« 『昼顔』をレンタル | トップページ | ブラッド・レンフロとヒース・レジャー »

2008年1月24日 (木)

『夜顔』を観る

Belle_toujours


予習バッチリ・・・のつもりで、昼顔を観た翌日である今日、結局観に行ってきました。

『昼顔』から38年後。
偶然再会したセヴリーヌとアンリ。
過去には触れたくないセヴリーヌはアンリを避ける。アンリは「過去の秘密」を打ち明けたいということを口実に彼女をディナーに誘う。
38年前のあの秘密とは、一体何なのか・・・?と、とても気になった“あの時の真実”。

結局、アンリの口からは直接語られず、またまた昨日以上にモヤッと気分一色になってしまいました。

バーテンダーとの会話にヒントがあるのか、
(少し目がウトウトして集中できなかった)ディナー中に何かサインというか意味深いセリフがあったのか、それとも全てアンリによる“ジョーク”なのか?振り返ってみても、結局私の中では何も分からず消化不良。
最後に憤慨して帰ってしまったセヴリーヌ同様、星一徹のようなちゃぶ台返しをしたい気分になりました。

ただ単に秘密、真実を知りたいと思う私にとっては、超ハイレベルな映画。

優雅で上品なあの雰囲気は好きなんだけど・・・
ドヴォルザークの交響曲で始まり、『昼顔』同様に素敵な大人ファッション・・・ここら辺は好きなんだけどなぁ。

てんで作品について味わえない自分のレベルの低さが悲しい。^^;


【追記】
この作品で思い出したのだが、確かに夫ピエールはアンリの告白の後に一粒の涙を流していたのに、セヴリーヌがやって来て、暫くすると(私が疑問に思った)ケロリ顔。
セヴリーヌは「あの涙の意味」をアンリから教えてもらいたかった。私も一緒だ。

・・・やっぱり何が何だかよく分からない。
モヤモヤっとするなぁ。

あ、あとあと・・・アンリ役は38年前と同じ人でした。
この人を見ると、年の取り方っていうものにヒジョーに興味そそられます。






|

« 『昼顔』をレンタル | トップページ | ブラッド・レンフロとヒース・レジャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/17822941

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜顔』を観る:

« 『昼顔』をレンタル | トップページ | ブラッド・レンフロとヒース・レジャー »