« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

『アイガー北壁』を観る

Eiger_2


エイプリルフールに感想残しちゃうと嘘っぽくなっちゃうので、3/31に取りあえず記録。

今月観た中で、一番インパクトあった劇場鑑賞作品だった。
感想は時間がないのでまた後日・・・。

------------------------------

【2010.4.4追記】

こういう映画を観ていると、何もかも・・・ちょっとした一挙一動が全てその人の運命を左右しているように感じてしまう。


ずっと緊張が続いて、ちょっと疲れてしまった。というか固まりっぱなしでした。
激しい吹雪などの自然の猛威と、後半に進めば進むほどに登山家達の行く末が・・・リアルに伝わってくるようでした。

んー・・・何か感想が進まないんですけど、この作品を観ていたあの2時間弱の感覚はとても久しぶりに感じたものだった。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ダークナイト』をレンタル

ダークナイト 特別版 [DVD]

バットマンシリーズは全く観たことがなくて、興味ナッシングだったのだけど・・・公開された時から「観に行くべし」的に薦める人が結構いたので、今更レンタルして観てみました。

今更だけど・・・ハマった!

世界観といい、テーマといい、こんなんだったのか・・・バットマンって。
(全く興味がないものだから、当時熱く語られても全然観る気がおこらなかった私ってばー・・・!)

ジョーカー(ヒース・レジャー)の存在もスゴい。
嬉々として犯罪を楽しむ。純粋な悪。
爆発する病院をバックに歩く姿はとても印象的。あのナース姿でヒョコヒョコ歩き・・・。
もうどこもかしこもインパクトあり過ぎだった。

そして、彼の本当の目的を知って・・・(バットマンをこの世から抹殺したいんじゃないのだ。)!
犯罪人の乗る船と、罪なき市民の乗る船のどちらが爆発してしまうのかっていう一連シーンもドキドキものでした。

今更熱くなってる私が恥ずかしいのだけど、
ジョーカーだけではなくって、バットマンにハービー・デント(アーロン・エッカート)にゴードン警部、みんなそれぞれ際立ってるではないですか!

レイチェル役がマギー・ギレンホールっていうのも何だか大人な感じがしていい感じです。

勝手に偏見を持っていました。「暑苦しいヒーローもの」って。
偏見持ちの私のバカッ!全然暑苦しくありません。
そういう“けったい”なヒーローものじゃないんです。奥底を突いてくるこんな内容だったなんて。

前作の『バットマン ビギンズ』も観ておきます。
余裕があれば、(ディズニーランドみたいな印象の)1作目から観てもいいかも・・・と。

それから、この監督(クリストファー・ノーラン)の『インセプション』もますます観るのが楽しみになってきました。


久々に熱くなっちゃいましたけど、感想がこの熱さに伴ってないなぁ。^^;;;

=======================================
原題 : The Dark Knight
監督 : クリストファー・ノーラン
出演 : クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲーリー・オールドマン
収録時間 : 152分
=======================================


【追記】
おやおや・・・某インファナル・アフェア俳優が出演してました。
目を疑ったものの、あとで確認したら確かにその俳優さんでした。
不意打ちすぎてビックリ。(笑)





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

『デンジャラスな妻たち』をレンタル

デンジャラスな妻たち [DVD]

前記事の作品で気落ちしてしまったので、このDVDをすぐ観ました。
何だか面白くて爽快系らしいので、すぐにでもそんな気分を味わいたい・・・いい気分転換になるかな?と期待を込めて鑑賞。

確かにストーリー的には爽快系だけれども、個人的には左程そうは思わず。

というか、ちょっとイライラしてしまった。

どうせ廃棄されるお金だから貰っちゃおうと、ケロリとして盗んじゃうことに何だかイライラ。
(おおらかな気持ちで見ることが出来ない私自身に問題アリ?)

