« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | Music from the Wine Lands - putumayo »

2008年9月20日 (土)

『ウォンテッド』を観る

Wantedr_2Wantedb_2Wantedy_2

先行は観に行けなかったので、今日観に行きました。
楽しみにしていたウォンテッド。
アンジェリーナ・ジョリーに、(個人的)今年一番の注目株ジェームズ・マカヴォイが出演とあって、出演陣だけでも満足レベル。

内容もありえない事の連発で思わず笑ってしまうほど・・・R-15指定ですが、面白かったです。

彼女を寝取られたり、上司にいじめられる情けない会社員から、2ヶ月ほどで(激しい訓練だったけど)凄腕の殺し屋に変わっていく主人公を演じたジェームズさん。
「すみません、すみません」連発の気弱な姿から、一変。
凄腕になってからの銃サバキはカッコよかった!表情、全然違うんですもん。

今回もいい仕事してくれたよ、マカヴォイちゃん!と個人的には満足満足。

日本語吹替えはDAIGOがやってるそうですが、気弱部分の声が似合ってそうな気がするので、ちょっと聞いてみたいなー。

アンジー・・・ジョリ姐のフォックス役は強気強気でカッコいい。
しかも(当たり前だが)セクシー。
個人的に好きな役ですね。トゥーム・レーダーの次に好きかも。
あの最後の引き際の良さがますます役の魅力を際立たせてた。

しかしー、
何と言ってもアクションが「エーーーッ!!」と反応しちゃうくらいのありえないー!の連発

撃ち放つ弾丸は曲がる(又は曲がって戻る)とか、しゃがんだ主人公をうまい具合に車にのせて回収とか、車が体操選手みたいにクルクルッと回転して着地とか、色々!!(笑)

「1を倒して、1000を救う」というセリフがあったけど、1を倒す為に沢山の被害者が出てしまう、あれー?な派手派手アクション。

アクション以外にも面白い設定があって、
傷を癒すロウ(蝋)風呂とか・・・あれ、どうなってるんだろ?
冒頭に説明ありましたが、主人公たちの暗殺集団のルーツは1000年前の織物師集団が悪を裁く為に結成されたそうで、その暗殺ターゲットは“運命の織物機”というものが決めるそうで、何だか色んな物が登場して飽きさせない。プラス、あの派手派手アクションだし・・・。文句なし。

話が一転する所があって、その辺はちょっと主人公が哀しいけれど、全く飽きずに観れるアクション作品。
個人的にはおススメです。(出演者的にも!)


===================
監督:ティムール・ベクマンベトフ
原作:マーク・ミラー、 J・G・ジョーンズ
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン

上映時間:110分 R-15
===================


【追記】
今年ジェームズさんを観れる作品はこれで最後だと思う。
3作品のどれも私を魅了してくれてありがとう、マカヴォイちゃん!!



|

« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | Music from the Wine Lands - putumayo »

コメント

ajuさん、こんにちは。「ウォンテッド」の感想そのものよりも、ジェームズ・マカヴォイへの感想に笑ってしまいました!そうですよねー、なんだか頼りなさげで、いつの間にか事件に巻き込まれてるタイプの役が多いですよね?ああ、相変わらずなんだ~と納得です。でもアンジーの作品ってみんな相手役の男性よりも彼女の方が一枚上手ですよね。うーん、さすがっ!

投稿: MIMI | 2008年9月23日 (火) 10:54

観てきましたよ〜マカヴォイくん!
いや〜〜〜あり得ない映像と展開でしたよねー。
でもすご過ぎて、思わず見入ってしまいました!(笑)
アンジーねえさんは、カッコ良過ぎですね〜。
すでに、続編の話がでてるみたいなので、
マカヴォイくん、次回は凄腕の暗殺者として登場でしょうか?

投稿: ルナ | 2008年9月23日 (火) 23:33

>MIMIさん
こんばんは~
ジェームズさんはナルニアのタムナスさんなどのイメージが強いかもしれないですね。頼りない気味で。(笑)
この作品でも最初はそんな感じでしたけど、後半はカッコよかったですよ♪
姐さんは毎度毎度一枚上を行ってますよね。天上天下唯我独尊的女優さん・・・彼女しかいないような気がします。


>ルナさん
えーーーっ、続編アリなんですか?!
ビックリだ。でもちょっと嬉しい!!
ジェームズさん(というかウェスリー)も発射した弾丸を撃った銃に戻すという父の技も最後に習得していたから、きっと超凄腕としての登場になるんじゃないかなぁーなんて思います。
ありえなすぎる映画だから、死んだと思われる人も復活したりして・・・(笑)

投稿: aju | 2008年9月24日 (水) 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/42538995

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウォンテッド』を観る:

» ウォンテッド [ルナのシネマ缶]
なんせ、今年の私の1番の目玉、 ジェームズ・マカヴォイ君の 主演ですからね〜。 予告を観てから、すご〜〜く 楽しみにしていた作品です。 それにしても、アンジーねえさんは カッコ良過ぎです! ホント取り扱い注意です!(笑) おデブな女上司からいびられ、恋人を親友に寝取られ、 冴えない毎日を送っていたウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)の前に 突然謎の美女・フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)が現れる。 その直後、彼は命を狙われ、フォックスに助けられる。 しかし、彼女はスロ... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 23:35

« デトロイト・メタル・シティ | トップページ | Music from the Wine Lands - putumayo »