« 『カムイ外伝』を観る | トップページ | 『極北クレイマー』を読む »

2009年9月27日 (日)

『南極料理人』を観る

Nankyoku


5連休明けは何だか時差ボケのような感覚が残ってるので、さっさと仕事を切り上げて、会社帰りに観に行きました。

こそっと笑えて、色々な食べ物の映像に生ツバの連続・・・な作品でした

家族や彼女と離れ離れで1年以上も何もない南極での生活は、ちょっと可哀そうと一瞬思ったけれども、バカやったりで結構楽しく生活しているのを見て、住めば都なのかな?とも思い直した。

きたろうさんや、生瀬さんが(私が持つそのまんまイメージの)クセあるキャラクターっぷりで笑えたり、(結構好きな)堺雅人のいつもと少し違う雰囲気の役柄を見るのも楽しかった。

何だか良く分からなかったドクターの行動。
トライアスロンのトレーニングとは言っていたが、南極の地を裸で自転車漕ぐ一瞬のシーンはゾクッとしちゃった。(場面転換したら、死んでました・・・みたいなシーンになるのかとヒヤヒヤしちゃった!)


しかし、なんといっても食べ物。
ごくフツーのおにぎりや、朝食の焼き魚、なんてことない食事メニューでさえ生ツバが出てしまう。
私自身、お昼を沢山食べてあまりおなかが空いていないというに、何だかおなかが空いたような気分にもなってしまった。

何なんでしょう?
あの食欲をそそるような映像の魔力は!!

映画を観た後に私が食べたのは・・・特大ローストビーフの触発されて、お肉・・・と迷ったのだけど、ラーメン大好きな(きたろうさん演じる)隊長に触発されてラーメン、行っちゃいましたっ!


=====================

監督 :沖田修一

出演 :
堺雅人(西村淳/調理担当)
生瀬勝久(モトさん/雪氷学者)
きたろう(タイチョー/気象学者)
高良健吾(兄やん/雪氷サポート)
古舘寛治(主任/車両担当)
黒田大輔(盆/通信担当)
小浜正寛(平さん/大気学者)
豊原功補(ドクター)

======================


【追記】
あっと・・・この人、高良健吾。
この子が出ている映画、今年何本観たんだろう?
結構沢山出演しているんだよねぇ~・・・。




|

« 『カムイ外伝』を観る | トップページ | 『極北クレイマー』を読む »

コメント

こんばんは!
ホントに、料理がすご〜〜く美味しそうで、
観ていてお腹がすく作品でした。
それにしても、海上保安庁の料理担当ってすごいんですね〜。
普段の料理はまだしも、コース料理や中華まで
結構幅広く作ってましたよね〜。
店できそうでした!
ajuさんも、ラーメン行っちゃったんですね。(笑)
あれは、食べたくなりますよねぇ〜。

高良健吾くんは、主役にはなれないタイプですが
よく出てますよね〜。

投稿: ルナ | 2010年3月 8日 (月) 23:34

ルナさん、こんばんは!
料理人というくらいだから幅広く何でも作れちゃってましたね。
伊勢海老のはちょっと・・・でしたけど。食べ物には見えなかったような(笑)

高良くん出演のソラニンがちょっぴり気になるんですが、今年も色んな映画に出演しそうですね。

投稿: aju | 2010年3月 9日 (火) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/46331340

この記事へのトラックバック一覧です: 『南極料理人』を観る:

» 南極料理人 [ルナのシネマ缶]
劇場で観たかった作品なんですが、 単館だったので、時間がとれずに 見のがしてしまったので DVDでの鑑賞です。 ー70℃の動物もウィルスも 生きる事が出来ない極寒の地!って 主人公の妻子じゃあないけど つい笑ってしまいます! 西村(堺雅人)は望んでいたわけではないのに 南極の昭和基地からも遠く離れた陸の孤島、 南極ドームふじ基地に料理人として派遣されることになる。 妻(西田尚美)と娘を置いての単身赴任生活で、 彼は8人の男性南極越冬隊員たちの胃袋を満たすという役を任さ... [続きを読む]

受信: 2010年3月 8日 (月) 23:35

« 『カムイ外伝』を観る | トップページ | 『極北クレイマー』を読む »