぷりは、諸悪の根源が彼にあっても、何だか可愛さを感じずにはいられませんよね。
フラれるのが分かっているせいだからかな?
私は気持ちを切り替えることが出来ずに、「あーぁ、可哀相」なんて思ってしまいましたよ。

そぅそぅ、アンソニー!
名前といい、長髪具合といい、歌いっぷりといい、トキめかざるを得ない!って感じのお人でした。
でも、私も将来の頭っぷりが心配・・・毛穴大事に、抜けないでほしいなぁ。

ミュージカル映画って、結構いいもんですよね。
私も最初のうちは食わず嫌い的に敬遠していたんですけど、ミュージカル映画を観始めちゃうと、どの作品も◎なものが多いってことに気づきました。
(近々で言うと「ヘアスプレー」とか)
うきこさんも、この作品で自分の中のミュージカル映画の位置づけが変わっただろうなぁと、勝手に解釈しちゃってます。・・・そう思うと何だか嬉しくなってきます。

投稿: aju | 2008年1月23日 (水) 22:00

>siuさん
あ!siuさんも早速観に行かれたのですねー!
で、アンソニーのデコっぷりにも同じ反応をしていたとは・・・やはり皆、見る所は一緒ですね。(笑)

私も感覚的にはsiuさんと一緒で、(首ヒリヒリではなかったけど)ちょいと刃物を見るのが怖くなってしまいましたよ。
・・・包丁など、今週はまだ一切触ってません。^^;

ラストでトッドが少年にやられてしまう所は、死を予感してたのかなぁ・・・?と、私もふと考えましたよ。
切られた時に、トッドの表情が変わりましたよね。
ベンジャミンに戻ったのだ!とも思ったこともsiuさんのコメントを見て思い出しましたよ。

投稿: aju | 2008年1月23日 (水) 22:09

ajuさん、お久しぶりですー。
私も、メディアに乗せられた感じで見てきました(^^;;
予想以上に血が飛んで、私はなかなか映画に集中できなかったのですが
アンソニーに救われたって感じです!
素敵でしたよねぇ。
そして・・・私も髪にちょっと違和感を(^^;; 
でもこの子、まだ10台みたいですよ。大丈夫かしら~。
久々に、トラバさせて頂きました♪

投稿: ともみん | 2008年1月24日 (木) 22:12

>ともみんさん
お返事が大変遅くなってすみませんです。
すごく久しぶりだったのに・・・風邪引いてしまい、反応が遅くなりました。
アンソニーって、10代なんですか?!ビックリだ。
でこっぷりが大人びて見えるのかしらん。ホント、これから先が心配。

ところでTBなんですけど、
何故だか入ってませんでした。お手間でなければ、再送いただけるとありがたいのですが・・・

投稿: aju | 2008年1月29日 (火) 20:54

ajuさん、風邪大丈夫ですか?
お大事になさってくださいね〜。

もっと早くコメントしようと思っていたんですが、
いつものサボリくせで、遅くなってしまいました!
血しぶき、ドバッ〜!ともきつかったですが、
あのミンチ製造機は、かなりグロかったです・・・。
みなさんの言うとおり、アンソニーはよかったですね。
私は、あのトビーという少年も結構気に入りました。
歌がとっても上手でしたね。

投稿: ルナ | 2008年1月30日 (水) 00:31

風邪、大丈夫ですか~? まだまだ寒い日が続くようなので
無理しないで下さいね! お大事に。
TBなんですが、何度か挑戦したけれど・・・ダメでした。
しつこくやって大量にTBしちゃったら悪いので
今回は諦めます。
また、トラバできる機会がありましたら、挑戦させて下さいね!

投稿: ともみん | 2008年1月30日 (水) 21:43

あ!ルナさん。
私も先週感想拝読したのに、コメント残しそびれました!

人肉ミンチは私もゾクッとした・・・ミンチにかける前に指がポロリと出てくる所は
内心「うぎゃー」でしたよ。
トビーも歌が上手かったですね。結構酒豪な所が可笑しかったなぁ。

風邪は油断してるとウィルスに付け入られてしまいますね。
なかなか治りにくいです。
ルナさんもお気をつけ下さい。

投稿: aju | 2008年1月31日 (木) 21:08

>ともみんさん
何だかお手間取らせてしまったようで、すみません。
TBって相性の良さ悪さがあるんでしょうか・・・残念です。

投稿: aju | 2008年1月31日 (木) 21:09

どもども今晩は~お久です(こんな挨拶ばっかsweat01

この映画、観に行こうか~どうしようか~で悩み続けています^^;
ジョニー・デップが好きだと自己主張しているわりに彼の映画は殆どDVDで鑑賞(汗)

でも来週は久々に映画館へ行こうと心に決めてます(笑)
とりあえず「エリザベス:ゴールデン・エイジ」を観る予定です^^

ではではまた~shine

投稿: りざふぃ | 2008年2月14日 (木) 21:05

りざふぃさん、お久しぶりです~
あ、いつの間にかカラーの絵文字が入れられるようになってますね。ココログにも!

ジョニー&バートン作品が好きだったら、見るべし!な作品かなとは思うけど、今一番観たいと思う作品を優先してもいいんじゃないかなぁと思いますよ!

エリザベス、もうすぐですね~
私もケイト・ブランシェットは好きだけど、この作品はDVDかなぁと思っているので、りざふぃさんの感想を参考にしてDVD待ちを決め込もうかな。(笑)
感想、楽しみにしてますね!!

投稿: aju | 2008年2月14日 (木) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/17779047

この記事へのトラックバック一覧です: 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観る:

» [映画] [はてしないたわごと。]
観て来ました『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』。 なんでミュージカルやねん?と、 ミュージカル嫌いなわたしはたじろいだけれど、 あー、観に行ってよかったー! ↓ネタバレもあるかも・・ ... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 06:52

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [ルナのシネマ缶]
今回のジョニーは 初の殺人鬼役、 そして初のミュージカル! 久々に待ちきれず 初日に鑑賞してきました。 ジョニー&ティムのコンビ作品は やはり面白いです。 しかし・・・かなりグロイ場面も ありです。(~_~;) 理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、 妻と娘との幸せな日々を過ごしていたが、妻に横恋慕した 悪徳判事・ターピン(アラン・リックマン)によって無実の罪を着せられ、 投獄されてしまう。脱獄してロンドンのフリート街へ戻ってきた彼は、 スウィーニー・トッ... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 00:32

« 『中国の植物学者の娘たち』を観る | トップページ | 『昼顔』をレンタル »