« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

『28週後...』をレンタル

28週後... (特別編)

ホラーは敢えて観に行かないし、滅多にレンタルはしないけれど、これは別。

前作の『28日後...』がただのホラーだけではない作品だと感じたので、(実は観に行こうか迷ったけど)レンタルをしなきゃ!と思ってた作品でした。

怖いシーンを考慮して、いつ目を閉じてもいいように吹替えで鑑賞。

ゾンビ(厳密に言うとゾンビじゃない)がウガーウガーと闊歩(いやダッシュか)する所はそれを承知で借りたので、その辺は我慢すべきなのだが、前作のような「この作品、なかなかにいいかも」という気持ちには一切なれなかったので、すごくガッカリだった。

ちょっと設定が残酷すぎ。
あの家族が・・・なんとも。
更に、ラストのカット(Eiffel towerを見たような・・・)は救いようがなさすぎ。

その上、ロシアを舞台にして第3弾があるとかないとか・・・。
その情報を知った時はたまげた。第3弾を作る意味はあるのかなぁ・・・。

軽率すぎる政府の方針っぷりは今の世相を反映しているように思えたので、荒い設定でもそこだけは何だかアリだなぁとは思ったけど、
第2弾であるこの作品が個人的にoutの度を超えすぎたので次回作があっても見ません。
あーぁ。。。

===================
原題: 28weeks later
監督:ファン・カルロス・フレスナディージョ
出演:ロバート・カーライル、ローズ・バーン、ジェレミー・レナー、マッキントッシュ・マグルトン
収録時間:101分
===================

【追記】
第3弾、もし救いがある内容なら見るかも・・・TVでなら。^^;

【追記2】
『28日後...(第1弾)』の自分の感想はどうだったかな?と思ったので、引っ張りだして確認してしまった。
雑記帳+『28日後...』の感想記事





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

びっくり、山手線内徒歩横断

自分でもビックリ。
山手線内、目白→上野を徒歩で横断してしまった!!


昨日は目白で副業の勉強会の後、約束があったんですけど・・・友達が風邪でドタキャン。何もやることがなくなっちゃった。
勉強会の後の目白から池袋を歩くのはよくやってますが、こんな長い散歩は初めて。
しかも一人で!!
自分でもビックリだし、家の人にもビックリされてしまった。


学習院の銀杏並木(まだ黄色くなってない)をフラフラしてたら、道路標識に「→護国寺」の表示があったので、ちょっと行ってみようという気になってひとり歩き。
30分ほどで護国寺に着いて、お参りが済んだら上野行きというバスを目にして・・・フラフラ~としてたら上野に着いちゃった。


目白→護国寺→春日(飯田橋の手前)→本郷→上野


結構あっという間だった。アバウトで2時間半くらい?
スタスタ部に入部してから万歩計を付けているんですが、この日も付けてて目白からの歩数は約16,000歩。
(朝から昼までの歩数を加えると、18,800歩)

行きの電車では会社の考え事を悶々としてしまったので、あまり考え事をしたくなかったせいもあって、こんなことやっちゃったけど、結構ストレス解消になったかも。
見も知らぬ町中を歩いてると、何処で軌道修正して・・・とか歩くことのみに集中できたりして。

帰りに足もみ屋さんへ寄って、この歩きに歩いた話しをしたら、やっぱりビックリされてしまった。


去年も同じく思い付きでこんな日があって、この時は茗荷谷~池袋を歩いたけど、今回はすごくやり遂げた感があった。
なんか、また別の地点で山手線内徒歩横断したくなっちゃった。
今度は東京駅~代々木・原宿とか・・・がいいかな。


急な思い付きでフラフラ~だったので、カメラは持ってなかったけど、カメラ持って一人長距離散歩っていいかもしれないなぁ。(こんな長距離はサスガに誰も付き合ってくれないと思う!(笑))


【追記】
結構歩いたのに、翌日の体調はすごく良かった。(筋肉痛などの不調もなし)





| | コメント (4)

2008年10月25日 (土)

