« アカデミー賞 2010(82nd) | トップページ | ビールあれこれ »

2010年3月11日 (木)

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観る

Percyjackson


ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた

普通にほどほどに楽しめました。

主人公は神の子だからか、お母さんが死んで(←誤報)しまっても、ちょこっとシュンするだけで左程ダメージ受けないし。初めて怪物に襲われても、それによって生活が一変しても、すぐ順応しちゃうところには「なんだかなー」と思ったけど、ファンタジーだし普通に楽しめます。

だけど、コレ!という見せ場というか見所もなかったかな・・・。
海の神ポセイドンの子供ということで、パーシーが水を操るシーンはなかなかにカッコよかったです。(これが見せ場かな)

少し細かいことなんだけど・・・ひとつ気になる事が。
デミゴット(神と人間の子供)訓練所のルーク先輩って、あれからどうなっちゃったのかな?
無事だとしても・・・訓練所は退学かしらん。
ルーク先輩ってちょっとカッコいいんじゃないの?と思ったので、そこがまだちょっぴり気になってしまいます。

=============================
原作:リック・リオーダン
監督:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン,フランドン・T・ジャクソン,アレクサンドラ・ダダリオ,ジェイク・アベル,ピアース・ブロスナン,キャサリン・キーナー,ユマ・サーマン,ショーン・ビーン

上映時間:120分
=============================


【追記】
ラストはチューでしめるかと思ってしまったのだが、程良く爽やか学園ドラマ?風に終わりましたな。続編・・・あるのかなー?
(あ、2年後にあるみたい・・・です。)





|

« アカデミー賞 2010(82nd) | トップページ | ビールあれこれ »

コメント

こんばんは!
最近原作を読み終えたばかりなんですが、
随分と軽〜い感じの映画になってましたね〜。
ちなみに、原作は12歳から16歳までの設定ですが
映画は17歳なので随分大人ですよね。
そっかぁ〜続編あるんですね。
最近は途中で終わっちゃうパターンも多いので
良かったかなぁ〜。
気になってるルークですが、かなり重要人物なので
最後の最後まで登場しますよ!

投稿: ルナ | 2010年3月12日 (金) 00:07

ルナさん、こんばんは。
原作と映画とでは年齢設定がちょっと違うんですね。そうなると、原作通りの年齢設定でやってほしかったかなぁ。高校生とでは雰囲気が全く変わるでしょうし…。

あ、
ルーク先輩は今回限りじゃないんですね!(ホッ)
次回作も楽しみになってきました。(笑)

投稿: aju | 2010年3月14日 (日) 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/47786387

この記事へのトラックバック一覧です: 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観る:

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [ルナのシネマ缶]
最近、原作を読み終えた ばかりなので、 楽しみにしていた作品です。 まあ、2時間ですから 主人公があっという間に 進化してしまいますが、 結構楽しめました。 冒頭のポセイドンの 登場シーンは良かったです。 アメリカの寄宿学校生パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は 美術館で怪物に襲われたのを機に、自分が半神半人のデミゴッドだと知る。 しかも彼は海神ポセイドンの息子で、ゼウスの稲妻を盗んだ犯人と疑われ、 そのせいで母親を冥界の神ハデスに誘拐されてしまった。 パーシー... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 00:08

» 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」暇を持て余した、神々の遊び(^^; [シネマ親父の“日々是妄言”]
[パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々] ブログ村キーワード  全米ベストセラー児童文学の映画化、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」(20世紀フォックス映画)。“神の私生児=“デミゴッド”が大活躍するファンタジー大作。メガホンを取ったのは、クリス・コロンバス。『リメンバー、「ハリー・ポッター」』ってか(^^;?  現代のNY。高校生のパーシー(ローガン・ラーマン)は本当の父のことを知らされず、母・サリー(キャサリン・キーナー)に育てられ、今は飲んだくれの義父・ゲイブ(ジョー・パ... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 01:05

» 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 [Cinema + Sweets = ∞]
3月も月末になって、やっとコンスタントに映画を観に行ける状態になりました。 本当に月末なんで、大した本数観られないのが残念でなりません。。。 ということで、日曜の仕事終りに新宿ピカデリーに『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観に行ってきました。 レイ... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 21:38

« アカデミー賞 2010(82nd) | トップページ | ビールあれこれ »