« 『レスラー』を観る | トップページ | 『フェイクシティ ある男のルール』をレンタル »

2009年7月26日 (日)

『ノウイング』を観る

Knowing

50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、数字が羅列されたメモを持ち帰った小学生ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)。彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、その数列を解析し、激しく動揺する。その数列は、実際に起きてきた過去の惨事と、これから先の未来に起こる災難を予知するものだった。。。

出だしは何だか面白そうだったのだけど・・・
やはりというか、やはりと言うまでもないのか、あのパターンな展開。
勇んで観に行ったけれども、これは・・・DVDでもよかったかなぁと思ったのが正直なトコロでした。

でもラストは、あのパターンな割には渋い終わり方だった。
あのパターンだけど、終わりの方はいつもの通りではないことが分かって来た時、迫り来る惨事に対してジョンが、「自分が世界を救うんだ!」みたいなセリフを口にした時はビックリだったけど。

ネタ的なことや、ラストについては置いといて、
航空機墜落事故や、地下鉄脱線事故の様子はリアルで目を背けてしまうほど。怖かった。
映画館の冷房効果もあってか、ちょっと身震いさえしてしまったほど・・・

あれを観てしまうと、パニック物とか世紀末物?天災モノとかは当分観たいという気にはならないくらい・・・個人的にはちょっと参っちゃった。。

子役のチャンドラー君は可愛いけど、それだけじゃなくって、ちょいと気になります。
『ベンジャミン・バトン』の子役でもあったのかー・・・。

==============================
原題:knowing
監督:アレックス・プロヤス
出演:ニコラス・ケイジ, チャンドラー・カンタベリー, ローズ・バーン, ララ・ロビンソン, ベン・メンデルソーン
上映時間:122分
==============================

【追記】
本編とは、あんまり関係ないのだけど、
(50年前の)ルシンダのクラスの生徒達がみんな可愛かった・・・
先生の一言一言に反応する現代っ子にはない反応が・・・とても可愛いかったのでした。(≧∇≦)



|

« 『レスラー』を観る | トップページ | 『フェイクシティ ある男のルール』をレンタル »

コメント

これ、映画館で予告編観たときに飛行機の墜落シーンがリアルでビックリしました。
「あのパターン」ってのが気になります・・・・。
どのパターンだろう・・・もしかしてアレか??
とか言って。

最近、映画館から遠のいているので、これもDVDリリースを待ってみます。
「アマルフィ」の戸田ちゃんも観たいけど、そっちもDVDになりそうです。

投稿: siu | 2009年7月27日 (月) 19:48

前半は、結構面白かったですよね〜。
それに飛行機や地下鉄の事故シーンは、
迫力があってホントに怖かったです。
ただ、オチがねぇ〜!
あのパターン!ですからねぇーーー(笑)
切ないんですが、それほど感動できずに
残念でした。

投稿: ルナ | 2009年7月27日 (月) 23:10

>siuさん
あのパターンとは・・・もしかしたらsiuさん好みのネタかもしれないです。
(前にそんなお話、したようなしないような)

映画としては、親子モノでこういうパターンって定番っぽいような気がしないでもないです。
ますます意味不明になっちゃったかな。

DVDというか、TVで・・・でもいいかなーという感じの作品でした。(あ、個人的にはですけど)

>ルナさん
前半はミステリーな感じでワクワクしたんですけど・・・ねぇ。
手話みたいな二人の決めセリフ(二人は永遠に一緒)は、ちょっと切なくなったけど、おっしゃる通り私もあまり感動のような感情は持てなかったです。

迫力あった事故シーンはリアルだったけれども・・・何だかなーな感じで残念でした(よね?)。

投稿: aju | 2009年7月29日 (水) 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/45704067

この記事へのトラックバック一覧です: 『ノウイング』を観る:

» ノウイング [ルナのシネマ缶]
前半の飛行機の墜落とか 地下鉄の事故とかは かなり迫力があって怖いです。 ただねぇ〜、ラストは ちょっと拍子抜け!って感じだし、 なんかいまいち切ないのに 感動できませんでした。 50年前の小学生たちが埋めたタイムカプセルから、 小学生のケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)が たまたま受け取った封筒の中には 数字が羅列された用紙が入っていた。 彼の父親で宇宙物理学の大学教授ジョン(ニコラス・ケイジ)は、 その数列を解析していくうちに、 それが実際に起きてきた過去の... [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 23:12

« 『レスラー』を観る | トップページ | 『フェイクシティ ある男のルール』をレンタル »