« ドラマ『ジェネラル・ルージュの凱旋』スタート | トップページ | シネコンにボヤッキー・・・ »

2010年4月11日 (日)

『パイレーツ・ロック 』をレンタル

パイレーツ・ロック [DVD]

気分転換にDVD。

懐かしい音楽と、奔放な海賊ラジオ局のクルー達のドタバタ(?)を見ていると楽しくなってきます。

青春ドラマ風で、政府とパイレーツ・ロックとの対立などなど色々と詰まってはいるものの、何だか長く感じてしまって、同監督作品の『ラブ・アクチュアリー』ほどの満足感はなかったかな・・・

フィリップ・シーモア・ホフマンを初めてカッコいいな・・・と思った。
あの伯爵役はいいトコ持って行きますな。。

=================================
原題 : The Boat That Rocked
監督 : リチャード・カーティス
出演 : フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ニック・フロスト
収録時間 : 135分
=================================

【追記】
私もFMで音楽を色々楽しんだ時期がありました。
(お気に入りだったのは、パイレーツ・ロックのDJタイプで言うと・・・ボブみたいなタイプ)

そんな懐かしい子供の頃のラジオの日々を久しぶりに振り返ってしまいました。





|

« ドラマ『ジェネラル・ルージュの凱旋』スタート | トップページ | シネコンにボヤッキー・・・ »

コメント

こんばんは!お久しぶりです。
私も学生の頃、よく深夜ラジオを聞いていましたが、
最近は、ラジオなんてほとんど聞かないなぁ〜(笑)
コメディタッチの楽しい映画でしたね。
私は、残念ながらフィリップ・シーモア・ホフマンは
カッコイイとは思えませんでしたが(笑)
マーク役だったトム・ウィズダムは、
結構気に入りました!

投稿: ルナ | 2010年4月20日 (火) 00:17

>ルナさん
こんばんは。
ホント、お久しぶりです。

ルナさんの近況メッセージで「忙しくなっちゃって4月は映画を観れそうにない」というような事が書かれてましたが、私も急遽同じ状態になってしまい、アップアップしてました。トホホ。。

この作品を観てから1週間くらいしか経っていないのに、マークは誰?と思うほど抜けてしまったので、トム・ウィズダムを確認しちゃいました。
・・・多分、無口なモテ男役の人ですよね?
違うかな。
プロフを見ると、マッチョ映画の「300」にも出演していたとはー!(多分、あのカッコいい若者役だ・・・)
DJ役とマッチョ役って、かなりギャップがあったので一瞬ビックリしてしまいました!

投稿: aju | 2010年4月20日 (火) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34571/48055216

この記事へのトラックバック一覧です: 『パイレーツ・ロック 』をレンタル:

» パイレーツ・ロック [ルナのシネマ缶]
1960年代のイギリスって 国営のBBCラジオからロックを 流せる時間はわずか45分だけ だったんですね〜。 それで、法が及ばない海上に 海賊放送局なんてのがあって 1日中ロックを流していて 実は、イギリス国民の半分くらいの 人々がそれを聞いていたなんて・・・ 素行不良で高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、 更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティン(ビル・ナイ)の いる船に乗船することに、しかしその船は、 アメリカ出身のザ・カウント(フィリップ・シーモア・... [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 00:18

« ドラマ『ジェネラル・ルージュの凱旋』スタート | トップページ | シネコンにボヤッキー・・・ »