『イーグル・アイ』を観る

Eaglue_eye


個人的にはちょっとストレス解消的に楽しめちゃいました。
カーアクションが面白かったので・・・あのクレーンの
「ぐいーん、ぐいーん、がっちゃんこ」というような感じの所が妙にツボでした。(笑っちゃった。)

フツーのコピー屋の店員さんと平凡な主婦が突然テロリストの容疑を掛けられてFBIから追われる羽目になり、その追っ手から逃れるには、何処から・誰からかも分からない謎の存在からの電話や文字による指示のみ。
・・・と、予告で見てからスゴク興味あったんですが、見てしまえば何かで見たような?な感じのあったネタでした。
評判的には左程でもないようなんですが・・・私は単純に楽しめちゃいました。
あのカーアクション、面白かったし。
シャイア君、嫌いじゃないし。
(素行はおバカっぽいけど)


それにしても、もし自分が実際主人公のような境遇に陥ってしまったら・・・
きっと私はパニックになったアラブ人のおじさん(だったっけ?)のように感電しちゃうかもしれません。
主人公たちは冷静だなぁ・・・。

ARIAさんは、危険だけどちょっと便利だな・・・と思ったりも。
あーしてもらいたい、こーしてもらいたい、などと色々空想したりして。(笑)


=============
原題:EAGLE EYE
監督:D・J・カールソ
出演:シャイア・ラブーフ、ミッシェル・モナハン、ビリー・ボブ・ソーントン
=============


【追記】
「スピルバーグ」「構想10年」という文字も(個人的に)期待を煽られてしまった感がありますが、見返してみると「スピルバーグが10年前から構想を・・・」とのことだったので、とんだ読み違いをしてしまった。
てっきり10年間構想を練りに練っていたと思ってたので・・・。^^;





| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年10月24日 (金)

『アメリカン・ギャングスター』をレンタル

アメリカン・ギャングスター

3時間・・・長い!んですけど、休日だったので一気に見れる余裕がありました。(最近、コマ切れに分けて見ちゃう傾向にあるので。)
やっぱり映画は一気に観ないといけませんね。


実話が元となっているそうです。

警察までもが麻薬の流通に絡んでいて、単独で純度の高い麻薬の流通ルートを作り上げることに成功したフランク(デンゼル・ワシントン)。
運転手から暗黒街を支配する存在にまで昇りつめたけれども、彼は地味な服装を好み、家族を大切にする。
それに対してフランクを追う麻薬捜査課のリッチー(ラッセル・クロウ)は、仕事の面では真っ直ぐに正義を貫き通しているが、私生活では家族を大切にするフランクとは全く正反対なので、その二人の対比(悪と正義、正反対の私生活)を見ながらの3時間は結構あっという間でした。

それでも正義は正義で、悪は悪であり・・・終盤、それまで一度も自分の息子に声を荒げることのなかったフランクのお母さんが彼を正そうとするシーンは印象的。
それからまた話が進展していくんですが、フランクとリッチーがまさかタッグを組むような流れになるとは露知らず。
そういう実話だったのか・・・スゴイな。と正直思いました。
ベトナム戦争が終わった頃にこんな実話があったとは。当時のアメリカの反応はどんな感じだったんだろう?


========================
原題 : American Gangster
監督 : リドリー・スコット
出演 : デンゼル・ワシントン , ラッセル・クロウ , キウェテル・イジョフォー , ジョシュ・ブローリン
収録時間 : 157分
========================





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月21日 (火)

『フランシスコの2人の息子』をレンタル

フランシスコの2人の息子


ブラジルの作品。
子沢山の大家族である一家の長・フランシスと彼の息子と家族の物語。
観るまで知らなかったのですが、実話だそうです。

フランシスコが全財産(というか全収穫物)をアコーディオンとギターに代えて息子に与える所なんか、観ている方もこの一家の行く末に不安を感じ、変なストレスを感じてしまった。
けど、それを払拭するような兄弟の歌声!!
素晴らしかったです。(ちょっと聞き惚れちゃった)

