« 『プリズン・ブレイク シーズン3』 disc 2-3 | トップページ | 『ドラゴン・キングダム』を観る »

2008年8月16日 (土)

『アクロス・ザ・ユニバース』を観る

Au


全曲ビートルズの音楽が使われているミュージカル・ドラマ。
(タイトルもそうですね)
ベトナム戦争を背景とする60年代が舞台です。

父を知らない母子家庭のイギリス青年ジュードは、父に会うためにアメリカへ渡る。そこで知り合ったアレックスと意気投合し、アレックスの妹ルーシーと出会い恋をする。
ジュードとルーシーの恋の行方をビートルズの音楽にのせて綴られてます。

なんかですねぇ・・・良かったですよ。
映像のインパクトと音楽が一番印象深い。
中でも『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』が流れるシーン・・・ベトナム戦争の様子と赤い果汁が流れるイチゴが重なって、何ともいえぬインパクトでした。
観終わっていても、いまだにこの曲が頭を駆け巡ってます。

(当然ながら)ドクター・ロバートが歌うシーンも印象的。
セディ姐さんとプルーデンスの歌声に聞き惚れたりもしました。

次から次へと、沢山のビートルズナンバーを歌う出演者と一緒になって、つい口づさんでしまいそうになる。(声に出さずとも心の中で歌ってました)
131分とナニゲに長い上映時間でも、そんな感じなので全く飽きずに観れたし、まだまだ余韻が残っちゃってて・・・。

先述通り、まだまだストロベリー・フィールズがぐるぐると頭の中を廻ってるので、ビートルズのCDは全く持ってないから、ちょいと仕入れに行こうかと思ってます。
もう使えないカセットしか持っていないので、改めて色々聴いてみよう。

========================
監督・原案:ジュリー・テイモア
出演:エバン・レイチェル・ウッド、 ジム・スタージェス、 ジョー・アンダーソン
上映時間:131分

公式サイト
========================





|

« 『プリズン・ブレイク シーズン3』 disc 2-3 | トップページ | 『ドラゴン・キングダム』を観る »

コメント

こんばんは(^_^)
あのイチゴのシーンは、印象的でしたね〜。
イチゴから血が流れているようで、
かなりインパクトありましたよ。
それほど、ビートルズのファンではない私でも
知ってる曲がかなりあるので、
思わず口ずさんでしまいますよねー。
みんな、歌上手かったし、
映像も面白くて、結構楽しめた作品でした!

投稿: ルナ | 2009年1月23日 (金) 00:11

>ルナさん
こんばんは。
こちらからTBを送っておきながら、反応が遅くなってしまい、スミマセンです~。

そうそう、流れてくる曲と上手な歌声に合わせて、ついつい口ずさんでしまいますよね。
イチゴのシーンはもちろんですが、他のシーンも映像的インパクトはカナリありました。
水中シーン?っぽい映像もステキだったなぁ・・・

投稿: aju | 2009年1月27日 (火) 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/42187259

この記事へのトラックバック一覧です: 『アクロス・ザ・ユニバース』を観る:

» 映画「アクロス・ザ・ユニバース」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Across the Universe 誰か僕の話を聞いてくれないか・・女の子の話さ・・GIRLで掴みはOK、ほとんどは知らない曲だけどHey JudeからShe Loves Youまで盛り上がる・・・ ガールの女の子はちょっといけない小悪魔的な女の子だけどね・... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 19:18

» アクロス・ザ・ユニバース [ルナのシネマ缶]
ビートルズの曲だけを使って 作られたミュージカル映画です。 主人公の名前がジュードと ルーシーだったのには ちょっと笑ってしまいましたが、 1960年代のアメリカに生きる 若者たちの青春と音楽が すごくあっていたし、 独創的な世界観もおもしろかったです。 イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、 会ったことのない父を捜しにアメリカへ行く。 父が働いているプリンストン大学へ出向いた彼は、 父親との再会には失望したが、 そこで会った学生マックス(ジョー... [続きを読む]

受信: 2009年1月23日 (金) 00:12

« 『プリズン・ブレイク シーズン3』 disc 2-3 | トップページ | 『ドラゴン・キングダム』を観る »