« 李家幽竹の風水家計ノート2009 | トップページ | 『チェ 28歳の革命』を観る »

2009年1月21日 (水)

『我が至上の愛~アストレとセラドン~』を観る

Astreeceladon

いつもより一風変わった作品を観ました。

5世紀のローマ時代。 羊飼いの少女アストレは恋人のセラドンが浮気をしたと疑い、「私の前に二度と現れないで」と一方的に別れを告げる。絶望したセラドンは川に身を投げるが、ニンフによって命を救われ、彼女たちの城へ迎えられる。

「僕は助かったんだよ。生きてます!」って恋人のアストレに会いにいけば、それでめでたし・・・なんだけど、彼を助けたマダムがセラドンを放さなかったり、解放されたと思ったら、“2度と近づかないで”と言ったアストレの言葉を忠実に?守り、ひとりで森ごもりしてしまうセラドン。

まどろっこしい  けれども、そう思っちゃイカンです。

心に余裕をもって、一途に愛を貫く彼と彼女の行く末を見守りましょう。
上の画像のようなイメージの、ゆったりとした作品ですから、カリカリしちゃイカンです。

セラドンは整ったお顔のキレイな男性なのだが、僧侶の娘として女装をした上でアストレと再会し、アストレは全く気付かない所とか、ちょっと笑いを誘う(そう思っちゃ興ざめ?)。
ヒゲ隠しの秘薬?を使っているとはいえど、ちょっと青いし、背丈やもろもろ・・・ホントにばれてないのかなぁ?
その上、女性同士のじゃれあう姿にちょっと引きぎみになったり・・・その辺が不思議ゾーンだった。

私は昨日、銀座テアトルへ観に行ったのですが、窓口で焼菓子のプレゼントがありました。
この日の最後の回のみのプレゼントだったそうです。映画館からのプレゼントということで、少し侮っていたんですが美味しいお菓子でした!(ごちそうさまデシタ)

劇場HPにて告知をしていたので、今後もプレゼント企画等があるようなので・・・観に行く予定の方は、HPをチェックしてみるといいかも。


===========================
監督・脚本 : エリック・ロメール
出演 : アンディー・ジレ 、 ステファニー・クレイヤンクール 、 セシル・カッセル 、 ジョスラン・キヴラン
上映時間 : 109分

===========================

【追記】
美男子セラドンに強く執着していたマダムだったので、セラドンが脱走した後は何らかのシーンで登場するのかと思ってたら、それまでだったのでナニゲにガックリしている自分がいた。^^;




|

« 李家幽竹の風水家計ノート2009 | トップページ | 『チェ 28歳の革命』を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/43814334

この記事へのトラックバック一覧です: 『我が至上の愛~アストレとセラドン~』を観る:

« 李家幽竹の風水家計ノート2009 | トップページ | 『チェ 28歳の革命』を観る »