« またまた湯河原 | トップページ | 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観る »

2009年3月25日 (水)

『ヤッターマン』を観る

Yatta


ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!
下らなかったけど、面白かった。
テーマソングが懐かしくて泣いちゃった!(笑)

感想はまた後日。。

******************
09.03.29追記
******************

小さい頃に楽しみに見ていたアニメの実写化なので何もかもが懐かしく感じ、あっという間に終わってしまったような。。

観る前までは「ドロンジョ様が深キョンだなんてミスキャストじゃないの?」と思っていました。(小さい頃からの個人的ドロンジョ様のイメージは夏木マリみたいな人だったので・・・^^;)
が、どっこい。
カワイイ&ちょいとセクシーで、意外にハマり役!

ドロンジョ様をはじめとするドロンボー一味の面々には楽しませてもらいました。

あと・・・数々の名セリフやギャグには小さい頃のあのアニメを見ていた時の記憶が蘇って、ホント楽しめた!

内容はあまりなく、ちょっとエッチで下らない。でも面白い。

子供の笑い声に混じって、結構大人の人の笑いも多かったので、子供から大人まで楽しめるみたい。
私はコソっと笑える程度だったのだけれども、リフレッシュできてしまうくらいの満足感がありました。

でもやっぱりなー・・・アニメの方をスゴク見たくなりますね。


【追記】
①最後の最後に出た予告編。これってただのお遊びだと思うけど・・・もし、第2弾があるのだとしたら、観に行っちゃう!
②個人的イメージのドロンジョ様については、ちょいと毒アリすぎのようで誰にも賛同されていないんですが、あくまでもイメージですので・・・。^^;






|

« またまた湯河原 | トップページ | 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観る »

コメント

ajuさん、確かに夏木マリさんです!
そりゃ、今カノジョがドロンジョ様をするのは
無理があるのは充分承知ですが、
でも、自分があのアニメを見ていた頃のイメージとしては
夏木マリさんがぴったりですね。
深キョンみたいなふくよかな可愛さではなく、
もっとクールな中にある間抜けさみたいな・・
そういうイメージ持ってたんですよね、私は・・。

ajuさんが書かれてる通り、内容はあまりなく
ちょっとエッチでくだらない。
かつ、グロイ!
でも、あんなに楽しかったのは
(観ながら自然に顔の筋肉が緩んでました。)、
原作を知るものの特権ですよね。
確かに夫はつまんなかったと思います^^;

ajuさんっていろんな映画をご覧になってるだけあって、
感想も的を得てるなあ・・と、改めて思いましたよ。
いや、これはただのよいしょではなく純粋に!

投稿: うきこ | 2009年3月30日 (月) 06:44

>うきこさん

わぁ~、早速のコメントありがとうございます!

顔つきなどの骨格の細さとかが夏木マリさんイメージだなぁと思っていたので、うきこさんが賛同してくれて嬉しいです。
小さい頃見ていた時はドロンジョ様って熟女のイメージがあったんですよね。
でも設定は20代前半だとか・・・。(笑)

気合入れて感想をと思ったものの、結局「楽しかった」の繰返しになってしまいました。もっと何とか書けないものかなぁ、自分。と、思ってたので、うきこさんのお言葉に恐縮してしまいました。
うきこさんの感想も奥深さを感じられる時が多々あって、よく感心してます。(あ、何だかエラソーにうきこさんを評じてしまった!)


投稿: aju | 2009年3月31日 (火) 01:13

ajuさん、こんばんは(^_^)
ドロンジョの夏木マリってイメージ、私も一票です!
だから、最初深キョンって聞いたときは
なんか幼すぎる感じがしていたのですが、
まあ、フタを開けてみれば、これはこれで
良かったのかなぁ〜って思いました。

まあ内容はおいといて、懐かしかったし
楽しめたので、続編あったら私もきっと
行っちゃいます!
それにしても、下ネタも満載でしたねぇー。

投稿: ルナ | 2009年4月 3日 (金) 00:01

ルナさん、早速のコメントありがとうございます。
お仕事、大丈夫ですか??
とか言う私の方がお返事に時間が空いてしまいました。(スミマセン)

ドロンジョ様(=夏木マリイメージ)は、私の周り(年下)から聞いたせいかなぁ。全く賛同を得なかったので、ルナさんにも賛同頂けてちょっとビックリ!

そういえば、下ネタ。結構多かったですよねぇ。(笑)
ラストの方で、博士の娘が山を下る時にわざわざ逆さになって、チラリズムを意識しているのか・・・何をそこまでわざわざ・・・なんて思ったりしました。

徹底しての下らなさが、かえってストレスにならず、可笑しいし逆にストレス解消にもなったりしました。(笑)

投稿: aju | 2009年4月 5日 (日) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/44467010

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヤッターマン』を観る:

» ヤッターマン [アロハ文庫]
[続きを読む]

受信: 2009年3月30日 (月) 06:34

» ヤッターマン [ルナのシネマ缶]
ヤッターマンがいる限り この世に悪は栄えない! 懐かしいセリフとともに 実写版で登場! まあ、ヤッターワンの 色が多少違うのが 気になりましたが、 爆笑させてくれました。 えっと、今回ストーリーはまあどうでもいいですよね〜。 オープニングのハッチ公(みなしごハッチの像)前から ツカミはOKって感じで、三池監督の思い入れを 感じました。 それにしても、ドロンジョ(深田恭子)への思い入れは 凄いんじゃないかなぁ〜。 なんかフカキョンだけすご〜く可愛い!(笑) ドロンジョ... [続きを読む]

受信: 2009年4月 3日 (金) 00:02

« またまた湯河原 | トップページ | 『イエスマン “YES”は人生のパスワード』を観る »