あとー・・・なんでだか分からないけど、ダイアン・キートンを見ているだけでイラっ。
D・キートンではなく、単にブリジットという役にイラっとしてるのか?
結構浅はかで平凡な主婦っぽいのに、最後はうまい具合に持って行っちゃう所にも素直に爽快気分になれない・・・。
一番欲深いし。(イラっ、イラっ。)

何故か仲間役(ケイティ・ホームズとクィーン・ラティファ)には全くイラっとせず。二人ともいいキャラクタで、ケイティ・ホームズの役柄が好きでした。

あー・・・振り返ってみれば、
コメディっぽく爽快系な内容なのに、イラっ!イラっ!としてしまったのは、単純にコレの前に見たDVDのせいかも。
そうだ、そのせいだわ。きっと。

===================================
原題 : MAD MONEY
監督 : カーリー・クーリ
出演 : ダイアン・キートン、ケイティ・ホームズ、クィーン・ラティファ、テッド・ダンソン
収録時間 : 104分
===================================




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

『ブラインドネス』をレンタル

ブラインドネス スペシャル・エディション(初回限定生産2枚組) [DVD]

んー・・・・・・・・・、OUTだ。
あー・・・・・・・・・、ダメだ。
頭の中はショッキングな部分で止まってしまい、感想らしい感想は書けない。

しかもあれ、ガエルさんだわよ・・・ダメだ。

考えたくないので、早く忘れようと思えば思うほどドツボですね。

こんな事を言ってしまう私はダメダメさんかもしれませんが・・・やっぱりダメ。

友介さんや佳乃さんの出番が多かった為、結局最後まで観てはしまったけど。

とても久々のOUT作品でした。
(こんな感じで、あっさり切り捨てたくはないが・・・)

==================================
原題 : BLINDNESS
監督 : フェルナンド・メイレレス
出演 : ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃

収録時間 : 121分
==================================




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

『エスター』をレンタル

エスター [DVD]

もー、もう怖かった。

・・・お決まりの如く、最後の方には「うわー、うわー」と声が出てしまった。
お産の所からして私はダメでしたから、開始数秒で早送り。^^;

怖いものが平気な人だったら、何てことないかもしれないんだけど。


第3子を死産してしまったケイトとジョンは、養子を迎えることを決める。二人は孤児院でエスターという少女に惹かれ、彼女を引き取る・・・


エスターの正体は何だろう?と思ったので、劇場公開時に観に行くつもりだったんですがレンタル。
でも、レンタルで良かった・・・劇場へ足を運んでいたら最後まで観ていられなかったかも

ロシアやルーマニアだかの国名が出てくるものだから、ソッチ系かと思ったら・・・どっこい!
そんなエスターの正体にビックリたまげた!!
あの服のセンスとか、なんでだろう?と思っていたのだが、そういうことだったのかー・・・たまげた。

それにしても、
天使のような可愛いマックスちゃん(エスターを引き取ったケイトとジョンの実子)が危機に遭ったり、エスターに体当たりする所なんか、もー心臓に悪っ!
(マックスちゃん、可愛すぎるっ!)

久しぶりにおっかないモノを見てしまった・・・。

エスター役の子役さんに凄みがあるというか・・・
あの子供らしからぬ子供らしさ?をよく演じてたかも。

===================================
原題 : Orphan
監督 : ハウメ・コジェ=セラ
出演 : ベラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン
収録時間 : 123分
===================================



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

『フィリップ、きみを愛してる!』を観る

Pm_5
Pm3_2Pm2_4

「ホントだってば!」と念押しがありましたが、実話だそうです。
すごいぞ、ラブパワー!

IQ169の天才詐欺師スティーブン・ラッセルの実話を基にしたラブ・ストーリー。ある男性へ愛する気持ちを伝えるためだけに、詐欺と脱獄を繰り返す男の姿をコミカルに描く。

予告を観た時にすごくビックリしたのだけど、ユアン・マクレガーの心優しいゲイっぷりに目を引く。
すごくカワイイんですけどー!
大げさかもしれないけど、
彼が天使のように見えたりも。(*≧m≦*)

そんな愛すべきフィリップに一目惚れしたスティーブンは愛の力で彼自身を大きく動かすのだ。
嘘みたいにお騙しが成功して、ある企業の役員にまでなってしまうし、詐欺罪で捕まっても、嘘みたいに脱獄が成功してしまう。
プリズン・ブレイクなんか見ちゃうとスティーブンの脱獄が嘘っぽく感じてしまうけれども、コチラが実話なんだよねぇ・・・。

「何も悪い事はしていない」と嘘をついたスティーブンを見限ってしまったフィリップへただ「愛している!」と伝えたい為だけに、何度も何度も脱獄を成功させて積み上げた刑期がナント167年だそうだ。

軽く笑わせてくれるし、後半では思いっきり騙されちゃったし・・・結構面白かったです。
何よりスティーブンのラブパワーに圧倒されて、愛の力ってばスゴイスゴイ!と、強烈な想いを目の当たりにして何だか元気さえ出てきましたよ。

・・・ちょっとジム・キャリーのゲイライフっぷりには、見ていてちょいと抵抗があったけど。

==================================
原題: I LOVE YOU PHILLIP MORRIS
監督: グレン・フィカーラ 、 ジョン・レクア
出演: ジム・キャリー,ユアン・マクレガー,レスリー・マン,ロドリゴ・サントロ

上映時間:97分
==================================

【追記】
ロドリゴ・サントロも出演しているのも楽しみのひとつでしたが・・・今回はユアンに尽きる!
彼の芸達者っぷりには脱帽モノです。




| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010年3月22日 (月)

『プリズン・ブレイク ファイナルブレイク』をレンタル

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク [DVD]

これでホントに最後なんですね・・・。

ファイナルシーズンのラストから遡っての、最後の脱獄。
マイケルとサラの結婚式の途中で、サラが逮捕されてしまいます。妊娠したサラの命を狙う輩がいて、一刻も早く彼女を救いたいマイケルが最後の脱獄を計画・・・するんですが、時間が足りないせいか忙しなく進んでしまう所がなぁ・・・残念です。
時間が少ないといえば、駆け引きや裏の裏を読むハラハラシーンがあんまりなかったのもしょうがないのかな。

そういえば、このドラマはジェットコースタードラマなもんだから・・・ファイナルシーズンで死んでしまったかと思ったグレッチェンが登場したので、ちょっと嬉しかった。

それまでがジェットコースター的だったので、マイケルのメッセージに今さらハッとしてしまった。
「自由」という言葉を口にしたマイケルの願い・・・ちょっとジーンとしてしまった。

・・・終わりです。ホントに終わりです。
これを見て、やっと心の区切りがついたかも。
ホントに終わってしまったのだなー・・・プリズン・ブレイク。
ジェットコースター的にストーリー展開に楽しませてもらったし、多彩なキャラクター達にも楽しませてくれたし・・・ありがとう!プリズン・ブレイク!!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シャーロック・ホームズ』を観る

Sherlockholmes

何だかアクションが多いし、度ハデな爆発もあるし、見る前のイメージの上を行くアクティブさにビックリ。
それはそれで楽しいんだけど・・・でも。

もうちょっと落ち着いた感じというか、英国の紳士のイメージというか・・・シャーロック・ホームズに詳しくはないのだけど、自分の持っていたイメージと違うので、あまりシャーロック・ホームズとして観れなかったかも。
観察力に優れてる部分などは充分披露してくれたけど。

どんより曇り加減のロンドンも何だか明るい感じに見えちゃったり・・・。

キャラクター的には面白いし、軽く見れて楽しいけれど、個人的には今ひとつ・・・いや、面白かったんだけど。

ちょっと最初、ついていけずに記憶をなくした(熟睡)したりもして。
面白いとは思ったんだけど、何だろうな・・・ロバート・ダウニーJr もジュード・ロウも良かったんだけど、楽しめたんだけど、何もかもに「・・・けど」がついちゃう微妙な作品でした。

ホント、最後の最後で「おっ、これからどうなるー?」と気が乗ってきた時に終わっちゃったし。
・・・教授とカタがついていないし、続編あるのかなー?

====================================
原題: SHERLOCK HOLMES
監督: ガイ・リッチー
出演:ロバート・ダウニーJr, ジュード・ロウ, レイチェル・マクアダムス
上映時間:128分
====================================






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

『時をかける少女』を観る

Tokikake

期待以上でした。
仲里依沙が好きなので、それもポイント上げてるかも。

『純喫茶磯辺』の時も思ったけど、この子の女子高生役を観るのは結構好き。

70年代の小道具やファッションなども楽しめます。
ストーリーは後半、先が見えてしまうけれども、分かっちゃいるけれどもどうしようもなくとても切なくなるので、つい涙が・・・。(私、涙もろいし)

色々語ってしまいたいのだけど、何だか全てを語ってしまいそうなので、短めに終わらせときます。

昔TVで見た原田知世の『時をかける少女』って、どんなんだったか記憶に残っていないのだけど、(主題歌が大ヒットしたせいか)原田知世の存在はすごくクッキリ残っているので、個人的には主人公の母役は原田知世でやってもらえたらなぁ~と思いました。
(安田成美がいかんということでは決してないけれど。)


最初、『ダレン・シャン』を観に行くつもりだったのだけど、コチラに変えて良かった。


==============================

監督: 谷口正晃
出演: 仲里依紗, 中尾明慶, 安田成美, 青木崇高, 石橋杏奈, 勝村政信, 石丸幹二
上映時間: 122分

公式サイト
==============================




| | コメント (2) | トラックバック (6)

『イノセント・ゲリラの祝祭』を読む

イノセント・ゲリラの祝祭
イノセント・ゲリラの祝祭 海堂尊 著

『チーム・バチスタの栄光』の田口・白鳥シリーズの第4弾。

今回は病院が舞台ではなく、厚生労働省。議論・議論ばかりで医療ドラマ的シーンはありません。

面白くて読み進めるペースが上がるときもあるけど、結構空読みしてしまう所も多かったりします。
でも多分、このシリーズが終わるまで読み続けてしまうかもしれない・・・

強烈な個性のあるキャラクターが多く、今回もまた飛びぬけたキャラクターの登場。
彦ちゃん、いいです。フィクサー彦根。
こういう強い個性のある人が登場するから、このシリーズを読むのは止められません。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

稲取温泉と雛のつるし飾りまつり

月イチペースで温泉に行こうというのが、今年の目標のひとつ。
今月は金目鯛とつるし雛で有名な稲取温泉へ行ってきました。

温泉&食事は満足でしたが、それ以上に“つるし雛”の展示に満足でした。

20100312_cimg2162
《雛の館 展示会場にて》

雛壇の両側に↑のようなつるし細工を飾る伊豆稲取の風習で、そのつるし細工もそれぞれ意味があり約50種類くらいあるそう・・・

20100312_cimg2184_2
【草履】足が丈夫になるように。
【俵ねずみ】大黒さんの御使いであるねずみ。金運、子宝に恵まれる。俵は五穀豊穣を意味する。
【金目鯛】稲取名産の縁起物。赤色は魔よけの色。
【桃】邪気・悪霊退治。延命長寿。 

20100312_cimg2189


他にも【さる】(厄が去る)、【はまぐり】(二枚貝は貞節の象徴)、【ふくろう】(不・苦労)・・・などなど。

それぞれの和裁細工がとてもかわいい。
それを1つ1つ見ていると、あっという間に時間が経つし、見ているのが楽しい。

稲取の雛のつるし飾りは『日本三大つるし祭り』のひとつとのこと。
あとの2つは、九州柳川地区の“さげもん”、山形酒田地区の“傘福”。
展示会場(雛の館)の出口付近にそれぞれ紹介されてました。

展示会場だけではなく、稲取地区にあるお店にもつるしが飾られていて、散歩しながらそれを見ても楽しめます。
薬屋とか電気屋さんとか喫茶店など・・・とにかくどのお店にもつるし雛が飾られてます。

伊豆稲取のこの催し物は1月下旬から3月末日まで開催。(短期間で終わらないのみ魅力か。)
河津桜も一度見てみたいので、来年は河津桜時期の2月にまた行ってしまおうかーと今から話してます。


[memo]
・備屋珈琲店 伊豆高原店
待ち合わせに利用。美味しい珈琲を頂きました。

・寿太郎みかん
5・6年前からのお気に入り。安いお値段で沢山食べれてしまうけど、すごく甘い。西伊豆に多くあるらしいが、作る農家さんが少なくなっているらしく、年々取り扱いが減っているらしい。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

ビールあれこれ


先月の話ですけど、バレンタインの買い物で高島屋へ立寄った時に見つけたチョコレートビール。
今年のこの時に初めてその存在を知った次第。(知らなかったわー!)
今年のバレンタインはビールでもいいな・・・と思ったものの、持ち運びに不便(重くて)ヤメたんですが、自宅用にひと揃え買っちゃいました。

20100221_cimg2114

サンクトガーレン チョコビール3種
マロンチョコレートスタウト/オレンジチョコレートスタウト/スイートバニラスタウト


チョコレートビールっていっても、チョコレートが入っているのではなく、ビールの原料(モルト)の焙煎(チョコレート麦芽)の仕方でチョコレート風味を出しているそうです。
なので、味わいは黒ビール。3種あっても、ほのかな香りに差があるくらいで(個人的には)どれも似たような感じが・・・
今日マロンを飲みまして・・・まだバニラを飲んでませんが、マロンもオレンジも1回だけでいいかな。


もうひとつ。缶ビールでチョコレートビールがあったので2本セットのをついでに買いました。
20100221_cimg2131
サッポロのショコラブルワリー

サッポロビールとロイズとのコラボビール。
チョコレート麦芽+カカオ入りとのこと。
サンクトガーレンの3種よりも飲みやすい。美味しい。
好きです、これ。
まだ売ってるみたい。高島屋でも置いてたし、ドンキでも売ってるのを見たという友人が・・・。どこでも売ってるのかな?


ついでに・・・昨日まで小旅行していた伊豆のお土産として地ビール数種買いました。
20100313_cimg2204_10
伊豆高原ビール 4種
「大室」「天城」「さくら吹雪」「甘夏スパークリング」

変り種よりも普通のビールがやっぱり美味しいのだけど、さくら風味もいい感じ。
甘夏は甘いので炭酸ジュース的なお味・・・でもでもサッパリとしたビールでした。

伊豆高原ビール HP


チョコレートビールや変り種を紹介したものの、(話は飛びますけど)やっぱり私はベルギービールが好きだと思う次第・・・。
15年くらい前にベルギーに行った時にフルーツビールやら何やら色んなビールを飲みまして、その時にベルギービールが好きになりました。(詳しくはないけど)
日本(都内)でもベルギービールを飲めるお店がチラホラありますが、空輸されるせいか1杯あたりのお値段が少々高い。

こんな話をしてるうちに何だかベルギーに行きたくなっちゃったなー・・・。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観る

Percyjackson


ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた

普通にほどほどに楽しめました。

主人公は神の子だからか、お母さんが死んで(←誤報)しまっても、ちょこっとシュンするだけで左程ダメージ受けないし。初めて怪物に襲われても、それによって生活が一変しても、すぐ順応しちゃうところには「なんだかなー」と思ったけど、ファンタジーだし普通に楽しめます。

だけど、コレ!という見せ場というか見所もなかったかな・・・。
海の神ポセイドンの子供ということで、パーシーが水を操るシーンはなかなかにカッコよかったです。(これが見せ場かな)

少し細かいことなんだけど・・・ひとつ気になる事が。
デミゴット(神と人間の子供)訓練所のルーク先輩って、あれからどうなっちゃったのかな?
無事だとしても・・・訓練所は退学かしらん。
ルーク先輩ってちょっとカッコいいんじゃないの?と思ったので、そこがまだちょっぴり気になってしまいます。

=============================
原作:リック・リオーダン
監督:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン,フランドン・T・ジャクソン,アレクサンドラ・ダダリオ,ジェイク・アベル,ピアース・ブロスナン,キャサリン・キーナー,ユマ・サーマン,ショーン・ビーン

上映時間:120分
=============================


【追記】
ラストはチューでしめるかと思ってしまったのだが、程良く爽やか学園ドラマ?風に終わりましたな。続編・・・あるのかなー?
(あ、2年後にあるみたい・・・です。)





| | コメント (2) | トラックバック (3)

2010年3月 8日 (月)

アカデミー賞 2010(82nd)

今年も色々と話題てんこ盛りでしたね。
ホント、色々と・・・

作品賞は、個人的予想では(まだ観てもいないのに)戦争ものだし、ハートロッカーかなぁと軽く予想してましたが、監督賞やら含めて6部門制覇しちゃいました。早く観に行かなくちゃ!と思うものの、オスカー効果で上映期間も長くなるかな?あまり焦らなくてもいいかな・・・

個人的に注目していたのが、主演女優賞。
(個人的思惑で(笑))ノミネートされたヘレン・ミレン(ラストステーション)に頑張って欲しかったんだけど・・・サンドラ・ブロックが(ラジー賞も)獲ったとは!
これから公開の『しあわせの隠れ場所』も是非観に行かなくちゃ!という気になります。(←勘違い!2月下旬公開になってます。都内は、上映館が少ないので増えて欲しい。)


【第82回アカデミー賞 受賞結果】

作品賞: 「ハート・ロッカー」
監督賞: キャスリン・ビグロー監督 「ハート・ロッカー」
主演男優賞: ジェフ・ブリッジス 「クレイジー・ハート」(原題)
主演女優賞: サンドラ・ブロック 「しあわせの隠れ場所」
助演男優賞: クリストフ・バルツ 「イングロリアス・バスターズ」
助演女優賞: モニーク 「プレシャス」

歌曲賞: ザ・ウェアリー・カインド(原題)(「クレイジー・ハート」<原題>)
作曲賞: 「カールじいさんの空飛ぶ家」
編集賞: 「ハート・ロッカー」
録音賞: 「ハート・ロッカー」
音響編集賞: 「ハート・ロッカー」
視覚効果賞: 「アバター」
撮影賞: 「アバター」
メイクアップ賞: 「スター・トレック」
衣装デザイン賞: 「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
美術賞: 「アバター」
脚色賞: 「プレシャス」
脚本賞: 「ハート・ロッカー」

外国語映画賞: 「瞳の奥の秘密」
短編ドキュメンタリー賞: 「ミュージック・バイ・プルーデンス」(原題)
長編ドキュメンタリー賞: 「ザ・コーヴ」
短編実写映画賞: 「ザ・ニュー・テナンツ」(原題)
短編アニメ映画賞: 「ロゴラマ」(原題)
長編アニメ映画賞: 「カールじいさんの空飛ぶ家」


この結果を見て、気になったのが外国語映画賞。ちょっとチェックしとかないと。

あと・・・物議というか、長編ドキュメンタリー賞『ザ・コーヴ』の内容も気になります。
yahooニュース<アカデミー賞>「ザ・コーヴ」受賞に和歌山反発


それから・・・
ファッションチェックも、毎年ついついしちゃいますな・・・。
今年はキメキメの女優さんよりもキャスリン・ビグロー(監督)の衣装にも目がいってしまいました。
キャメロン・ディアスのドレスも好きだなぁ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

3月公開の観たい映画 2010

今月は楽しみにしていた作品が多くてうれしい・・・
太字は必ず観に行くと思う作品です。


3/6(土)公開
『ハート・ロッカー』
「K-19」のキャスリン・ビグロー監督による米軍爆発物処理班の兵士を追った物語

3/12(金)公開
『ミュータント・クロニクルズ』
トーマス・ジェーン、ロン・パールマン出演のアクション・ファンタジー

『シャーロック・ホームズ』
ホームズに扮するR・ダウニー・Jr、J・ロウ共演のガイ・リッチー監督作


3/13(土)公開
『時をかける少女』
仲里依紗主演、筒井康隆のSF原作小説を実写映画化した少女の成長物語

『フィリップ、きみを愛してる!』
J・キャリー主演、愛する人に想いを伝えるため詐欺と脱獄を繰り返す男の物語

『NINE』
ダニエル・デイ=ルイスらアカデミー賞受賞俳優豪華共演のミュージカル映画

3/19(金)公開
『ダレン・シャン』
半バンパイアとなり未知の世界に飛び込む主人公を描くダーク・ファンタジー

3/20(土)公開
『アイガー北壁』
ナチス政権下、前人未踏のアルプスの難所に挑む登山家たちを描いた山岳映画

『マイレージ、マイライフ』
ジョージ・クルーニー主演、人とつながることの大切さを描く人間ドラマ

3/27(土)公開
『シェルター』
ジュリアン・ムーア, ジョナサン・リース・マイヤーズ実力派俳優競演のスリラー


今月は何といっても、『フィリップ、きみを愛してる!』が楽しみで楽しみで・・・
予告を観ただけだけど、ソフトなユアン・マクレガーがヒジョーにそそられてしまった。
期待をあまりしすぎないようにして観に行きたい。

ホームズも楽しみだったり・・・
あと何かと目を引いてしまう“山モノ”映画。『アイガー北壁』、これもまた楽しみにしてたので、早く観たい。

1月公開分の都市オムニバスモノ『NY,アイラブユー』も観たいし、『パーシー・ジャクソン』も観る予定だけど、やっぱりフィリップが楽しみ楽しみ・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【【 先月のおさらい 】】

2月に劇場鑑賞した中での順位付け

1.インビクタス 負けざる者たち
2.恋するベーカリー
3.ラブリーボーン
4.食堂かたつむり

ラブリーボーンは個人的にはもう少し上でもいいような気がするけど、純粋に感動したインビクタスや、単純に楽しめた恋するベーカリーよりも上にはしづらかったかな。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »