« 今月公開の観たい映画 -2月- | トップページ | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観る »

2009年2月 8日 (日)

『チェ 39歳 別れの手紙』を観る

Che39


やっぱりですね、チェ2部作の前編(28歳)を観たからには後編を早く観たくなる。

レッドクリフの時のように「わざわざ分けるなんて…」とは全く思わなかった。
かえって2部作の方が良かったな、と思いました。

前編ではキューバ革命を成し遂げるまでの「成功」の部分と、
後編のコンゴを経て圧政と貧困に苦しむボリビアでのゲリラ活動の「失敗」の部分に分けてのチェ2部作は観て良かったと思える内容でした。

(個人的にはそう思うものの)ただ、難しい。
映画で全てを知ろうとするのはとても難しいです。
内容も淡々としたドキュメンタリ調で、見慣れているようなドラマチックな感じの作品ではありませんから。

でも、何と言うか・・・あの雰囲気と内容で観ているこちら側もゲリラと同じ立場になって観れたような。
(客観的に観るのではなく、僅かな情報に振り回された所などその時その場所に立ち合ったかのような雰囲気が掴めると言いますか・・・。)

前編は急に国連会議のシーンやゲリラ活動のシーン、ゲバラとカストロの出会いのシーンに戻ったり、ちょっとついていくのが大変だった(つかみづらかった)のですが、後編はそれに慣れたのか入り易かったです。

それにしても、ベニチオ・デル・トロのイメージがすごく変わった。
濃ゆい・・・不敵な笑みを浮かべる表情がすごく強いイメージしかなかったのに、ゲバラを演じる彼は何か良かったのでした。部下を諭す時の声には優しさと強さを感じたり、もーー惹かれる。

子供と一緒に写真を撮る時の屈託のない笑顔
囚われて若い兵士と話すシーン
そして銃殺された後のラストシーン、船上でカストロを見るゲバラの表情
沢山彼に魅せられました。
・・・デル・トロ、ちょっと好きになってしまったかも。


【追記】
タイトルが「別れの手紙」となってますが、劇中ではカストロ宛の手紙しか紹介されなかったけれど、家族宛の手紙も紹介されなかったのが、ちょっと疑問(物足りない)。

いつものに輪をかけたような言いたい放題な感想になってしまった。内容についても感想を残したいが・・・すごく長くなりそうなので、時間があれば書き足したいです。

【追記2】
あっ、あと・・・
久しぶりに見たルー様(ルー・ダイアモンド・フィリップス)といい、後編はナニゲに出演陣に魅力的なお人が・・・
エンドロールで名前を確認するまでアヤフヤだったのだけど、監督繋がりなのか、ちょい役で意外なお人が出演していてビックリ。

**************
原題:CHE part1
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ、 ベンジャミン・ブラット、 フランカ・ポテンテ、 ルー・ダイアモンド・フィリップス、 カリル・メンデス、 エドガー・ラミレス、 カタリーナ・サンディノ・モレノ、 デミアン・ビチル、 ロドリゴ・サントロ

上映時間:133分
公式サイト: http://che.gyao.jp/

**************




|

« 今月公開の観たい映画 -2月- | トップページ | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/44002410

この記事へのトラックバック一覧です: 『チェ 39歳 別れの手紙』を観る:

« 今月公開の観たい映画 -2月- | トップページ | 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観る »