« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観る

Yesman

ジム・キャリー主演の前向きコメディ。
大体何事にも「NO」で通していたネガティブ人間が自己啓発セミナー(のようなもの?)がきっかけで、何事にも「YES」と答える誓いを立ててしまってから全てに於いて上手く行くようになり、ますますYESマン主義に没頭するというストーリー。

私もネガティブ思考寄りなので、この映画を観てちょいとリフレッシュしたくなり観に行ってきました。
上映開始から5~10分くらいしてからの入場だったので最初は見逃してしまいました。

内容はまぁまぁ・・・フツーかな。
ちょっと面白かったなーな程度。

「YES」という返事を聞くだけでもそうなんですが、YESマンになってからテンポよく人生が好転していく様は何だかこちらまでいい気分になる。けど、ちょっと行き過ぎてる所もありましたが。(まぁ、そこはコメディですから・・・)

ちょっと好きだったのが、何故か自殺志願者を主人公が助けるシーン。
YESマン活動で習ってしまったギターがそこで生きるとは。
行き過ぎ感があったけど、大合唱してしまう所は普通はありえないけれどもスゴイなーと思ったり。ナニゲに爽快感。(笑)

面倒くさいから、嫌なモノは嫌だから・・・等々、YESよりもNOマン寄りな私なので、普段NOで通すものをYESに変えてみるのもちょっとしたリフレッシュになるかなーと思ったので、ここぞという機会があればプチYESマン活動をしてみたい。

最後の最後のローラー下り坂はナニゲに怖い!けど気持ち良さそう!!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

『ヤッターマン』を観る

Yatta


ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!
下らなかったけど、面白かった。
テーマソングが懐かしくて泣いちゃった!(笑)

感想はまた後日。。

******************
09.03.29追記
******************

小さい頃に楽しみに見ていたアニメの実写化なので何もかもが懐かしく感じ、あっという間に終わってしまったような。。

観る前までは「ドロンジョ様が深キョンだなんてミスキャストじゃないの?」と思っていました。(小さい頃からの個人的ドロンジョ様のイメージは夏木マリみたいな人だったので・・・^^;)
が、どっこい。
カワイイ&ちょいとセクシーで、意外にハマり役!

ドロンジョ様をはじめとするドロンボー一味の面々には楽しませてもらいました。

あと・・・数々の名セリフやギャグには小さい頃のあのアニメを見ていた時の記憶が蘇って、ホント楽しめた!

内容はあまりなく、ちょっとエッチで下らない。でも面白い。

子供の笑い声に混じって、結構大人の人の笑いも多かったので、子供から大人まで楽しめるみたい。
私はコソっと笑える程度だったのだけれども、リフレッシュできてしまうくらいの満足感がありました。

でもやっぱりなー・・・アニメの方をスゴク見たくなりますね。


【追記】
①最後の最後に出た予告編。これってただのお遊びだと思うけど・・・もし、第2弾があるのだとしたら、観に行っちゃう!
②個人的イメージのドロンジョ様については、ちょいと毒アリすぎのようで誰にも賛同されていないんですが、あくまでもイメージですので・・・。^^;






| | コメント (4) | トラックバック (2)

またまた湯河原

気軽に行けちゃうので、連休はまたまた湯河原へ・・・
今度は車で行きました。が、渋滞で4-5時間かかってしまった。電車だと2時間で着いちゃうのに。

途中で寄ったのが小田原の小田原城。

20090320_cimg1785

中は、小田原氏等の説明パネルや、鎧や刀の他、当時の小物等々が展示されており・・・3階あたりに全国の名城写真が沢山展示されてました。

ちょっと感化されて(にわか)城マニアになってしまい、姫路城とか観に行きたいなーと思ったり。

先月に続いて2度目の湯河原でしたが、
私・・・湯河原の湯は合わないんじゃないかなぁ。
なんか、疲れるんですけど。伊香保とか、那須の方の温泉の方が癒される感じがする・・・






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

『テラビシアにかける橋』をレンタル

テラビシアにかける橋 [DVD]

一風変わった感じのファンタジー。
なので、少しついていけない(内容に馴染めない)感じがしたけれど、出演者の演技がよかったです。

主役の二人。
レスリー役の女の子が魅力的で、ちょいと好きになってしまいました。
チャーリーとチョコレート工場ではガムくちゃくちゃの小生意気な役だったけど、このレスリー役が良かったのかな・・・とてもチャーミングで可愛かった。

だから、あんな展開にはなってほしくなかったなぁ・・・
劇場公開前の予告編で展開があからさまに分かってしまうので、こうなるとは分かってはいたものの、ちょっと辛かった。

ファンタジーだけれど、メインは少年の成長物語ということになるのかな?

もっと感想はあった筈なのだが、3週間ほど前に観たものだったので、ちょいと忘れてしまいました。^^;


************************
原題 : Bridge to Terabithia
監督 : ガボア・クスポ
出演 : ジョシュ・ハッチャーソン , アナソフィア・ロブ , ズーイー・デシャネル , ロバート・パトリック , ベイリー・マディソン
収録時間 : 95分
************************





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

今月公開の観たい映画 -3月-

もうとっくに3月になってますが、今月公開の観たいなと思ってる映画です。


3/7(土)公開
『ダウト あるカトリック学校で』
メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン競演の心理サスペンス

『パッセンジャーズ』
アン・ハサウェイ主演、ロドリゴ・ガルシア監督の心理サスペンス

『ヤッターマン』
櫻井翔、深田恭子出演で70年代の人気テレビ・アニメを実写版映画化

3/14(土)公開
『アンダーワールド ビギンズ』
ケイト・ベッキンセール主演のバンパイア・アクションのエピソード1

3/20(金)公開
『イエスマン “YES”は人生のパスワード』
ジム・キャリー主演、ズーイー・デシャネル共演の爆笑コメディ

『ドロップ』
成宮寛貴、水嶋ヒロ出演、品川ヒロシ原作・脚本・監督のアクション

『ベッドタイム・ストーリー』
アダム・サンドラー主演、おとぎ話が現実になるファンタジー

『ワルキューレ』
トム・クルーズ主演・製作の史実に基づいたヒトラー暗殺を巡るスリラー


3/28(土)公開
『ウォッチメン』
「300」のザック・スナイダー監督、歴史的事件の裏を描くサスペンス

『フロスト×ニクソン』
元大統領ニクソンと、司会者デビッド・フロストの番組の舞台を映画化

今月は絶対!観に行く的レベルの作品はないのだけど、気になる作品が多い。
最初は興味なかったけど、『ヤッターマン』、観たいなぁ・・・
あとは・・・最近、水嶋ヒロがお気に入りなので、『ドロップ』観に行っちゃおうかなとか。

日本の漫画が原作の某映画Dは観る気ナッシング。
原作は大好きだけど・・・


***************************
【復習として】
前月(2月)に観た劇場上映作品を順位付け
***************************
1. 007 慰めの報酬
2.チェ 39歳 別れの手紙
3.ベンジャミン・バトン 数奇な人生

ホントは4本のはずだったのですが、キアヌ・リーブスのフェイクシティを見逃してしまった・・・
今月の順位付けは結構悩んだー!





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

『チェンジリング』を観る

Changeling

アクション映画のジョリ姐出演作は勇んで観に行ってしまうのですが、アクション以外の作品は行くのにちょいと躊躇してしまう。。(去年公開の『マイティ・ハート』もそうでした)

だけど、この作品は結末がどうなるのか気になって・・・観に行ってきました!

一人息子のウォルターと幸せな生活をしていたシングルマザーのクリスティン。
ある日、急遽休日出勤をすることになり、仕事をこなして急いで帰宅するとウォルターの姿がない。
行方不明になって24時間経過しないと対応してもらえない警察の言葉に従って、捜索願を出す。それから数ヵ月後、ウォルター発見の報にクリスティンは喜ぶが、現れたのは自分の息子ではなく、見知らぬ子供だった・・・
というストーリー。

ひとことで言ってしまえば・・・「凄い」です。
(思った以上に良かったという意味を込めて)凄かったです。

当時、腐敗しきったLAPDが折れて一件落着しましたー・・・おしまい。チャンチャン。

行方不明になったウォルターがどうなったか判りましたー・・・おしまい。チャンチャン。

体よくそんな感じで収まる作品が多々ありますが、そんな風では終わらせないのです。続くのです。
体よく済ませずに出さない部分を出して丁寧に出来上がった作品といいますか。

その上で姐さんの演技には圧倒され、ストーリーに、セリフに、グッとくるものありで、後半は私だけではなく涙ぬぐっている人、多数。

何があっても、何をされても、ずっと毅然としていたクリスティンには強いだけではない強さ(あー、言い表せない)を感じてしまった。

すり替えられた子、精神病院、牧場の男、その従兄弟、LAPD、女性蔑視等々・・・色々しゃべくっちゃいたいけれど、ここでは書きません。
身近な人たちにも聞かれたけれど、何も言わず「気になるなら、観るべし。」とおススメしてます。

まとまりなく、言葉足らずの意味不明感想でスミマセン。

最後にもう一言。
ジョリ姐・・・いや、アンジェリーナ・ジョリー・・・大好きです。





| | コメント (3) | トラックバック (5)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »