« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

『悪夢のエレベーター』を観る

Akumu


エレベーターに閉じ込められてしまった男女4人。
非常ボタンは反応なし、4人のうち唯一持っていた携帯が電池切れ。打つ手なしの状況下、4人それぞれの秘密を
暴露し合うハメになる中、予想外の事件が起きる・・・

4人ともクセがあって最初はハチャメチャ風でプッと笑える所が色々あったけど、結末は・・・ブラックなどんでん返しで予想外。

エレベーターの中での出来事で終わっちゃうのかと思ったら・・・先の先があって、こんな終わり方なんてー!
思いっきり騙されました。
ブラックな映画だったけど、最初に持った期待以上に楽しめたカモ。

でも、あー騙されちゃったなぁなんて、悠長な感想は持てず。
「シーシー」言う人が(気持ち悪くて)怖いなぁと思っていたら、どんでん返しでもっと怖い人が・・・あぁ、コワ。


観てから知った・・・
堀部圭亮の監督デビュー作品だそうです。

==============================
監督:堀部圭亮
出演:斉藤工、内野聖陽 、佐津川愛美、モト冬樹、大堀こういち、本庄まなみ、芦名星
上映時間:105分

原作:『悪夢のエレベーター』木下半太
===============================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

『ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ 1st シーズン』をレンタル

ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈ファースト・シーズン〉 Vol.1 [DVD]

オンラインレンタルで何故かまとめて見ようと思っていたこのディスクが送られてきたので見てみました。
「何故か」じゃなくって自分がそういう優先順位にしていたんでしょうけど・・・。他に優先して見たいものがあったので、ちょっと予想外。

ターミネーター2の続きとなる内容でキャストが(当然ドラマ版なので)変わっている。

個人的には・・・サラ・コナーはどうしてもリンダ・ハミルトンなんだけど。
『ブロークン』を観た時にとてもキレイな女優さんだとホレボレしたレナ・へディがサラ・コナー役なんだけど、リンダ・ハミルトンのインパクトはかなり強いせいか、どうもしっくりこない。

・・・だけど、そう思ったのは最初の10~20分くらいまでで、“しっくりこない”などと考えることを忘れるくらいに結構話が面白いのだ。ハマリそう。

ジョンを守る女子高生ターミネーターがミステリちっくで、これから先の彼女がどうなるか気になる・・・。

で、何だか間がいいのか悪いのか・・・、
私がDVDを借りて見ていた同じ日に、TVで、23時の土曜日フジで放送していたんだそうだ。

翌日、母親にそれを聞いてビックリしてしまった。

早く続きを見たいけど、レンタルは他に優先して観たいドラマ・映画を選んじゃおう。
とりあえずシーズン1はTVでゆっくり見ることにします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

『あの日、欲望の大地で』を観る

Burningplain


邦題とあらすじの重さにちょっと観る気を失いかけたんですが、好きな女優さんシャーリーズ・セロンが出演している作品なので、観に行ってきました。


母親が不倫相手と共に事故死し、その不倫相手の息子と恋に落ちるマリアーナ。
駆け落ちの末に彼との子供を儲けるが、彼と赤ん坊を残して疾走。
シルヴィアと名前を変え、レストランのマネージャーとして働く彼女の前に、成長した彼女の娘マリアが現れ・・・マリアーナの過去が現在のストーリーと交差して進行していく。

過去と現在が交差して進行していくけれども、すんなり入れたのが不思議。(いつもこういう進行の作品ではこんがらがっちゃうのに)

というか、丁寧で絶妙に現在と過去が交差する展開に始終見入ってしまった感じ。
内容はかなり重くてハードだったけど・・・

ラスト近くのマリアーナが娘に過去の自分を話すシーンが印象深いです。(泣いてしまった)
結末と、最後に過去の断片がまとめて連写する中のサンティアゴの姿を見てホッとした・・・内容重くとも良い作品でした。

若い日のマリアーナ役の子も雰囲気あって良かったし、
勿論、シャーリーズ・セロンと母親役のキム・ベイシンガーも良かった。

監督は『21グラム』と(未見の)『バベル』の脚本家ギジェルモ・アリナガ。
ちょっとですね、この監督さんがまた何か撮るようであれば、チェックしときたいです。(要チェックだわ)

=================================
原題: The Burning Plain
監督: ギジェルモ・アリナガ
出演: シャーリーズ・セロン、キム・ベイシンガー、ジェニファー・ローレンス、ヨアキム・デ・アルメイダ、J・D・パルド
上映時間:106分

公式サイト
==================================

【追記】
役柄的にやつれ顔でも、やっぱり美しいよ・・・シャーリーズってば。






| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月20日 (火)

『次郎長三国志』をレンタル

次郎長三国志 [DVD]

これ、見たかったんです。
結局、劇場へは足を運べずにレンタルになってしまいましたが・・・

中井貴一の次郎長さんはカッコよかったし、子分のみんなもそれぞれ個性的。
温水さんの森の石松が最初違うかな~?と思いきや、ホント個性的で光っていて最後には愛すべき石松と思える程に。
そう思ったのは温水さんだけではなく、みんなそれぞれ光ってたので最初から最後まだアッという間に見終えてしまった。(最初は2時間超もあるので、飽きるかも?と不安だったのだけど)

個人的にツボだったのは、ちょっと出の(どこかの)親分さん役の本田博太郎。
威勢のいい「おぅ!」が「アゥ!」に聞こえ・・・「アゥ!」にウケてしまった。
鶴吉の女房・おきんさんも良かった。彼女を見てると気分がスーッとする感じ。

チャンバラや、義理人情をメインにした昔懐かしい系のものって今ドキではないから敬遠されてしまうかもしれないけど、何だろう・・・好きなんでしょうねぇ、個人的にこういうの。

こういうジャンルが苦手だとか思う人には強く勧められないけど、個人的には満足です。


===============================
監督 : マキノ雅彦
出演 : 中井貴一、鈴木京香、北村一輝、温水洋一、佐藤浩市
収録時間 : 126分
===============================






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』をレンタル

ホットファズ―俺たちスーパーポリスメン!― 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

今度は一転してコメディっぽい作品にしてみました。
Bっぽさ満々なので、気楽に見れます。

事件ゼロの平和な田舎町に左遷させられたエリート刑事のエンジェル。
赴任して数日、謎の殺人事件が立て続けに起こり、その事件にエンジェルと相棒のダニーが立ち向かう・・・といった内容。

ちょっとした所で見た事あるようなシーンがチラホラあったりで、なかなかに楽しめました。
殺人の様子もなんだか・・・あからさまBっぽいので笑えちゃったり。

事件の真相は何だかなーな感じでしたが、
ラストは“俺たちスーパーポリスメン!”な終わり方だったし、変に笑えちゃうので、まぁ楽しめました。

公開時に観に行った友人は結構絶賛していたのだけど、個人的にはそれほどでも・・・好みによりますね。


==========================
原題 : Hot Fuzz
監督 : エドガー・ライト
出演 : サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジム・ブロードベント、ティモシー・ダルトン、ビル・ナイ
収録時間 : 121分
==========================





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

『ラスト、コーション』をレンタル

ラスト、コーション [DVD]

観る前は、勘違いに近いイメージを持ってました。
きちんと内容をチェックしてなかったせいでもあったんだけど、
ちょっとセクシーで、スパイの駆け引きとか騙し合いみたいな・・・そんな単純なイメージを持っていたけど、全く違っていて、かなり衝撃だった。

どうしてもあのシーンにはビックリで・・・
つい引き気味になってしまったのだけど、でも、振り返ってみると、あのシーン数種なしでは作品が成り立たないかも、と思ったり。

あのシーンにはビックリしたものの、この作品はそれだけじゃなく、他にも言いたい所が沢山あるのだけど・・・主人公の女性がスパイとなる過程とか、同志の青年のこととか。

一番印象に残るのは、そこではなく、主人公の女性が「悲しい」と数回思ったシーン。

主人公が上司と衝突するシーンも印象的だった。
それにしても、上司といい、同志の青年(リーダー)といい・・・なんだかなぁ。。。

「あの」とか「その」などの言葉を使ったり、感想になりきれてないけど・・・もっと書けそうだったら後日感想を残したいと思います。

================================
原題 : LUST, CAUTION
監督 : アン・リー
出演 : トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン
収録時間 : 158分
================================






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

『トロと旅する THE MOVIE』をレンタル

トロと旅する THE MOVIE [DVD]

トロが好きなので、出来心で借りてしまいましたが・・・

トロに罪はないのだが・・・ダメでした。
こういう風な作りでやるなんて、夢にも思わなかった。

DVD鑑賞モードを止め、お掃除しながら見てしまった。
ながらモードで一応最後まで見たけれども、ちょっとこれは・・・失敗。

それでもトロはカワイイんだけど。
トロに罪はまったくないのだけど・・・。

=====================

監督 : 内田保憲
出演 : 広末涼子、KABA.ちゃん、小西真奈美、戸田恵子
収録時間:78分

=====================




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『アイアンマン』をレンタル

アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) [DVD]

あらら・・・軽いなぁ~、トニー・スタークってば。(笑)

女たらしでセレブ。で、高飛車。
軍事企業の2代目社長だけど、中東で拘束されてしまってから武器のない世の中を目指し、アイアンマンとして平和のヒーローに目覚めちゃう・・・といったようなお話。

悲しい場面もちょっぴりあるのだが基本は軽く、あっけらかんと隠さずに「僕がアイアンマンですっ」とアピールしちゃう。こんな軽いヒーローも面白いのだけど、個人的には陰のあるというか苦悩するヒーローの方が好きかな。(エドワード・ノートンのハルクみたいなのがいいなぁ。)

アメコミ映画は釣るのがお上手・・・というか、私が乗せられやすいんだとは思うのだが、またラスト近辺に続編を匂わせるシーンがあって、またもや続編も観たくなってしまった。

============================
原題:IRON MAN
監督 : ジョン・ファヴロー
出演 : ロバート・ダウニー・Jr.、ジェフ・ブリッジス、グウィネス・パルトロー、テレンス・ハワード
収録時間:126分
============================





| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年10月11日 (日)

『サマーウォーズ』を観る

Summerwars


まだやっている所があったので、観に行ってきました。

アニメの『時をかける少女』をTVで見て、すごく良かったと思ったので、この作品もヒジョーに気になっていたのでした。

ちょっと出遅れたけど、劇場で観れてヨカッタ。

あったかくて、痛快。
ちょっとですね、泣いちゃったのですよ。
おばあちゃんのセリフとか、男前になってくるケンジや、世界がひとつになった所とか・・・

陣内家の個性的な面々にパワーと団結力に元気をわけても貰いました。





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 6日 (火)

今月公開の観たい映画 -10月-

何だか10月公開作品は異様に多いような・・・
ちょっと気になる程度から、絶対観ようと思った作品まで9作品選んでみました。


10/10(土)公開
『悪夢のエレベーター』
内野聖陽主演、構成作家・俳優の堀部圭亮初監督の娯楽映画

『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
松たか子×浅野忠信共演で、太宰治の「ヴィヨンの妻」を映画化

『カイジ 人生逆転ゲーム』
藤原竜也主演、人気コミック「賭博黙示録 カイジ」を実写映画化

『エスター』
一人の少女を養子に迎えた途端に怪事件が起こり始めるサスペンス・ホラー

『狼の死刑宣告』
ケビン・ベーコン主演、「ソウ」のジェームズ・ワン監督による復讐映画


10/24(土)公開
『パイレーツ・ロック』
「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督最新作ロック・ムービー

『きみがぼくを見つけた日』
異なる次元に引き裂かれる恋人たちの切ない運命を描くラブストーリー

『アンヴィル! 夢を諦めきれなかった男たち』
キアヌ・リーブスが応援団長を務める、無名メタルバンドのドキュメンタリー


10/31(土)公開
『わたし出すわ』
小雪主演、森田芳光脚本・監督、お金をモチーフにした異色ドラマ


意外に邦画を多く挙げてるものの、絶対観たいなぁと思うのは洋画ばかり。
『パレーツ・ロック』とか、エリック・バナの『きみがぼくを・・・』とか。
『エスター』も、どんな結末になるのか気になる・・・

********************

【【 先月のおさらい 】】

8月のおさらいをサボってしまったし、観た作品数も少ないので、8&9月に観に行った作品の順位付けをまとめて。

1.セントアンナの奇跡
2.南極料理人
3.ナイトミュージアム2
4.カムイ外伝


8・9月は、いつもよりも満足感がなかったかな・・・
自分のモチベーションのせいかもしれないけど。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

『K-20 怪人二十面相・伝』をレンタル

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]

8月に途中まで観たのだけど・・・残り40分ほど観てなかったので、この前観終えました。

かなり日を空けて観てしまった作品だけど、面白かったです。
単純に面白かった!!

久しく単純に面白かったなぁと思った作品を観なかったので、これを観て久しぶりに映画って楽しいなぁーなんて思いました。
・・・それは金城武主演だったから、かも。





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 4日 (日)

『極北クレイマー』を読む

極北クレイマー
極北クレイマー /海堂 尊

図書館で予約をして・・・忘れた頃、9月の5連休中に貸出可の連絡がきました。
いつも読み終えずに返却しているから、丁度いい時期に借りられたなぁ。

最初は面白味を感じなかったので、あまり入り込めなかったのだけど、姫宮さんの登場から読みやすくなってきた。
やっぱり、姫宮さんなどの濃いキャラが登場すると違う。読むペースが早くなった。
てっきり姫宮さんがメインかと思ったら、違っていたので途中でいなくなっちゃったのには(少々)ガッカリ。。

赤字続きの病院内の様子は読んでいて、ちょっとビックリした。
小説の世界とはいえど、こんなのアリなのかと。。。暫くはピオ(緑膿菌)という単語は忘れそうにないかも。

ボリュームがあって、ちょっと長いかな・・・と正直思ったが、
色々とつめこまれてたせいかな。(女性ライターの存在がイマイチ掴みづらかったのだけど)
姫宮さん以外にも、ひとクセふたクセもありそうな登場人物が沢山いたせいもあるのかな。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »