« 『ゴールデンスランバー』を読む | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』を観る »

2010年2月15日 (月)

『食堂かたつむり』を観る

Katatsumuri


お休み取っての旅帰り。池袋に寄り道して観て来ました。

ファンタスティックでカラフル。映像的にはとても可愛らしい作品。
だけど、エルメスちゃんや鳩ポッポにはドキリとさせられ、ただ可愛らしいだけじゃないと思わせる部分もあり。
ホロリとさせる所もあったり・・・しかも“食”映画ときた。

内容は結構好きなんだけども、ちょいと細かい所が気になってしまった。

オカンの初恋の相手・シュウ先輩の登場とか、嫌がらせを受けた友達といつのまにか仲が戻ってたり・・・ちょこっと気になった。
けど、美味しそうな食事などを見てるとそんな細かい所は置いといて・・・という気分になる。

何かですね、二人目のお客さん(志田未来)に出した“ジュテームスープ”をスープストックで再現して期間限定販売しているらしい。
素材的に甘そうでパンに合うスープ、今週スープストックに行かなきゃ!という気持ちで一杯です。(笑)

・・・お妾さんに振舞った色んなジャンルの料理が出てきたコース料理もどこかでコラボすればいいのに。

==================================

原作: 小川 糸 『食堂かたつむり』
監督:富永まい
出演:柴咲コウ , 余貴美子,ブラザートム
上映時間:119分
==================================

【2010.2.21 追記】
書き忘れ・・・料理に取り掛かる時から流れる音(音楽)!
これが心地よく、すごく耳に残る。魔法の音みたい・・・で好きです。(笑)





|

« 『ゴールデンスランバー』を読む | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』を観る »

コメント

こんばんは!
ポップで可愛い映像は、好きでしたけど
なかなかシュールな内容でもありましたよねぇ〜。
豚のエルメスもビックリでしたが、
最後のハトはえっーーーー!って感じでしたよ。
あれ大丈夫なんですかね・・・(笑)

そうかぁ〜、スープストックでジュテームスープを
いただけるんですねぇ〜、いいなぁ!
残念ながら田舎では無理のようです。
試食されたら、ぜひ感想を聞かせてくださいね。

投稿: ルナ | 2010年2月21日 (日) 00:33

>ルナさん
こんばんは~!
あんなに勇んでいたのに、
ジュテーム・スープはまだ頂けてません。^^;
早く行かなくちゃ!!
その時は報告しますね。

そうですね、結構シュールなんでビックリでした。
ハトは・・・主人公が最初から調理したでしょうから、何だかたくましすぎですよね。(笑)

投稿: aju | 2010年2月21日 (日) 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/47579269

この記事へのトラックバック一覧です: 『食堂かたつむり』を観る:

» 食堂かたつむり [ルナのシネマ缶]
最近、料理がメインの 映画って多いような気が しますね〜。 予告編で、アニメ等の映像が 可愛いかったので 気になっていた作品です。 わめかない(しゃべらない) 柴咲コウは、悪くなかったです。 料理が大好きな倫子(柴咲コウ)は、レストランを開くのが夢。 しかし、恋人から資金を持ち逃げされ、あまりのショックで 声が出なくなってしまう。 しかたなく、田舎でスナックを営む折り合いの悪い母親 ルリコ(余貴美子)のもとに戻るが、倫子は自活するために、 実家の物置を利用して小さな食堂... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 00:34

» 『食堂かたつむり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 小川 糸の原作本は正直一冊も読んだことはない。 従ってこの映画の原作も。  バンジージャンプはしたくないけれど、あのオッパイ山は見てみたい(笑... [続きを読む]

受信: 2010年2月26日 (金) 08:26

» 食堂かたつむり [映画的・絵画的・音楽的]
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。  この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低い点数をつけています。  その論評を読んでみますと、「「人物描写が浅い」「期待はずれ」「話が薄い」「突っ込みどころ満載」などといった生の読者の声を、きっと富永まい監督も読んだのだろう。この映画版を見た人も、原作を読んだ人たちと同じ感想を持つことがで... [続きを読む]

受信: 2010年3月13日 (土) 09:57

» mini review 10485「食堂かたつむり」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだという柴咲コウ。その母親役を『ディア・ドクター』の余貴美子が演じている。アニメーションやCGを交えた、ファンタジックな世界に引き込まれる。[もっと詳しく] 珠玉の作品の映画化の、期待度半分、不安度半分ということ。 小川糸の「食堂かたつむり」が08年に... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 23:59

« 『ゴールデンスランバー』を読む | トップページ | 『インビクタス 負けざる者たち』を観る »