« Music from the Wine Lands - putumayo | トップページ | 『ラ・マンチャの男』 »

2008年9月22日 (月)

『崖の上のポニョ』を観る

崖の上のポニョ―宮崎駿監督作品 (ジス・イズ・アニメーション)

まだまだ上映されてるので、週末観てきました。(まだまだ混んでいた!)

人に言うと、すぐ笑われてしまったり、
仰天されちゃうのだけど、
今まで何パターンかのTV CMが流れましたが、どれ見ても涙腺緩んじゃう私。(宗助目がけて走っているだろうポニョの姿とか、宗助とポニョがゆったり船で流れて行きながら宗助が「僕が守ってあげる」などの短時間のCMなのに何故か涙出ちゃうのだ)

CMでだけではなく、本編を見ても同じだった。
何だかすごく純粋なポニョと宗助を見てるだけで、じんわりしてしまう。


あったかくて、純粋で、パワーがあって・・・そんな雰囲気を毎回感じさせてくれる宮崎アニメは大好きだ。

今回もそうでした。

人魚姫から話を膨らませたそうで、今回もあったかい&心が和んだ作品でした。


宗助のお母さんもステキ。
あんな良い子すぎる宗ちゃんのお母さん。肝っ玉が座っているいいお母さんだった。
何故なんだか、宗ちゃんは父と母を名前で呼ぶのね。クレヨンしんちゃんの様に。何か訳があるのかな?


背景などの色彩がやわらかくてきれい。
ほんわか度がさらに増すような感じでした。
海の中の様子もキレイな色合いで、ステキだったな。


もっと早くに観とけばよかった!





|

« Music from the Wine Lands - putumayo | トップページ | 『ラ・マンチャの男』 »

コメント

おぉ〜!泣けちゃうんですかぁ〜!
やっぱりajuさんは、純粋なんですねー。
やさぐれてる?私はさすがに泣けませんでしたが、
心がほのぼのとする作品ですよね。
手描きぽい感じも良かったですねー。
私も宮崎アニメは好きです!

投稿: ルナ | 2008年9月23日 (火) 23:42

>ルナさん
連投コメント、ありがとうございますっ!
そうなんです、涙が出ちゃうんですよ。
感動半面、内心は宗助に対して、「ポニョを泡のもくずにしちゃ駄目だよ」と思ったりしましたし・・・やさぐれ度もネガティブ度も私の方が上かもしれませんです。^^;

投稿: aju | 2008年9月24日 (水) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/42561709

この記事へのトラックバック一覧です: 『崖の上のポニョ』を観る:

» 崖の上のポニョ [ルナのシネマ缶]
♪ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子 青い海からやって〜きた! ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、ふくらんだ まんまるおなかの女の子〜♪ 実際の映画を観る前から、この主題歌が、 すっかり頭にはりついてしまいました! 海辺の小さな町の、崖の上に建つ一軒家で暮らす5歳の男の子・宗介は、 ジャムのビンに頭を突っ込んで、気絶している赤いさかなの子を助ける。 宗介はその子をポニョと名付け、交流を深めていくが、 やがてポニョは、宗介と一緒に生きたいと願うようになる・・・・。 たぶん... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 23:43

« Music from the Wine Lands - putumayo | トップページ | 『ラ・マンチャの男』 »