« 『フランシスコの2人の息子』をレンタル | トップページ | 『イーグル・アイ』を観る »

2008年10月24日 (金)

『アメリカン・ギャングスター』をレンタル

アメリカン・ギャングスター

3時間・・・長い!んですけど、休日だったので一気に見れる余裕がありました。(最近、コマ切れに分けて見ちゃう傾向にあるので。)
やっぱり映画は一気に観ないといけませんね。


実話が元となっているそうです。

警察までもが麻薬の流通に絡んでいて、単独で純度の高い麻薬の流通ルートを作り上げることに成功したフランク(デンゼル・ワシントン)。
運転手から暗黒街を支配する存在にまで昇りつめたけれども、彼は地味な服装を好み、家族を大切にする。
それに対してフランクを追う麻薬捜査課のリッチー(ラッセル・クロウ)は、仕事の面では真っ直ぐに正義を貫き通しているが、私生活では家族を大切にするフランクとは全く正反対なので、その二人の対比(悪と正義、正反対の私生活)を見ながらの3時間は結構あっという間でした。

それでも正義は正義で、悪は悪であり・・・終盤、それまで一度も自分の息子に声を荒げることのなかったフランクのお母さんが彼を正そうとするシーンは印象的。
それからまた話が進展していくんですが、フランクとリッチーがまさかタッグを組むような流れになるとは露知らず。
そういう実話だったのか・・・スゴイな。と正直思いました。
ベトナム戦争が終わった頃にこんな実話があったとは。当時のアメリカの反応はどんな感じだったんだろう?


========================
原題 : American Gangster
監督 : リドリー・スコット
出演 : デンゼル・ワシントン , ラッセル・クロウ , キウェテル・イジョフォー , ジョシュ・ブローリン
収録時間 : 157分
========================





|

« 『フランシスコの2人の息子』をレンタル | トップページ | 『イーグル・アイ』を観る »

コメント

3時間かなり長かったですよね〜。
それに実話っていうのが、驚きでした!
しかし、ベトナム戦争時代の警察が
どんだけ腐敗してるのかぁ〜と
ちょっとあきれてしまいますよねー。
それに遺体と一緒に麻薬を密輸してたり、
裸で麻薬の製造してたりとホントに
こんな事してたんだと考えるとなんか恐ろしいです。

投稿: ルナ | 2008年10月26日 (日) 23:19

ルナさん、こんばんは~

理由を知って納得はしたものの、麻薬工場の中は裸オンリーってホントに凄かったですよね。
警察の腐敗っぷりも含め、当時はどんな感じで報道されてたのかちょっと気になります。

遺体と一緒に麻薬を密輸してリッチーたちが立ち入り捜査をする場面では、さながら映画『アンタッチャブル』のような緊迫感あるなぁ・・・なんて思って興奮しちゃいましたよ。

投稿: aju | 2008年10月27日 (月) 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/42855027

この記事へのトラックバック一覧です: 『アメリカン・ギャングスター』をレンタル:

» アメリカン・ギャングスター [ルナのシネマ缶]
1970年代、ニューヨーク。 実在の麻薬王と刑事の物語。 ちょうど、ベトナム戦争の頃の 話なのですが、その頃の ニューヨークがこれほど 腐敗していたとは驚きです。 157分とこれも結構長いです! 1968年、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、 長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、 麻薬の新しいビジネスを築き上げ、 暗黒街のボスへとのし上がっていく。 しかしいつも地味なスーツを身につけ、 変装したりして、目立たないようにしている。 デンゼル・ワシント... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 23:20

« 『フランシスコの2人の息子』をレンタル | トップページ | 『イーグル・アイ』を観る »