« 『チェ 28歳の革命』を観る | トップページ | 今月公開の観たい映画 -2月- »

2009年2月 2日 (月)

『007 慰めの報酬』を観る

007


先行上映に行きそびれてしまい昨日鑑賞。

スーツ姿のボンド(というか、ダニエル・クレイグ)にクラクラしていたし、予告を観るとアクションもすごそうなので、この『慰めの報酬』を楽しみにしていたのでした。

個人的には期待していた通り、それ以上でした。
いや、ダニエルさんに惚れてしまった弱みか。フォーマル姿じゃなくても・・・全てがカッコいいと思ってしまった。
でも、やっぱりあのスーツ姿はエレガント。一瞬見惚れてしまったほど。

そして、何だか激しいアクションがずーっと続くので、観ている方も大変。(笑)
展開も小まめというか切り替わりも早かった。一体、何カ国巡ったんでしょ?
いつもだったら「ついていけない」と弱音が混じるけど、ナニゲについて行けちゃいました。

激しいアクションの連発なのに、何があっても動じずにあの無表情っぷりのボンドはスゴイ。
そんな彼は氷の男。アイスマン・・・いやターミネーターだわよ。いやいや、それともジェイソン・ボーンか。
今回の007は私が大興奮してしまうような“スーパーな男”だった
(Mをはじめ皆から非難されてたが、殺しのライセンスを使いすぎだったけど。)

個人的にこれまでの007シリーズはTV映画扱いしていたのですが、これからはちょっと・・・楽しみな映画作品となってしまったかも!
エンドロールのメッセージに期待して、またボンドの新たな活躍を観に劇場へ足を運びたいなと思っています。


【追記】
Mは置いといて・・・女性陣のこと。
カミーユのような同志的な位置づけのボンドガールっていいかも。
フィールズの扱いがちょっと可哀想すぎ。足を引っ掛けた結果が油まみれ・・・だなんて。


***************
原題:Quantum of Solace
監督:マーク・フォスター
出演:ダニエル・クレイグ、 オルガ・キュリレンコ、 マチュー・アマルリック、 ジュディ・デンチ、 ジェフリー・ライト

上映時間:106分
公式サイト
***************





|

« 『チェ 28歳の革命』を観る | トップページ | 今月公開の観たい映画 -2月- »

コメント

ボーン並みのアクションでしたねぇ〜。
硬派なボンドもなかなか良かったですよね。
私もダニエルボンドは結構気に入ってます!
そうそう!フィールズは気の毒でしたよねー。
2人のシーンは、ちょっとだけボンドぽい感じだったのに
油まみれは、ひど過ぎでしたよねー。

投稿: ルナ | 2009年2月 3日 (火) 23:20

>ルナさん
ルナさんも観に行かれたのですね~!
スタントの監督さんがボーンシリーズも手がけた方らしいので、そう思わざるを得ない感じでしたよね。
ダニエルボンド・・・ホントに硬派でしたよね。ボンドらしい茶目っ気がないのは物足りない気がしますけど、こんなにクラクラしちゃったのは初めて!
すっかりダニエルボンドファンになっちゃいました。
カミーユのようにボンドと砂漠の中を一緒に歩きたい・・・とボンドガールに憧れる今日この頃デス。(笑)

投稿: aju | 2009年2月 4日 (水) 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/43938531

この記事へのトラックバック一覧です: 『007 慰めの報酬』を観る:

» 007/慰めの報酬 [ルナのシネマ缶]
前作の「カジノ・ロワイアル」の 1時間後から始まるストーリーです。 オープニングで、お馴染みの 女性のシルエット版が 復活し、いつもテーマ曲が 今回はデュエットバージョンで 流れていました。 ダニエル版ボンドは アクションてんこ盛りでした! ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、 愛するヴェスパーに裏切られた事と、彼女の死により心に深い傷を負った。 彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を 尋問中、謎の組織の陰謀を知る。 また諜報部内にも... [続きを読む]

受信: 2009年2月 3日 (火) 23:21

« 『チェ 28歳の革命』を観る | トップページ | 今月公開の観たい映画 -2月- »