それから、成人した息子たちを応援する為にとったフランシスの行動。
最初はその行動を軽んじながら見てしまったけど、深い息子達への愛を感じてしまった・・・。

いい作品です。

最後では本物のフランシスとその息子たちが登場します。


================
原題 : TWO SONS OF FRANCISCO
監督 : ブレノ・シウヴェイラ
出演 : アンジェロ・アントニオ , ジラ・パエス , マルシオ・キエリンギ , チアゴ・メンドンサ , パロマ・ドアルテ , ダブリオ・モレイラ , マルコス・エンヒケ
収録時間 : 118分
=================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

HEROES ヒーローズ シーズン2/disc 1-3

HEROES/ヒーローズ シーズン2 DVD-BOX


ゴメン・・・面白いんですけどー!
シーズン1以上に、一話っからハマってしまいました!!

新登場の能力者たち・・・特に空飛ぶ高校生君が気になる!
マット(刑事)の家系は能力が遺伝しているみたいだから・・・となると、この高校生は?なんて考えちゃったり。
コピーキャットのモニカも気になるなぁ~。カワイイし。

相変わらずのアンドーさん。彼を取り巻くインチキ日本人複数の日本語チグハグっぷりにウケてしまう。
どうしても笑っちゃうのだ。(それが楽しかったりもする・・・私って単純。)

何といっても、ケンセイ。
伝説の剣豪ケンセイさんの姿に、「えーーーっ!!」となってしまった。
思いっきりカクッ!だわよ。

日本人なら笑える所が満載で、またまたの悪者のアヤツ登場、組織の存在にケンセイ印?で狙われた人達・・・それから新登場の能力者たち。
色々とネタは尽きず、先はどうなるんだろ?と、ついついハマっちゃう。
(ネタが多いためドラマの進行度は少し遅いけど、無問題!!)

前シーズンではピーターが好きだったけど・・・厳密には私、ピーターの「前髪」が好きだったみたい。
短髪姿のピーターには、あまりトキめかないことに気付きました。
次に好きだったモヒンダーは少し弱くて物足りないし・・・ピーターとモヒンダーに向けていた乙女心は今の所マイカくんに向いてます。カワイイなぁ、マイカ。

あーぁ、目の保養になったり心奪われる僕イケメーンと胸張って言える登場人物、出て来ないかねぇ。。。

disc 4以降は10月24日レンタル開始。あぁ、待ち遠しいです!!


【追記】
おっと、シーズン2から登場の田村英里子を忘れてた!
(若さゆえの)ぷっくりしてた顔しか覚えてないけれど、すっきりキレイに&ステキな女性になったなと思ってしまいました。
アンドーさん達のように、わざと変な日本語をしゃべるんじゃないか?と一瞬疑ってしまった。(結局、そんなことはなかったです)

【追記2】
TVCMで、「第9話」がどうのこうの言ってたなぁ。
気にはなるけど・・・ネタバレサイトで予習はせずに、10/24のレンタルを楽しみに待ちます。

================
disc 1
4ヵ月後 Four Months Later
呪われた力 Lizards
disc 2
仲間 Kindred
クレアの恋 The Kindness of Strangers
disc 3
悪夢との戦い Fight or Flight
境界線 The Line
================




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

小江戸 佐原めぐり

前々から行きたいと思っていた千葉の佐原へ行ってきました。

20081017_cimg1517

20081017_cimg1525_220081017_cimg1524_2

柳の木と暖簾に格子戸、そして蔵造り。
小野川沿いはそんなお家やお店が並んでいて、とても風情があり落ち着きます。
平日に訪れたせいもあるけれども、あまりひと気はなく、散策もしやすかった。

訪れるに一番なのは、あやめの時期と佐原の大祭の時ですけど、そんな時じゃなくても個人的には大満足な所でした。(賑わってる所もいいけど、落ち着く所が一番いい)

伊能忠敬記念館へまず寄って、それから大祭の時に見られる山車が納められている山車会館を見学。
お昼は黒切り蕎麦とお店自体が有形文化財でもある小堀屋本店で黒切り蕎麦を頂きました。

食後はお土産を買いながら、私の2番の目的・・・念願のカフェしえとへ。
20081017_cimg1515
(このカフェの詳細については→ ㈱しゅはりのブログ参照)
TVで2・3度見て、和の雰囲気がすごくいい所だったので、ホント「念願の」・・・なんですよね。
入ってすぐの所に、ハロウィン飾りがあった。和の雰囲気を損なわないシンプルな飾りつけ。
さりげなく置かれてるうさぎの置物がすごくカワイイ!!

20081017_cimg15131
コーヒーと、私が頂いたのは牛乳豆腐。
(ミルクプリンみたいなもの・・・すごく美味しかった!)
その隣は今だけ頂ける栗きんとん。少し味見させてもらったら、変な甘みは全くない自然の味でこれも美味しい。

店内から格子戸越しに見る表と、ガラス戸越しの中庭。どちらも目が飽きません。

店内はとても静かで落ち着いてて、3~40分ほど休憩して出ました。おばちゃんグループが入ってきてうるさくなりそうだったので。

それからはまたまたお土産などを求めてお店巡り。
油茂製油のごま油とラー油。
正上のいかだ焼き(佃煮)など。

帰りは香取神宮へ立寄ってお参り。
厄落としの草団子を買って、帰りました。
20081017_cimg15301
まだ紅葉には早すぎ・・・のもみじ。あと1ヶ月くらいかな???

また違う季節に訪れたいお気に入りの町となりました。


佐原観光協会


【08.11.2追記】
油茂製油の前に買ったおそば(乾物屋さん?)を今日食してみましたが、美味しい!
「うちのは山芋使ってる」と何度も繰り返す店番のおじいさんも妙に印象に残るお店だったが、いやいや・・・美味しかった。また訪れた際は、必ずまた買っちゃう!






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

『ベティの小さな秘密』を観る

Betty_2


お姉ちゃんが寄宿学校へ行ってしまい、ひとりぼっちになってしまったベティ。
さらにパパとママは離婚の危機にあり、大好きな犬のナッツは檻に捕らわれていて、あと何日かで処分されてしまう。そして、学校では転校生の男の子から「地球は死にかけた太陽だ」と聞かされ、ベティの中では不安がいっぱいになる。
そんな時、精神病院を抜け出したイヴォンと出会い、彼をかくまうことに・・・

**

90分と、個人的には好みの上映時間。
そして、とてもかわいい作品でした。

かくまったイヴォンに恋をしてしまうベティがとても可愛かったです。
ママと買い物なんて嫌いだったはずなのに、買い物へ行き、新しいスカートをクルクル回ってイヴォンに見せるシーンが何とも可愛すぎ!

彼女にある小さな母性なのか、恋なのか・・・でも恋なのだわよね。
恋を知ってからのベティ。女の子は恋をすると「変わる」よね・・・。かわいい。

赤い服のベティがすごく印象に残ります。

それと・・・
予告を観た時に、イケメン系か?と思ったイヴォン・・・ちょっとビミョー。(あ、ちょっとどころではないか)
他の役での彼を見てみたいな。


=========================
監督:ジャン=ピエール・アメリス
出演:アルバ=ガイア・クラゲード・ベルージ、ステファヌ・フレイス、ヨランド・モロー、バンジャマン・ラモン、マリア・ド・メディルス
上映時間:90分

公式サイト

Betty_3
(公式サイトから頂きました)

=========================




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』をレンタル

ライラの冒険 黄金の羅針盤 (Blu-ray Disc)

ファンタジー・・・
私、てっきり地球上の話かと思ってたんですが、別世界のお話なんですね、これ!

人間のもう一つの命(?でいいのかな?)であるダイモンと生活している世界のお話。

一見、ペットのような存在っぽく見えるんですが、その主の性格を表してるようで悪役と思われるニコール・キッドマンのコールター夫人のダイモン(黄色いサル)が小憎らしくてたまらんかった。^^;

その世界は魔女がホウキなしで空を飛んでいたり、白くまの王国?があったり・・・設定もなんだか宇宙の神秘を感じるような設定で壮大な感じでした。

いつもの如く3回くらいに分けて観てしまい、分けて見た最後が残り5分くらいだったので、終わり方についつい「エーッ!」と声を出してしまった。
次に思いっきり続く終わり方だったんですもん。

あー・・・これだと、プリズン・ブレイク同様、次作が気になっちゃいますってば!
伯父さまはどうなっちゃうのーー???気になる気になる・・・

つづきは1年後くらいでしょ・・・先は長いなぁ。

でも、熊ゴロウ(熊の王子)の戦いがカッコよかったから、これで取り合えず満足しときます。
熊ゴロウ、好きなのだわ。

===================
原題 : THE GOLDEN COMPASS
監督 : クリス・ワイツ
出演 : ダコタ・ブルー・リチャーズ , ニコール・キッドマン , サム・エリオット , ダニエル・クレイグ
原作 : フィリップ・プルマン
収録時間 : 113分
===================

【追記】
熊ゴロウは好きだし、先が気になるトコロだけど・・・劇場へ観に行きたいと思うほどではないので、次もレンタルで観たいと思ってます。





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月12日 (日)

『ガール』を読む

ガール
ガール/奥田英朗 著


またまた奥田英朗さんの本を読みました。
真夜中のマーチ、ララピポ、その他過去に読んだ作品同様、またまたすぐ読み終えてしまった!!

しかも、今回の『ガール』は全て30代OLが主役ときた。
自分自身が“そう”なので、沢山共感できる部分があり、ホントあっという間に読めてしまいました。(とはいえ、一日一話ペースでしたけど。(笑))

5作品・・・どれもスラスラ読めたんですが、私はタイトルの「ガール」と「マンション」が好きかな。
「マンション」の主人公なんか、これ自分と似てるじゃないの!なんて。。^^;;;
(マンション購入じゃなくって、主人公の心情部分が。)

どれもこれも、その年代の女性なら何かしらの共感はできるはずです。

30代女性の強気な部分、それよりも上回る疎外感&悩み・・・ちょっと寂しく感じる部分もあるんですが、そこは奥田さん、カラッとサラッと清々しくまとめてくれるんですね。
いつも同様、読後はスッキリとさせてくれます。

「ひと回り」は笑わせてもらったというか、すごくニヤニヤして読んじゃった。

・・・読んでヨカッタ。
さて、次は奥田さん作品の何を読もう・・・!!

・・・と心は更なる奥田さん作品を求めてますが、入荷待ちとなっていた気になってた本がようやく手に入ったので、そちらを先に読むつもりです。
一応、そのまた次はまた奥田さん作品の何かを読むつもりで候補は挙げておこう。。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

『マイ・ブルーベリー・ナイツ』をレンタル

マイ・ブルーベリー・ナイツ スペシャル・エディション

すごく久しぶりに定時帰りで家に直行。
夕飯も済んで、時間も余裕があり、これが秋の夜中を満喫するというやつなのだわと、ゆったり気分でこのDVDを観ました。

失恋をし、新しい自分を見つけるため旅に出たエリザベス(ノラ・ジョーンズ)と、カフェのオーナーで彼女を優しく見守るジェイミー(ジュード・ロウ)の雰囲気のいいラブストーリー。
最初の方に二人がカフェで語り合う雰囲気がこの監督っぽい雰囲気を感じました。
ハリウッド映画だけど、なんとなくハリウッド版「恋する惑星」っぽい雰囲気を感じたというか。

ラブストーリーとはいえど、エリザベスが旅に出てしまうので二人が絡むシーンは少ないんですが、彼女が旅先で出会う人々のエピソードも良かったです。
私はナタリー・ポートマン演じる女性ギャンブラーの話が良かったかな。
個人的には、ナタリー・ポートマンのギャンブラー顔にハッとさせられたので、これから公開の『ブーリン家の姉妹』を必ず観に行こう!なんて思ってしまいました。(S・ヨハンソン目当てに観に行こうかなー、でもどうしようかなーと迷っていたんですが)

それにしても、あんなカフェ・オーナーがいるお店なんて私も行ってみたいなー。
待つ男ジェレミー(しかもジュード・ロウときた)がカッコ良すぎっ!!(笑)


==========================
原題 : MY BLUEBERRY NIGHTS
監督 : ウォン・カーウァイ
出演 : ノラ・ジョーンズ , ジュード・ロウ , デヴィッド・ストラザーン , レイチェル・ワイズ
収録時間 : 95分
==========================




| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年10月 9日 (木)

秋の夜長のおススメDVD

2年ぶりくらい?かな。ココログのトラックバック野郎のお題に参加です。

このお題だと、参加せずにはいられない!って感じですから・・・と、張り切って参加します。(笑)

秋に見たいのはどんなDVDだろ?
DVDも色々ありますが、やっぱり映画。映画かドラマかなぁ。

何年か前は秋に見るにはうってつけかな?と思ったパトリス・ルコント監督の作品を3作選んで見た事もあったな・・・。

『髪結いの亭主』 『仕立て屋の恋』 『歓楽通り』を観たっけ。
(感想残してました。→2004年10月29日の雑記帳+

愛がテーマの大人チックな雰囲気を求めるなら、おススメしたいかもです。

秋の夜長を楽しむならば、3部作系もいいかもしれません。
やっぱり大好きな『インファナル・アフェア』シリーズを3作一気見!とか、アクション楽しむなら『ボーン』シリーズ、壮大な『ロード・オブ・ザ・リング』なんかもいいですね。

それともミステリーとか。
昔、よくTVで秋になるとヒッチコック映画特集なんて企画があって『裏窓』とか『北北西へ進路をとれ』とか放送されましたっけ。淀川長治さんが熱心にそれぞれの作品のコメントをされてたなぁ・・・


と、気分によって色々浮んできますが、これもいいかも。
邦画ですが・・・
『転々』
転々 プレミアム・エディション
去年の秋頃、劇場へ観に行った作品。
↑の絵が頭にパッと浮んでしまった。
(黄色いイチョウ並木の絵、インパクトありますでしょ?)
オダジョーと三浦友和主演の東京散歩ムービー。
クスッと笑えてほのぼのした雰囲気が好き。
まったり気分で秋の夜長を楽しむにピッタリな気がする。
「東京散歩ムービー」ですが、東京にお住まいでなくても、コレを観ると秋の散歩をしたくなる・・・と(個人的には)思います。

と、いうことで今の私の気分でおススメするDVDは『転々』です。


当の私はこれから『マイ・ブルーベリーナイツ』を観るつもり。(次の感想記事はこの作品になります)
次は海外ドラマ『Heroes』のシーズン2を堪能したいと思ってます。


みなさんはこの秋にどんなDVDを楽しもうと思ってますか?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

『スクール・オブ・ロック』をレンタル

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション

あまりにも熱いロック魂と自己中なプレイでバンドを首になったデューイ(ジャック・ブラック)。
友人である同居人ネッド(マイク・ホワイト)の彼女から家賃を払えと追い詰められた彼は、ネッド宛にきた代用教員の話を受けて、私立小学校の代用教師になりすます。元は給料目当てだったが、カチカチに凝り固まった子供たちにロックの才能があることに気づき、校長や親には内緒でクラスでバンドを組み、バンドバトルに出場することを思いつく・・・


あー、面白かったです!!
軽い気持ちで観れるし、思いっきり楽しい!!

ちょっとしたセリフにこちらまでもがスカーッとするので、気分も軽くなります。

何といってもジャック・ブラックがいい。
コロコロ・・・何もかもコロコロしていて、いいのだ。
体型、表情、セリフまわしのテンポのよさ等々・・・いいのだ。
はじけるほどにロック魂を見せる姿は見ていて気持ちいいのだ。
(個人的にはカワイイ・・・と思うし。)

脚本は彼の為に書いたそうで(因みに脚本はネッド役の人)、この役にピタリとハマっている。

懐かしい系の曲も流れるので、その辺も楽しいトコロ。


ついつい・・・もう一回見てしまった。
すごく気に入ったので、DVD買っちゃいます。

=========================
監督 : リチャード・リンクレイター
出演 : ジャック・ブラック , ジョーン・キューザック , サラ・シルヴァーマン , ミランダ・コスグローブ , マイク・ホワイト
原題 : SCHOOL OF ROCK
収録時間 : 109分
=========================

【追記】
レンタル前に出演欄を見て、早とちりでジョン・キューザックが出てると思ってしまったが、ジョン・キューザックのお姉さんジョーン・キューザックでした。(ちと紛らわしいなぁ~・・・(笑))




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

今月観たい映画 -10月-

10/11(土)公開
『その土曜日、7時58分』
フィリップ・シーモア・ホフマン×イーサン・ホーク共演のミステリー・サスペンス

『私がクマにキレた理由』
スカーレット・ヨハンソン主演、ローラ・リニー共演のロマンティック・コメディ

10/18(土)公開
イーグル・アイ
スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ主演のアクション

P.S.アイラヴユー
ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー共演の感動ラブ・ストーリー

『マルタのやさしい刺繍』
スイスで2006年度観客動員第1位を記録した老婦人が繰り広げる痛快ドラマ

10/25(土) 公開
『ICHI』
綾瀬はるか主演、「ピンポン」の曽利文彦監督による「座頭市」女版

『センター・オブ・ジ・アース』
ブレンダン・フレイザー×ジョシュ・ハッチャーソン共演の地底探検物の映画

『ブーリン家の姉妹』
ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン競演の英国版「大奥」

ホームレス中学生
小池徹平主演で麒麟・田村の貧乏生活経験を綴った自叙伝を映画化

##9月公開分で今月見に行くつもりの作品##
ベティの小さな秘密

・・・

太字は8割がた観に行く予定のもの。(確定ではない)
眩しくて、いつも直視できない徹平ちゃん。いまだに直視できないのだが、小汚い彼なら見れるだろうと思うので劇場へ観に行くつもり。
あとはイーグル・アイが楽しみ。

その他の作品はレンタル用のリスト繰入れ(の予定になると思います)。

10月はレンタル活動に力を入れるつもりです。年間ベストの選択幅を広げるために・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

プリズンブレイク シーズン3 disc-7

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)


やっとこdisc-7を見終えました。

あー・・・続く。思いっきり“続く”。
こんな締め方されてしまうと、またまた次シーズンが待ち遠しくなってしまう!!

ティーバックはスゴイなぁ。のし上がりっぷりは見事。
初めは下っ端だったのに。
ちょっと気になってたスクレの行方に取り合えずホッとした。(好きではないけど、やはり危機となると心配してしまった)

あー・・・早くシーズン4を観たいなぁ。

Heroesシーズン2のレンタルが開始されたので、その間はHeroesで気を紛らわせます。。

***********
第13話 駆引きの行方 THE ART OF THE DEAL
BONES-骨は語る- 第1話『墓地の眠れぬ魂』収録
***********





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』をレンタル

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

魔法でおもちゃたちが店内を動き回る不思議なおもちゃ屋さんのオーナー、マゴリアムおじさん。
240と数歳という高齢のためか引退宣言をし、店を従業員のモリーに託そうとする。それを知ったおもちゃたちはスネてしまい、お店に異変が起こってしまう・・・というお話。

カラフルでかわいい作品。

不本意ながら、6晩に分けて見たので・・・あまり飲み込めずに見終わってしまった感ありです。

おもちゃ屋の従業員?なのかな、あの9歳の男の子の帽子コレクションがかわいい。
私も帽子好きなので新しい帽子を買いたい気分になりました。

============================
原題 : MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM
監督 : ザック・ヘルム
出演 : ダスティン・ホフマン , ナタリー・ポートマン , ジェイソン・ベイトマン , ザック・ミルズ
収録時間 : 95分
=============================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »