« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

『グラン・トリノ』を観る

Grantorino


4月は観たい映画が沢山あって・・・
祝日&レディースディの昨日は「グラン・トリノ」を観に行きました。

期待していた通りの内容。
ラストに向けては、こうなってしまうだろうと分かってはいても、どうしても涙が・・・沢山泣いてしまった。

沢山泣いてしまったけれど、個人的には結末が全てではなかった。
ガンコ爺とモン族の青年、その家族との交流。
反面、すれ違いの多い身内との交流。
「生よりも死を知る」ガンコ爺ウォルトの過去、消せる事のない過去の行い。そして、若い神父さんの存在。

モン族の家族と交流が深まる度にウォルトに心に変化が表れるところに何だか癒されたり。イタリア人の床屋との会話や、タオのお祖母ちゃんとの犬猿的やり取りなど、クスッと笑ってしまう所が多々あったり。

ガンコ爺。息子夫婦に老人ホームを勧められ・・・爆発する寸前のウォルト老の顔がなんとも好きでした。

観終えてから、この作品で俳優業を最後とすることを知りました。まだ監督業の方は最後ではないとはいえど、ダーティ・ハリーを見てトキメキを憶え、数十年・・・スクリーンの上でクリント・イーストウッドを観ることはないのかと思うと、何だか寂しいなぁ・・・。

悲しい結末だけど、優しさが漂う・・・
数年前の「ミリオンダラー・ベイビー」を思い出してしまった。

愛犬デイジーを乗せたグラン・トリノが走る・・・ウォルトの歌声が聞こえてエンドロール。このラストがなんともいえず・・・一番印象深いです。


=============================
原題 : Gran Torino / 117分
監督 : クリント・イーストウッド
出演 : クリント・イーストウッド, コリー・ハードリクト, ブライアン・ヘイリー, ブライアン・ホウ, ジェラルディン・ヒューズ, ドリーマ・ウォーカー, ビー・ヴァン
=============================




| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年4月28日 (火)

『ある公爵夫人の生涯』を観る

Duchess

故ダイアナ妃の祖先にあたるというデヴォンシャー公爵夫人のスキャンダラスな実話を映画化。

何といっても、豪華な衣装がとても素晴らしい!
最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵へ嫁いだというだけあって、ジョージアナのファッションはすごくバブリーでした。
盛って盛って盛りまくりのヘアスタイルに、華やかなドレスの数々・・・目の保養になります。

ストーリーの方は、
観る前は、もっともっとドロドロしていそうな感じがしたので、思ったほどでは・・・でも、さすがに公爵の行いにはついていきませんけど。

ついてはいけませんけど、お金も沢山あって、権力者で・・・そんなお殿様じゃしょうがないかと。
お殿様寄りで見てみると、公爵たる故のストレスや育ちとか色々あるんだなぁと。男児を望み、スペンサー家とも金銭契約みたいなものも交わしているようだったし・・・ちょっと無碍に公爵を嫌いになれない私は変かしら?

暗く悲劇的なラストになるのかなぁと思っていたら、穏やかなラストでした。
まさか、最後にあんなに優しく手を握るとは思わなかった!(最初に、こういうちょっとした事をしてくれたら、ジョージアナも夫不信にならなかったかもしれないのにー)

生涯を全うするまでは描かれていませんが、ラストに説明が入ります。ジョージアナの遺言に公爵と愛人エリザベスが結婚するようにとあって、なんだか年月を積み重ねた彼らの関係に奥深さのようなものを感じてしまった。


===========================
原題:The Duchess / 110分
監督:ソウル・ディブ
出演:キーラ・ナイトレイ, レイフ・ファインズ, ヘイリー・アトウェル, ドミニク・クーパー, シャーロット・ランプリング
===========================






| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月26日 (日)

『Dr.インクの星空キネマ』を読む

Dr.インクの星空キネマ


Dr.インクの星空キネマ / にしの あきひろ 著


芸能人本っていっていいのかな・・・
滅多に芸能人本は手にしないのですが、お笑いの人がこういった絵本を出したっていうのが気になって、読んでみました。

ちょっと漫画チックにも見えてしまうけど、
とても丁寧に仕上げた絵と、4編のファンタジー。
最後にはその4編がひとつにまとまっていきます。

あとがきに書かれてましたが、
「どうしてこんなに沢山の種類の夢をみるんだろう?」
と子供の頃に思った疑問を基にこの本を作ったそうです。

このあとがきを読んでちょっと見る目が変わりました。

とても想像力が豊かな人で、こんな作品を作り上げる事ができた・・・TVではお笑いの西野さんという一面しか(当然だけれども)見れなかったけど、全く違う別の一面を知って、ちょっと驚きました。
・・・彼のイメージが変わりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スノークラッシュ』をレンタル

スノークラッシュ [DVD]

何でコレを借りたいと思ったのか忘れてしまったが、だいぶ前にリスト入りして忘れちゃったんでしょうな・・・
「ブルークラッシュ」的なイメージも重なったのか・・・

それから、
「バーティカル・リミット」×「ファースト・ディセント」
の売り文句に釣られてレンタルリスト入りさせたんだろうな・・・。


ダウンヒル・レーサーのタイラーとプロスノーボーダーのマークは、映画のスタントマンとして傾斜角世界一の雪山・アラスカの断崖絶壁に挑む。

90度に近い傾斜を滑る所はちょっとハラハラしたけど、内容はごく普通で盛り上がりのようなものは無いので、最初はちょっと退屈でした。
恋愛要素(親友の妹とくっつく主人公)があるけど、何だかその辺もありきたりで盛り上がりに欠ける。
恋愛なしで、がっつり硬派的な内容で、
バーティカル・リミットのような更なるハラハラ度があったら良かったのだけど・・・。

==============
原題 : DEEP WINTER / 96分
監督 : マイキー・ヒルブ
出演 : エリック・ライヴリー、マイケル・マドセン、ルーク・ゴス、ロバート・キャラダイン、ケラン・ラッツ、ペイトン・リスト
==============





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

『GOEMON』試写会に行く

Goemon


全く期待していなかったんですが・・・意外に面白くてビックリでした。
紀里谷監督の前作・キャシャーンが何だかよく分からなかったし、江口洋介が天下の大泥棒・五右衛門ってどうかなぁ?とも思ってたので。

でも、分かりやすかったし、豪華な沢山の出演陣にビックリだし、監督の持ってる独特の世界観とか何もかも、意外に面白く感じて楽しめました。
こんな映画だったら、試写会じゃなくても実際足を運んで観に行ってもいいかな・・・とも思ったり。

沢山、たくさんTVや映画などでお馴染みの顔が登場しっぱなし。
しかもそれぞれキャラクターが立っていて、中でも霧隠才蔵(大沢たかお)がイイ。
観る前にどうかなぁ?と思った五右衛門も(失礼ながら)意外に良かった。
全く期待してなかったので予習してなかったんですが、明智光秀役で監督本人が出演していたのもビックリ。
某イケメン俳優をイケメン度ゼロなチンピラ役人として使うなんて、なんて贅沢・・・と、こういうことにもビックリでした。

まさかこんなに娯楽的に楽しめる作品だったとは思ってなかったので、「意外」さもあって試写会で観れて得した気分になりました。
ラストはちょっと悲しいので、例えつまらないラストになろうとも違ったラストを観たかったな。。

((今晩観たばかりなので、また後日もうちょっと追記します・・・))


【09.4.26追記】
ヤバい・・・余韻が冷めた今でも、大沢たかおの余韻だけは消えない。
今まで全く気にもならない俳優さんだったのだけど、今、ちょっと好き。

今朝のTVトーク番組、『ボクらの時代』(07:00~)に紀里谷さんと江口さん、そして大沢たかおが出演。
最後の5分くらいにチャンネル回して気付いたので、全部見れなくて残念っ。

大沢さん、今はイギリスで生活をしているそうだ。
何もしていないと軽く言ってはいたけど、どんな生活をしているのか・・・気になる!!






| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月19日 (日)

『トワイライト 初恋』を観る

I'm not afraid of you. I'm only afraid of losing you.
Twilight

この作品、公開前に「美少年」という言葉をよく目に耳にし、ちょっと何だかなーという気持ちがあったものの、観に行ってしまいました。
去年一番印象に残った作品“イントゥ・ザ・ワイルド”に出演していたクリステン・スチュワートがヒロインのベラを、ハリポタ・炎のゴブレットのロバート・パティンソンが美少年ヴァンパイアのエドワード役を演じる女子高生とヴァンパイアとの禁断の恋を描いた作品です。

少女マンガを見ているような感じ。
特別な血の匂い以外にも、二人を引き寄せる何かがあるのか?一気に「あなたを失うのが怖い」とまで言ってしまうようになった二人のアツい様子にはビックリだ。

でも、最初はちょっと怖いというか気持ち悪いというか・・・エドワードに引いてしまった。ヴァンパイアとして怖いのではなく、ストーカーっぽいし。学校中の女の子が憧れる学校イチのイケメンらしいのだが、どうも・・・。

段々と彼に慣れてくると同時に、冷人族やオオカミ族の伝説などのオカルト話が挿入され、面白くなってきたかなと感じてくる。二人は次第に惹かれ合い、段々と燃え上がって・・・彼女を狙う敵が現れる。
結構夢中になって観てしまった!

展開的には何てことないのだけど、ベジタリアン・ヴァンパイアとして生活しているエドワード達家族のことをもっと知りたくなるし、ネイティブの少年の存在もまだまだこれからっぽい・・・。
ベストセラーになったティーン向け小説のということで、お客さんは中高生が多かったけど、こっそり紛れて観に行っちゃうでしょう。

主題歌(ディコード〜恋の暗号 / パラモア)も好きだなぁ。

===============
原題:Twilight
監督:キャサリン・ハードウィック
出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、エリザベス・リーサー、ニッキー・リード、ピーター・ファシネリ、ジャクソン・ラスボーン、キャム・ギガンデット、ビリー・バーク、アシュレイ・グリーン

公式サイト
=====================

【追記】
ベラの匂いはヴァンパイアにとって、とても美味しそうな匂いがするそうだ。
人間的に例えると・・・オカメソースの匂い?温かい蕎麦つゆの匂い?香ばしい焼き鳥の匂い?それとも甘い系でケーキを焼いた匂い?それともフルーツのみずみずしい匂い?一体どんな美味しそうな匂いがするのかなーと暫く下らないことを考えながらスクリーンを観てしまっていた。

あと・・・エドワードは最初、美少年と言うにはどうも・・・あえて言えばサリーちゃんのパパか。と言う程度だったんですが、プロムでの正装姿は正直カッコイイ。
でも、ベラのパパが一番カッコイイかなと思ったり。ヒゲなしで次回作に登場して欲しいなぁ。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

『ジェネラル・ルージュの凱旋』を観る

Generalrouge


原作本を読み終えて一週間。
まだまだ私の中ではジェネラル・ルージュ(速水さん)の余韻が残っており・・・たまらずに映画も観てしまいました。

そりゃ、もちろん目的は速水さんを演じる堺雅人目当て。
彼の「あいよっ」っていうセリフを堺さんの声で聞いてみたかった。
あとは、倫理委員会での熱いぶつかり合いにも期待して・・・。

でも、まんま原作と一緒というワケではなく、自殺か?他殺か?の殺人事件が絡んだり、細かい登場人物まで描かれてはおらず、ちょっと軽いサッパリした雰囲気の内容で、個人的には「やっぱ、原作の方がアツいな・・・」と映画を観ながらカクッとしたりも。
映画は映画で多少面白くはあったけど。
「ガ・リ・バー!」っていうガリバーコールが可笑しかったし、白鳥さんメインで笑わせてもらいました。

期待をしていた「あいよっ」が聞けなかったのが少々残念ではあるけど、堺さん、やっぱりイイですね。
もっともっと、速水さん(堺さん)をあててよ!と思うほどに、堺さんってば、イイ!!
でも、原作本を読みながらの頭に描く速水さん像(堺さん)が一番いい・・・。ので、今2度目のジェネラル・ルージュの読書中だったり。

原作アリの映画化なので、あまり「面白かった」とは堂々と言えず、断然何もかもが物足りない。
堺さんの速水さんが見れたので、ちょっとアツくなってた自分が少し落ち着いたかな・・・。堺さんの速水さんが見れたから、まぁ・・・満足です。

映画は映画、原作は原作、ドラマはドラマ・・・でそれぞれ楽しまなくては。
ドラマ化されるのかなー?伊藤淳志&仲村トオルver.のジェネラル・ルージュも見てみたいな。






| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月12日 (日)

『きみに読む物語』をレンタル

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]


いつかは観なきゃと思ってましたが、いまさらの鑑賞になりました。

今さら・・・なので、だいたいは分かっていたんですが、それでも涙が出てしまいました。

話に聞いた通り、あの湖のシーンはとても美しくステキだったし・・・

若い時の情熱的な二人の愛と、老いた彼の深い深い愛。
そして、彼女が言った二人の奇跡の愛が永遠になって・・・・・・
何だか全てがとても羨ましい。

それにしてもアリーの婚約者くんが小島よしおに見えてしょうがなかった。
設定上は、ハンサムガイとのことだが・・・ということは、よしおもハンサムガイということか?!


============
原題 : THE NOTEBOOK
収録時間 : 123分
原作 : ニコラス・スパークス

監督 : ニック・カサヴェテス
出演 : ライアン・ゴズリング , レイチェル・マクアダムス , ジェームズ・ガーナー , ジーナ・ローランズ
=============





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読む

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)
ジェネラル・ルージュの凱旋 上・下巻
宝島社文庫
海堂 尊 著


この作者さんの作品は初めてで、TVドラマ「チーム・バチスタの栄光」が面白かったし、映画ではもう2作品も映画化されてるので原作読んでも失敗しないだろうなと思ったので、ちょっと前に購入。

「星の王子さま」を約2ヶ月かけてやっと読み終えたので、日曜日から読み始め・・・上下巻で4日で読み終えました。(私にしてはかなりのハイペース)

(前述) >失敗しないだろうなと思った

・・・こんな事を申し上げてスミマセン!と謝りたいくらいハマりました。
失敗も何もー!この話のメインとなる速水医師の魅力にとりつかれてしまいました!!

合わせて一冊でもいいのになぁとは思ったけれども、何故か上下巻。
でも、上巻の最後はジェネラル・ルージュと称されるワケが説明されていて、それを読み終えた後は、もーもー速見さんに完璧フォーリンラブ。
下巻を買いにまっしぐら!
恋に落ちずにいられますか!恋に落ちずとも、もしこんな上司や同僚がいたらどこへだってついて行きたくなるほどに魅力ある。

他の登場人物も際立った人が多いし、緊迫した救命現場の様子、そしてエシックスでの議論がアツイ!

私は多分、すぐカッとしてしまう島津先生みたいなタイプなので、ガチガチ・ネチネチな沼田さんを白鳥や速水さんがのしてしまうところはスカッとしてしまう。

若くして伝説になり、
「神になる」なんて言ってのけちゃう速水さん。
頭の中では(映画で速水役の)堺雅人を浮べながら、読み進めました。田口先生は(ドラマで田口役)伊藤淳史を微かにイメージしてしまったので映画も観たいなぁと思うものの、ちょっと揺らいでます。とか言ってるうちに映画も終わっちゃいそう。^^;

何だか速水さんに惚れました!ばかりな感想になってしまいましたが、とにかくこんなに引き込まれて読み進めた本は久しぶり。
他の作品もまた読んでみようと思ってます。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

『再会の街で』をレンタル

再会の街で

歯科医のアランは偶然かつてのルームメイトであったチャーリーと再会する。
久しぶりに見るチャーリーは9.11同時多発テロで妻と子を亡くし、心を閉ざし、精神的に病んでいた・・・


アダム・サンドラーのイメージとはちょっと違っていたからか、
最初はちょっと馴染めない感があったんですが・・・観ていくうちに、どっぷりとチャーリーを見守るように見入ってしまいました。

<あ、馴染めないというか・・・
まだ自分には大切な家族を失うという経験をしていないから実感が沸かなかった(最初は)。という方が適切かもしれない>

後半、チャーリーが妻の両親に向かって言うセリフ、
(ズバリなセリフは再現できないんですが)
その両親はお互いに彼女を失った痛みを分かち合えることができるけれども、自分にはその痛みを分かち合える相手はいないんだ、ということをそれまで彼らを遮断していたのに初めて面と向かって言うところ。

ぶわーっと来ちゃいました。

アランと出会うことで徐々に少しずつ前進したチャーリー。
チャーリーだけではなく、チャーリーと再会したアランの方にも自分を見直して前進する。

チャーリーの9.11による心の傷を様子を見るのはちょっと辛いと思ったりもしましたが、主役の二人の前進していく様は何だか優しい気持ちになりました。音楽や雰囲気もよかったです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『星の王子さま』を読む

星の王子さま (集英社文庫) (集英社文庫)
星の王子さま (集英社文庫版)
アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ 著


箱根・仙石原の星の王子さまミュージアムに行くことがきっかけで購入した文庫本。
一日で読めそうだとか思っていたのに、結局、行く前に読み終える事は出来ずに、読み終えるまで(ブランク挟みながら)2ヶ月くらいかかってしまいました。^^;

読み始めた時の印象が、
「これって、ホントに児童書なの?」
でした。

結構、含みが多いじゃないですか。

児童書とはいえ、私はいい大人になってからの「星の王子さま」だったので、子供の頃に読んでいたら自分のいいように解釈して、多分「つまらない」で終わってしまっただろうなぁ。

いい大人になったからこそ伝わること、
読む前にミュージアムの方で著者や作品についての解説が知ったからこそ含みや著者の思いなどが分かり得たワケで・・・今になって読んでヨカッタ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

谷中霊園の桜

20090404_cimg1792_2

昨日土曜日の朝、ちょっと早起きして谷中霊園の桜を見てきました。
(水嶋ヒロの結婚ニュースやテポドン関連のニュースを見てたら、出るのが少し遅くなってしまったけど)

満開。

今日は風が吹いて、近所の桜はちょっと散りつつあるので昨日がベストだったかなぁと思います。


20090404_cimg1791
メイン通り。
左に軽トラが止まってて、中で運ちゃんが三味線を弾いていた。
なかなかにオツなBGMでした。


そういえば、まだ一度も行っていない徳川慶喜さんのお墓にも寄ってきました。
20090404_cimg1800_4


墓地にある桜は結構大きくて樹齢いくつ?的なすごいものもあり、メイン通りのより見事です。
20090404_cimg1802

うねった幹がすごい。


谷中を通って、用事のある上野まで歩きます。
イナムラ・ショウゾウさんの前を通って、上野公園へ。
急に人が増えます。(ルーブル展などの美術館目的で並ぶ人が沢山!)
上野公園は祭りちょうちんとか飾られてるので、そこの桜は滅多に見ません。
途中に今まで気づかなかった国際こども図書館の前を通る。開館は9:30。外観がステキだったので、また今度改めて。。
京成線の昔あった駅(博物館動物園前)の出入口すぐ近く・・・と自分用にメモ。

所用約30~40分。
用事のついでに一人でてくてく歩きましたが、桜が見事だったし、こども図書館というちょっとステキそうな場所を知ったので、「早起き&早出は三文の得」な気分になりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去25年で一番レンタルされた映画

木曜日の深夜に見たTVクイズ番組で出された問題。
45秒というリミット付き。


私も答えられなかったし、何人かに出してみたら誰も答えられず・・・


『 過去25年にTUTAYAで一番レンタルされた映画 』


その作品って何でしょうか???


思いつくまま数作品挙げてみて下さい。


   ・

 ( 10秒 )

   ・

 ( 20秒 )

   ・

 ( 30秒 )

   ・

   ・

   ・

 ( 45秒 )

   ・

さて、答えは・・・


ハリー・ポッターと賢者の石  

でした。

これ挙げられた人、います?
結構、タイタニックとかバック・トゥ・ザ・フューチャーとか、SWとか・・・挙げちゃいません?
意外といったら意外だけど、なるほどーな答えでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

今月公開の観たい映画 -4月-

もう気付けば4月になっており・・・。
頭の中では2~3本ほど今月公開と記憶していたものの、他にも忘れていたものもあり、今月は楽しみにしていた作品が結構ありました。


4/4(土) 公開
『トワイライト 初恋』
人間とヴァンパイアの禁断の愛を描いたベストセラー小説の映画化

4/10(金) 公開
『レッドクリフ PartII 未来への最終決戦』
ジョン・ウー監督の三国志演義の映画の後編

4/11(土) 公開
『ある公爵夫人の生涯』
キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ共演、英国の歴史ドラマ

『失われた肌』
ガエル・ガルシア・ベルナル主演、ヘクトール・バベンコ監督の愛の物語

『クローズZERO II』
小栗旬、山田孝之ら出演、高橋ヒロシの同名コミックの映画化第2弾

4/18(土) 公開
『スラムドッグ$ミリオネア』
スラム街育ちの少年の過酷な人生を描く、ダニー・ボイル監督作

『ミルク』
ショーン・ペンがゲイの権利活動家ハーヴェイ・ミルクに扮する映画

4/24(金) 公開
『バーン・アフター・リーディング』
ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー出演、コーエン兄弟のコメディ・スリラー

4/25(土) 公開
『グラン・トリノ』
クリント・イーストウッド監督・主演、老人と移民家族の交流を描くドラマ


・・・
先月公開の『ドロップ』もまだ観たい観たい度が消えません。

上記のうち、作品名太字はその中でも楽しみにしていたもの。
しかし、レッド・クリフ2は前作から数ヶ月経ってしまったせいか観たい度が去年より落ちていたりします。
スラムドック、公爵夫人は必ず観に行くつもりです。
グラン・トリノは5月のGW中に観に行こうかな。


***************************
【復習として】
前月(3月)に観た劇場上映作品を順位付け
***************************
1. ヤッターマン
2. YESマン
3. ------

結局2本しか観ていない・・・ので、順位付けの意味はないかな。^^;
4月は4本くらいは必ず観ておきたいなぁ・・・。

あ、そろそろDVDの方も観ておかないと、今年の目標が達成できないわ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »