« 『トランスフォーマー リベンジ』をレンタル | トップページ | 『G.I.ジョー』をレンタル »

2009年12月22日 (火)

『パブリック・エネミーズ』を観る

Publicenemies

いかん、いかん。
感想残しそびれそうなので、(不本意ですが)短めに・・・

「社会の敵ナンバー1」と称された実在の人物ジョン・デリンジャーの物語。
彼のポリシーや、セリフ、仕事っぷりに惚れ惚れしてしまったものの、内容的にはあまりのめり込むことができませんでした。(確かにジョニーはカッコいいが・・・)

無くてはならないだろう銃撃戦のシーンをちょこっと省いて、クリスチャン・ベイル側の追う者の方ももうちょっと焦点あてて欲しかったかな。

一番印象深かったのは、
ラスト手前のぶらり敵地(警察本部)へのお立ち寄りシーン。
大胆不敵!・・・ドキドキしちゃった。

個人的に好きな俳優さんジョバンニ・リビージが出演していた。(欲深い列車強盗役?で)
その辺は個人的サプライズで嬉しかった。






|

« 『トランスフォーマー リベンジ』をレンタル | トップページ | 『G.I.ジョー』をレンタル »

コメント

正直、ジョニーがカッコ良かったという以外
なんということもない映画でしたね〜。
たしかにクリスチャン・ベイル側をもう少し
きちんと描いていれば、もっと深い作品だったかも
しれませんね〜。

投稿: ルナ | 2009年12月27日 (日) 00:55

>ルナさん
連投コメントありがとうです。
ホント、ジョニー以外の印象があまりなくて“なんということもない”って感じですね。
ジョン・デリンジャーってすごく魅力ある人なので、ジョニーが演じてくれてヨカッタというか何と言うか。。

投稿: aju | 2009年12月27日 (日) 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/47070791

この記事へのトラックバック一覧です: 『パブリック・エネミーズ』を観る:

» パブリック・エネミーズ [ルナのシネマ缶]
これを観ずには 今年は終われないと思っていた ジョニーの作品を ひと足早く試写会で 観る事ができました! コスプレのジョニーもいいけど、 素顔のジョニーは やっぱカッコイイです。 で・・・今回はアマアマです(笑) 1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョン(ジョニー・デップ)は、 鮮やかな手口で銀行から金を奪い、不可能とも思える脱獄を繰り返し 世間の注目を集めていた。 ある日、彼はクラブのクローク係として働く 美しいビリー(マリオン・コティヤール)と運命的な出会いを果た... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 00:55

« 『トランスフォーマー リベンジ』をレンタル | トップページ | 『G.I.ジョー』をレンタル »